仕事の神様が“ひいき”したくなる人の法則 [4800911339] :
読書のすすめ    カートを見る      

仕事の神様が“ひいき”したくなる人の法則

1,620円

井垣 利英著※4月17日入荷予定。【『魂が震える話』著者安藤けいさんのブログ「魂が震える話」ブログにて、おすすめの本がこちら!】早速、安藤けいさんのブログでご紹介のおすすめ文をご覧ください→◆「「生まれ変わるなら」というお話です。 __ よく「生まれ変わったら、来世はこういうふうになりたいです」と、のんびりとしたことを言っている人がいます。 死んでから生まれ変わっても遅いのです。 生まれ変わるつもりがあるのならば、今すぐに生まれ変わりましょう。 生まれ変わるなら、生きているうちに生まれ変わってください。 死んでからやろうなんて、来世に期待するようなのんびりした考えではダメです。 今生で生まれ変わってください、今から。 普段、あなたは自分の悪いところとか、人の悪いところとか、「ここはダメなんだ」というところばかり意識していませんか? そのような見方をすると、そこにしか目がいかなくなってしまいます。 これを今日から「いいところを見よう」という目に変えてください。 「悪いところを見よう」ではなく、「いいところを見よう」と意識しましょう。 それができるようになると、世の中のプラス面に目が行くようになり、見えるものが全く違ってくるようになります。 生まれ変わるためにまず必要なことは、今あなたが見ているのとは違う見方をしていくことです。 「悪いところ」ではなく、「いいところ」に目を向けましょう。 __ 仕事の神様が“ひいき”したくなる人の法則 井垣 利英 著 致知出版社 __ 生まれ変わるなら「今」 来世に期待しても、前世を恨んでも仕方ありません。 この「今」を生きている今世に全力を注がない人が、来世に頑張るとは思えません。 何歳だろうが、困難があろうが、その中を全力で生きていたら、キラキラと輝く人生と人相になっていくでしょう。 生まれ変わるって、我を無くして素直になる事だと思います。 笑顔でいた方が良いよって言われても、笑顔でいることが少ない人。 人の嫌がることをしないで、喜ばれることをしましょうって知っていても、ついつい人の嫌がることをしてしまう人。 悪い面じゃなく、良いところを見ていきましょうって書いてあっても、人の欠点が気になってしまう人。 そう、うまくいかない人は大抵人の話を聞かなかったり、知識として知っていても行動出来ていなかったり、我が強くて自分は間違っていないと思っていたりします。 したがって、読書によって自らを顧みて、より良い人間になろう、より貢献できる人になろう、より喜ばれる存在になろうという気持ちが薄くなります。 非常にシンプルな法則です。 今日から、今から、我を無くし、生まれ変わっていきましょう! これから先の人生で一番若いのは、「今」ですからね♪」 「魂が震える話」ブログより。

カートに入れる:

  • モデル: 4800911339


読書普及協会