男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書 [otokoiltupiki] :
読書のすすめ    カートを見る      

男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書

10,584円

※入荷後1週間後で即完売!12月4日本日再入荷しました♪ 越智直正著★まあ、ほんますごい本が出版されたもんやで! こんな秘伝とも言える本、なかなか出会えないもんでっせ! この本、読んじゃったら、 もう他のビジネス書のたぐいは読まんでも ええんじゃないやろか! まずは前書き読んでみてくれまへんか! ”本書タイトルの「男一匹、負けたらあかん」というのは、 大阪の靴下問屋に丁稚奉公に出た15歳のときから、 私を奮い立たせてくれる言葉です。 それは74歳をすぎた今でも変わりありません。  言うまでもなく、中学しか出ていない私が今日まで 経営者としてなんとかやってこられたのは、 私だけの力ではありません。いろんな人との出会いがあり、 多くの人に助けられ、陰に日向に応援していただいたお陰で、 今も経営者の一人として仕事をさせていただけるのです。 本当に感謝しても感謝しきれません。  そしてもうひとつ、私を商売の道からはずれないよ う導いてくれたのは、数々の古典の書です。古典には、 時代を超えた人間の営みの智恵が詰まっています。  15歳のときに故郷を離れ、大阪で丁稚奉公をした 田舎者の私は、要領も悪く、大将や先輩から怒られ、 殴られる毎日でした。そのつらい境遇から何とか 抜け出す方法はないものかと求めたのが中国古典だったのです。  だから私の読書はけっして気楽なものでなく、 苦境脱出の手段を求める必死の読書だったのです。  以来60年、今も古典を読み続けていますが、 私の本に対する姿勢は終始一貫しています。 それは、人生にも仕事にも役立たないような 読書は不要だということです。 そんな知識は何の意味もない。読むだけ時間の無駄です。  そんな私も70歳をすぎ、5年前に息子に社長職を譲りました。 今、日本のメーカーは、中国・アジア企業との激しい競争で 苦しい経営を強いられています。私が従事する靴下産業も、 多くの仲間が廃業に追い込まれました。  そういう激流の中で、事業承継をしたわけです。 ですから、会社を引き継いだ息子たちも、けっして平坦な道を 譲られたわけではありません。 これからどんな苦難が待ち受けているかわかりません。 奈落の底につきおとされることもあるでしょう。  しかし、私がそうだったように、  経営者として岐路に立たされたとき、大きな決断を しなければならないときには、先達の言葉に耳を傾けてほしいと思います。  およそ現代の人が直面するさまざまな問題は、 そのほとんどがすでに昔の人が経験した事柄なのです。 受け身では人生、何の解決もできません。 逆に積極的に、戦闘的に問題解決にあたれば、道は必ず開けるものです。  そういうときの参考書にしてほしいという思いで、 一冊の小冊子、題して「馬鹿な大将、敵より怖い〜創業者伝達」をつくりました。  笑い話のようですが、息子たちには目をこらして 真剣に読んでほしいという願いから、 活字を極端に小さくしたものを渡しました。 あまりにも字が小さいので、 さっと読み流すことができないようにわざとしたのです。  この小冊子には、これまで古典から学び、仕事に役立った言葉、 苦難に心が折れそうなときに自分を支えてくれた言葉、 あるいは、大将としての心構えを説く言葉、はたまた商売の本質と原則を 見事に言い表わした言葉など、経営者の仕事に役立ち、 心に響く言葉を集めました。  今回、縁あって、この小冊子を土台とした本を 日本経営合理化協会から出版することになりました。  本書は「志篇」「才覚篇」「算用篇」「処世篇」「報恩篇」の5つの篇に 分けて合わせて41の話に、それぞれ私を導いてくれた 古典の名句を盛り込み、私の波瀾万丈、泣き笑いの解説を加えました。  読者のみなさんに「アハハッ」と笑っていただき、 何かではっと我に返る、 本書がそんな本であればありがたいと思っています。  それこそ本書を知識としてではなく、 みなさんのお仕事と人生に役立てていただければ、これに勝る喜びはありません。 ” 変な関西弁はそろそろおこられそうなので やめにします。(笑) 知識やテクニックばかりの左脳的な本が多い昨今、 こちらの本は、実に実践的で右脳的です。 例えば、念力の大切さが書かれているのですが、 口や文章でこれを説明しにくいから、 多くの人は「運」の一言で片づけてしまいます。 運ではなく念力が大切だなんて、 なんとも右脳的ですよね。 私も読みすすめていたら付箋でいっぱいに なりました。けっして忘れたくない知恵ばかりだったからです。 これから私が付箋を貼ったところについて ブログで書いていこうと思っております。 これをお読みになったみなさまと、 一緒に学んでまいりましょう!

カートに入れる:

  • モデル: otokoiltupiki
  • メーカー: 日本経営合理化協会出版局


人情横丁