最期の、ありがとう。新・ぼくが葬儀屋さんになった理由 - ウインドウを閉じる