たとえことば辞典 新装版---粋で洒落が効いた言葉 [4490108057] :
読書のすすめ    カートを見る      

たとえことば辞典 新装版---粋で洒落が効いた言葉

1,944円

中村明著◆ビートたけしさんがたまーにテレビで 意味の分からない言葉を言うのをご存知でしたか? ぼくはそれに気づいてしまいました。 あれは、「隠語」か「たとえことば」なのです。 こういう言葉が使えると、かっこいいし粋なものですよね。 この本の中に書かれている 「たとえことば」を少しだけご紹介しましょう。 ◆「青柳の眉」 =女性の美しい眉を青柳の細い葉にたとえた表現 ◆「赤きは酒の咎(とが)」 =顔が赤くなるのは酒のせいあり、呑んだ私の責任ではないの意から、 自分の過ちを他人のせいにすることのたとえ ◆「石に布団は着せられぬ」 =人(親)が亡くなって墓石になってしまったら布団をかけてやっても しかたないことから、親が生きているうちに大事にすべきだというたとえ。 ◆「逆ねじをくわえる」 =相手の抗議や非難にたいして、反対にやり返すこと。(倍返しだ!笑) ◆「豆腐で歯を痛める」 =ありえないことのたとえ。 ◆「床の間の置物」 =地位が高くて立派に見えるだけで実権のない人のたとえ。 ◆「ところ天に目鼻をつけたよう」 =骨のないいくじなしのたとえ。 ◆「水飲んで尻あぶる」 =仕事の手順が悪くちぐはぐになって効果があがらないさま。 まだまだもちろんこの本にはたくさん載っているのですが(4400語が収録)、 これらの言葉が、サッと使えれば、センスのある会話、 味わい深い文章はおてものになっちゃいますよ。 昔の日本人は、言葉をストレートに言わず、 こうした色々な「言葉」がイメージとして伝わるような センスある遊び心があったように思います。 しかし、最近あんまりこういうシャレが効いた言葉が 聞かれなくなってしまいましたね。 こういう先人が残してくれた 「たとえことば」を復活させないと、みーんな死んじゃいます。 どうか皆さま! 私といっしょに粋が効いて、シャレた言葉を 使いたおしませんか?! この時代で死なれてはもったいない!と思うのは あっしだけでございましょうかね〜。だんな!(笑)

カートに入れる:

  • モデル: 4490108057


読書普及協会