他助論 [shimizu-tajoron] :
読書のすすめ    カートを見る      

他助論

1,620円

清水克衛著 【2012年12月成幸読書に決まりました!】 「読書のすすめ」では、巷で話題になっているベストセラー本は 他の書店さんにお任せして、お店に来てくださるお客様が求めている本、抱えている問題を解決へと導く本の品ぞろえを心がけています。◆そうした本を日々、探し求めている中で、私はあるテーマに行きあたりました。それは、今までの西欧からきた成功哲学ではこれからの時代を乗り越えていくことはできない。これからは“自助”の精神に加え、“他助”の精神が問われる時代だ。◆つまり、時代は自助論から他助論へと移り変わってきたのだということです。少子高齢化やデフレ経済、毎年3万人を超える自殺者やうつ病に悩む現代人。そして、今年は東北地方を襲った大地震。この3.11を契機に、私たちは思い切って"自助"から"他助"に大きく舵を切らなければならないと強く思います。3.11を、他人事で終わらす事なく、次の時代に続く良き事のキッカケにしようじゃありませんか!昔から日本では、「情けは人の為ならず」という言葉があります。エゴがまかり通る今の日本人にモノ申す覚悟でこの本を書きました。 清水克衛

  • モデル: shimizu-tajoron
  • メーカー: サンマーク出版


現在のレビュー: 3

読書普及協会