【名著復活】生の悲劇的感情 新装版〜執行草舟氏おすすめ! [4588120060] :
読書のすすめ    カートを見る      

【名著復活】生の悲劇的感情 新装版〜執行草舟氏おすすめ!

3,780円

ミゲル・デ・ウナムーノ著、神吉 敬三、佐々木 孝訳【2月3日10冊入荷予定。売り切れ後の入荷は、2月中旬〜下旬頃予定。】◆当店大人気!『生くる』『根源へ』『「憧れ」の思想』などで執行草舟氏がおすすめされていいた、ミゲル・デ・ウナムーノ著『生の悲劇的感情』が、なんと長い絶版状態から新装版になり、執行氏の推薦文の帯が付いて復活することが決まりました。執行氏の本を読んで、長く『生の悲劇的感情』の復活をお待ちの皆様、お待たせしました!「【「肉と骨の人間」その雄叫びを聞け!】これは、現代の根源を切り裂く「慟哭」である。燃ゆる魂が哭いているのだ。我々一人ひとりに向けられた、著者の発する「荒野に叫ぶ声」が聞こえて来るに違いない。」執行草舟『生の悲劇的感情』新装版推薦文より ◎また、執行氏の著書『根源へ』『「憧れ」の思想』の中でも、こちらんの『生の悲劇的感情』を強くおすすめされています→「ウナムーノの著作は、すべてが「涙の書」です。―ただただ「涙の書」としか表現できぬウナムーノの著作の中で、「情熱の哲学的基礎」ならやはり『生の悲劇的感情』になるでしょう。この書物こそが、情熱の哲学を世に問う、世界屈指の名著であると私は確信しています。」『根源へ』(情熱の原点)より―「ウナムーノの『生の悲劇的感情』は、我々の生の根源をえぐり出す書物と言えよう。人間の苦悩と苦痛の淵源を考え抜いているのだ。魂の問題だけが、ウナムーノの精神であった。それ以外のものは、この哲学者にとって、どうでもいいものなのだ。私は、ウナムーノの『生の悲劇的感情』によって、肉と骨の苦しみを受け容れることが出来たと思っている。『葉隠』によって燃える私の魂は、ウナムーノの哲学によって、その収斂を見つけたのである。」『「憧れ」の思想』(書物を食らう)より―これは、著書のご紹介の一部ですが、まだまだ『生の悲劇感情』を紹介している文章は沢山あり、以前に産経新聞でも書評を書かれる程、執行氏が大切にされている名著中の名著なのです。その分だけ、復刊を心待ちにされていた方も多いはずです。真のタテ糸読書の実践を志している方の必読書!入荷まで、もう少々お待ちください。

カートに入れる:

  • モデル: 4588120060


人情横丁