魂が震える話---人がひとを想うということ [4903707419] :
読書のすすめ    カートを見る      

魂が震える話---人がひとを想うということ

1,188円

☆わー!あっと言う間に売り切れてしまいました!出版社さんの方でも品切れだそうです。ただいま、印刷所で機械がうなりをあげて印刷しております。次回入荷が最速で今月の11日です。あらかじめご了承くださいませ。☆ ゆう&けい著◆忘れちゃいけませんね。 「当たり前が一番有り難い」ってこと。 空気や水、土や太陽。 食事も食べれることが当たり前じゃないですよね。 そして、人間関係だって、 身近にいる人のことを、ついつい「居て当たり前」 みたいに思ってしまうことありませんか? 人は出会いがあれば必ず別れがあります。 そう死ですね。 そんなわかりきったことを誰でも知っているのに、 いがみ合ってみたり、悪口いったり、許してあげられなかったり・・・・・・・・・・・・・。 人との出会いって 何かのご縁があっておきたこと。無駄なものは 一つもないと信じてみてはいかがでしょうか? この本は、実際にあった出来事、 人との出会いと別れ・・・せつないくらいたくさんつまっています。 「当たり前が一番有り難い」ってことを 思い出させてくれました。 はっきり言って、 この本を読んで感動しない人とは友だちになりたくありません!(笑) それは別として、 みなさまぜひ読んでみてくださいね。 読後、たまには魂洗わなきゃいけないな!と思いました。

カートに入れる:

  • モデル: 4903707419


人情横丁