【新版 東洋庶民道徳---『陰隲録』の研究】 無念無想の”境” [4896199598] :
読書のすすめ    カートを見る      

【新版 東洋庶民道徳---『陰隲録』の研究】 無念無想の”境”

1,512円

西澤嘉朗著◆ 私たちが住むこの世の中は、 作用反作用の法則、陰陽循環の法則など、 宇宙の道理にしばられて行動しています。 これらの法則は誰が造ったのかわかりませんが、 けっして抗えない、絶対法則です。 サッカーで手を使ってはいけない、 相撲で髷を持って投げてはいけない、 野球で打ったら、バッターはいきなりサードに走っては いけない、ゴルフのパットで人が見ていないからといって、 手で投げてはいけない(笑)、 などのルールがある。これと同じ。 世間様でいう「成功法則」というのも、 作用反作用の法則、陰陽循環の法則に しばられていることを忘れてはならないのです。 しかし、多くの「成功法則」といわれる本を ながめてみるとその辺が、ちょっとあやしいく 感じられますね。いわく、「簡単に儲かる」 「ラクラク成功する」「たった3分でうまくいく」、 ウルトラマンだって3分、必死の戦いをしてるのに。(笑) 陰と陽でいえば、アメリカ式成功法則本は、 気持ちの良いことの「陽」の部分だけ明らかにして、 その裏側に確実に存在する「陰」と「反作用」の部分を明確には 語っていません。まるでわざと隠しているようにも見えます。 この本、表紙が古い感じでいいでしょ。(笑) 2008年に一度刊行された本なのだそうですが、 この度、表紙はそのままで内容や言葉使いを 現代の人でも読めるように改正され発売になったんです。 しかし、表紙が地味でも中身は本物ですよ! なぜならこの本の主題である「陰しつ録」は いまから340年前に書かれたもので、 いまも多くの読者を開眼させている実績が 伴っている東洋の叡智だからです。 古今東西、幸せになりたい!幸せになりたい!! そう叫ぶ人は大勢いました。しかし、この本では 幸せが叶うのとそうでないことの”境”を 間違うことが理会していないと順境が逆境になり、 逆境が順境になる法則が身につかないのだと説きます。 その”境”というか、幸と不幸の”際”において、 「陰徳を積む」という有名な真理がありますが、 いまの私たちは、そんなことは非効率だと 判断し、陽徳が正解だと信じて疑わないようになりました。 それが当たり前だのクラッカーとして、 開き直ることさえ場面によっては見ることが多くなっています。 しかし、そんな世の中でも確実に隠れて ”陰徳”に励む企業やお店はこの日本にはまだまだ たくさんあります。そこは同じ日本人として 誇りに思っていいところでしょう。 でも、これから希望を持って未来に打ち立って行こうという お若い方々が、巷にあふれる成功本を読んでしまって、 それが正しいのだと信じてしまったら、「陰徳」が姿を消し、 平然と「陽徳」をしてしまう方が多く出たらと思うと恐ろしくて しかたなく、こうして苦言に似たことを書いた次第です。 どうかお察しください。(笑) 巷にあふれる成功本が全て良くないと言っている わけではありません。 この世で人のお役に立つには、 陰と陽、作用反作用の際、または境に立った時、 「徳」に向かうのか、己の「得」に走るのか、 それで運命の幸不幸が大きく分かれるのだということを この東洋の知恵で知っていていただきたいと考えます。 この本の中で興味深いおまじないが 教えられておりました。 「ナウボサツタナン、サンミヤクサンボダ、クチナン、 タニヤタ、オンシヤレイ、シユレイ、ジユンテイソワカ」 これを朝起きてから夜寝るまで、四六時中、 絶え間なく唱えることで、無念無想の”境”や”際”に 立てるとのことです。 「積善余慶」の実践、運命は自ら作り、 福は自ら求めて得よ!!! さあ、この本の知恵をかり、 真の日本人らしい働きをして、世の中の貢献に 気合いを入れていきましょうぜ! 限定50部です!お早目に!!

カートに入れる:

  • モデル: 4896199598


読書普及協会