からだことば辞典---日本人の言葉の復古 [4490106190] :
読書のすすめ    カートを見る      

からだことば辞典---日本人の言葉の復古

3,132円

私たち日本人には昔っから 「からだことば」が使われてきました。 顔が広い・目が飛び出る・腹黒い・手を焼く・ 足を洗う・身銭を切る・・・・etc。 こうした様々な「からだことば」が、 だんだんと使われなくなっているような気がしてなりません。 これを許してはなりません!ドンドン!!(机をたたく音) 心は体のどこにあるか?という問いをしたとき、 ほんとんどの欧米人の方は「頭」と 答えるそうですが、日本人は「頭」「胸」「腹(肚)」と 三か所に分ける文化があります。 「頭」は理屈(屁理屈の場合が多い) 「胸」は、情。(恋に落ちている時はココ) 「腹(肚)」は、人の損得を越え、瞬時に 真理にそって体が動く。 このように、日本人には器用に心を使い分ける 技がありました。これは実に驚異的または奇跡的な 文化ではないかと思うのです。 この器用な心の使い分けの表現として 「からだ言葉」は発展してきたのでしょう。 自分の本心、相手の本心をより深く理会するために 「からだ言葉」は日本人に必要不可欠だったのです。 我々の祖先の方々は、ほんと偉大ですね。 この大事な「からだ言葉」を復古するためにも、 この本に書かれている「からだ言葉」を身につけて、 会話をしたいものです。

カートに入れる:

  • モデル: 4490106190


人情横丁