大不況には本を読む---貧しても鈍するな! [4309413792] :
読書のすすめ    カートを見る      

大不況には本を読む---貧しても鈍するな!

691円

橋本治著◆近頃はいつも「そもそも論」ということを考えるようにしています。 「そもそも、それはなぜ?」 と、根源を知ることが大切で、それを考えていないと世間の流行りに流されて、自分がいまどこに流れているのかわからなくなります。ひょっとしたらとんでもない方向に進んでいたりしちゃいます。 そのために「そもそも論」はとても大切なことだと感じています。 そういう意味でこちらの本。すっごい「そもそも論」なお話し満載です。 真っ白でわかりずらい表紙ですが、中身はとってもわかりやすい。(笑) そもそも、日本人は縄文の時代から”和”を尊ぶ種類の人間で構成されています。 ですから、経済と言われるモノは国内だけで充分機能し、それなりの繁栄をしていたのです。しかし、産業革命が起きて以来、外国が日本の商売にちょっかいを入れてきます。 その結果、明治維新が起き、戦争をし、敗戦という痛い結果とないりました。 そもそも、産業革命からの経済というのは常に成長拡大することを前提とした考え方です。しかし、この成長拡大一辺倒の思考も危うい感じになってきましたよね。 だから今、「そもそも」を考えなきゃいけない時期なのです。 かつて日本人は、幕末、敗戦という時期に価値観の転換をしましたが、その時期の人々は相当考えたのだと思います。 そしていま現代は、3.11を経験し、原発事故の終息にむかう最中にいます。”和”を尊ぶ日本人が世界に先駆けて次世代の見本となるために、大不況といわれる今、縦糸の本を読んで「そもそも」に気づいて行動しなければならない時代なのです。 詳しくはこの本に書かれています。 日本人が今、やるべきことは何か?いっしょに考えてまいりましょう!!! 特にご商売をされている方はぜったいに読んだほうがいいでしょう。キラリと光る智恵が得られること請け合いますよ。

カートに入れる:

  • モデル: 4309413792


読書普及協会