【白駒妃登美おすすめ!】天平の甍 [4101063117] :
読書のすすめ    カートを見る      

【白駒妃登美おすすめ!】天平の甍

464円

井上靖著 新潮文庫刊 「天平の甍」と呼ばれるのは、奈良にある世界遺産「唐招提寺金堂」のこと。 その唐招提寺を建立したのが鑑真。日本史で覚えていませんか?盲目の高僧・鑑真像を。聖武天皇の招きにより、唐より渡来しました。 その後の鑑真の功績は、古代史の仏教に大きな影響を与えています。 その鑑真を命懸けで、日本から唐に連れ帰ったのが使者の二人。栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)です。 幾度も日本へ渡ろうとしますが、当時に日本に渡ることだけでも命懸けの移動でした。 そのため、栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)は唐で修業を含めて20年いることになります。 そして、ついに命懸けで普照ひとりが、鑑真と共に日本の地を踏みます。 白駒さんは『天平の甍』を読んだとき・・ 鑑真を伴って普照ただひとりが故国の土を踏んだと知ったとき、私は言いようのない感動に包まれました。 人には、天から授かった役割があるのだということを実感し、心が震えたのです。 私は著書や講演で“天命追求型の生き方”というものを提唱していますが、私にはじめて“天命”を意識させてくれたのが、この本です。 そういう意味で、この本は、私の人生になくてはならない一冊です。

カートに入れる:

  • モデル: 4101063117
  • メーカー: 新潮社


人情横丁