おうちで楽しむ にほんのもてなし [4774136622] :
読書のすすめ    カートを見る      

おうちで楽しむ にほんのもてなし

1,598円

広田千悦子著◆おもてなしという日本語の由来は 「うらおもての無い気持ちで」、または 「何かをもって成し遂げる」 ということからきています。 その由来が物語っているように もてなしには、 気持ちで相手を思いやる目には見えない部分と、 実際に行動して形に表す目に見える部分の二つがあり、 両方をあわせてどうぞと差し出すのが最高のおもてなし。 ---中略--- あいまいとも言える社会の中でつちかわれてきた、 日本人のおもてなしの感覚はじつに貴重で 誇りに思うべきものなのかもしれません。 日々の暮らしの中で あたりをくるりと見回してみると ちょっとしたことの中に幸せのタネは隠されています。 人がうれしいと自分もうれしい。 それを喜べる自分がまたうれしい。 静かにまわる喜びが、 いろいろなところで続いていくといいなという願いをこめて書きました。 お役にたてたらとてもうれしいです。 以上、 広田千悦子著 『おうちで楽しむ にほんのもてなし』 より。 ------------------------------------------ 震災以降「絆」という言葉の大切さが、 大きく言われ出した。 しかし、あらためて言われなくても本来「絆」という想いは、 日本人の得意としてきたところだった。 本来の「絆」の持っているニュアンスが分かりずらくなって きてしまっているのでしょう。 「何々してくれない」とか、「何々がやってくれない」という 「くれない族」ばかりでは、 「絆」が持つ本当の心は理解できない。 「して差し上げる」という、 もてなしの心あってこその「絆」であって、日本人なのではないだろうか。 「もてなし」の心を即行動に移せるような、 具体的な方法がたくさん書かれているこの本は ぜひとも日本人としておさえておきたい一冊ですね。

カートに入れる:

  • モデル: 4774136622


読書普及協会