2013年春号の「ダーナ」にあの雑草の稲垣栄洋さんが!! [DANA201303] :
読書のすすめ    カートを見る      

2013年春号の「ダーナ」にあの雑草の稲垣栄洋さんが!!

350円

おかげ様で、 ただいま大人気の雑誌【ダーナ】 いよいよこの3月15日にさらにパワーアップして 発売されます! この号もまた、アッ驚く内容にびっくりです! ほんと350円というお安い値段で、 編集者の方々が、がんばってくれています。 これも喜んでご購入してくださった 皆さまのおかげで、調子に乗っているんだと思います。(笑) 私からも感謝です。ありがとうございます。 さて今号の目次です。 【インタビュー】 新井英一(R&B歌手) 【特集】 「スキルアップは自分磨き」 仕事のスキルを向上させるために目の前のことを 一所懸命取り組む。そこに自身の向上もある。 ・会社員の立場 大内章智(東京海上日動ベターライフ取締役) ・ものづくりの立場 後藤和司(「後藤きのこ園」代表。京都・京丹波町でシイタケ栽培に取り組む) ・自営業の立場 山梨茂彦(京都和菓子店「都製餡」社長。お菓子を通じて人の心を和ませる) ・経営者の立場 稲垣栄洋(静岡県農林技術研究所農村植生管理プロジェクトリーダー。 農村の自然環境や身近な生き物のくらしを雑草を通じて研究) ・まとめ 塩沼亮潤(金峯山修験本宗慈眼寺住職) 【波濤を越えて】 盒怯冤此淵泪襯琵盒尭措商店代表取締役)  東日本大震災で石巻市にある水産加工会社が津波に流された。 残ったのは約20億の負債。再建するかどうか悩んだが、 支援してくれた方々の励まし、 取引先の後押しもあって再建を決断。この3月に新工場が落成する。 【スターティングポジション】 ふんどしかっちゃん=飯田勝洋(飯田旗店店長)  旗用の生地でふんどし作製。静岡でブレイクの予感!  「ふんどしで少しでもハッピーになってくれれば」と語る。 今回ご登場の方々、 有名無名を問わず、読んで刺激になり、 心にスイッチをいれてくれるお話ばかりでした。 3.11からもうすぐ2年になります。 あのピンチをチャンスに変えるために、 私たちは、もうボーっとしているわけにはいけません。 ぜひ今号の「ダーナ」でスイッチをオン!にしてまいりましょう。 あ!私も今号でも「逆のものさし」のコラムで 登場しております。こちらも気合いが入っているので、 お楽しみに!

カートに入れる:

  • モデル: DANA201303
  • メーカー: 佼成出版社


読書普及協会