論語と「やせ我慢」--日本人にとって公共心とは何か [4569819440] :
読書のすすめ    カートを見る      

論語と「やせ我慢」--日本人にとって公共心とは何か

1,836円

羽深成樹著 ◆世界でもっとも高いといわれる「日本人の公共心」を支えているのは何なのか? という問いにいまの多くの日本人は答えられるだろうか? いまの時代の日本人は、選挙をしても投票率は4割程度。 今朝もいい年した親父さんが悪びれもせず道にタバコをポイ捨てする。 電車の中で化粧をする女性も多いと聞く。 なのにどうして世界の方々から日本人の公共心は高いと言われているのでしょう。 この本では、論語の解説をしながら、 日本人にとっての「やせ我慢」の大切さを教えてくれています。 「お先にどうぞ」と言える、ちょっとのやせ我慢がいまの日本には、 道徳が必要だ!という前に身につけなければならないことではないでしょうか? この本を読んで「やせ我慢」をしてみましょう!ダイエットにもなるかもしれません。(笑)

カートに入れる:

  • モデル: 4569819440


人情横丁