読書のすすめ    カートを見る      

読書のすすめ 清水克衛の日々是好日

耳寄り情報

 1  2  3  4  5 ...  [次へ >>] 

【現品限り&冊数限定「シリーズ陽明学」の名著のお知らせ】

以下の「シリーズ陽明学 刊行のことば」にもあるように、
まさに今こそ必読!
易経の本物中の本物名著『易経講話』や、ドクスメ大人気の
『言志四録 抄録』など、タテ糸の本物名著を出版されている、
東洋思想一筋の出版社、明徳出版社のシリーズ本
なので、内容は間違いありません!すでに20年以上前の本なので、
在庫にも限りがあり、シリーズ本は、各20冊ずつの冊数限定での
販売になります。
※『吉田松陰』と『西郷隆盛』は、各30冊ずつ限定!

シリーズの巻は、順不同になり、厳選された巻のみのご用意ですが、
人物を通した猴枳棲忰瓩鯑匹澆燭なや、タテ糸の本物名著を
読みたい方におすすめ!売り切れてしまうと絶版に近い状態
になってしまうので、この機会に是非。

〈「シリーズ陽明学」刊行のことば〉
「孔子・孟子が人間のあり方を説いた儒学は、宋代に一度、朱子
が人間学として再生させたものの、明末には再び文字章句の学問
に堕落してしまった。これを、王陽明は、我我の心には天より
授かった良知があると叫んで、人間の生き方とは何かを説き、
自ら実践してみせたのが陽明学である。
 今日は、政治も学問も芸術も、みな小さな小手先のものに
終わって、肝腎な人間のための政治であり学問であることを
失いつつある。この世紀末的な風潮を匡(ただ)す思想として、
いま政財界を中心に内外の心ある人々は陽明学に注目してきた。
しかし、原文はあまりにも難しく、読むことさえも容易ではない。
 ここに小社では陽明学に生きた日中の先人34名を拾い出して、
その精髄を平易な日本語に変えて人々に開放することにした。
多忙な現代人にも本書の現代語訳と余説だけは読んで頂きたい。
四千年来、人間の在り方を問いつめてきた儒学思想の一端なりとも、
ここからお汲み取り頂き、日常生活の一隅にでもそれを実践して
頂けたら望外の幸せである。」

◆ドクスメ厳選「シリーズ陽明学」の名著本
・吉田松陰 ・西郷隆盛 ・大塩中斎 ・李二曲 ・淵岡山
・李穆堂 ・王心斎 ・池田草庵 ・林良斎 ・東沢瀉

【新HP】現品限り&冊数限定!貴重な「シリーズ陽明学」の名著のご注文はこちら!

【店頭分で販売終了!残り数冊の本物名著のご案内】

現在も、読書のすすめ旧HPはご覧いただける状態になっていますが、
もうすぐ新HPのみご覧いただけるようになる予定になっていますので、
新HPへの完全以降の前に、店頭にある現品限りで、こちらの書籍は
売り切れたら、HP上では猗稜篏了瓩箸気擦討い燭世ます。

以下のように、それぞれ残り数冊のみのご用意となっています。

以前から気になっていたという方も、今「読みたい!」と思われた方
も清水店長が以前おすすめしていた、タテ糸の本物名著になります
ので、是非、この最後のチャンスをお見逃しなく!

◆店頭分で販売終了の本物名著!
・『神々への道 米国人天文学者の見た神秘の国・日本』 残り3冊
・『美の復権―岡倉覚三伝―』 残り3冊
・『評伝 田中清玄 昭和を陰で動かした男』 残り4冊
・『死ぬふりだけでやめとけや 谺雄二詩文集』 残り6冊

その他、以前よりご案内している冊数限定のお宝本も、
残り数セットになっている名著もあるので、気になる方はお早めに!

・『明治裏面史』上下巻セット 残り2セット!
・『裏瓩鉢狄鍬瓩猟彊賣の成功哲学2冊セット』 残り3セット!

【新HP】現品限り、数量限定のお宝本をご注文いただけるコーナーはこちら!



約15年ぶりに読書のすすめHPをリニューアルしました!
現在も、新しいHPに移行中のため、最新のおすすめ本のご注文
などは、こちらの新しいページからお願いいたします↓

読書のすすめ新しいホームページはこちらです。



以前、読書のすすめにて、大人気!
清水店長が、執行草舟氏の『生くる』と出会って以来の衝撃!と
大絶賛で、タテ糸の本物名著として熱くおすすめしていて、
出版社の在庫分全て再入荷の

・『超一流の成功哲学』
・『新・超一流の成功哲学』
・『超一流の裏成功哲学 悪魔との対論』

のうち、残り20冊の第1作目『超一流の成功哲学』は、
お陰様で、あっという間に完売で販売終了となりました。
沢山のご注文ありがとうございました。

その他の『新・超一流の成功哲学』、
『超一流の裏成功哲学 悪魔との対論』の2冊も、どちらも
残り15冊で絶版になってしまいます。
つまり、残りあと15セットが売り切れてしまうと、本当に
狎簇猫瓩糧稜篏了になりますので、最後の最後のチャンスを
お見逃しなく!

※第2作目の『新・超一流の成功哲学』、第3作目の
『超一流の猯↓畧功哲学』は、1作目を読んでいなくても
読めるようになっています。
こちらも1作目と同様、清水店長が衝撃を受けた、
本物中の本物名著となっている
ので、まだ手にされていない方や以前から気になっていた方は、
この最後の最後のチャンスをお見逃しなく!

詳しい内容やご注文など、こちらの「現品限り、数量限定のお宝本」
ページをご覧ください↓

店頭分で絶版!超貴重な『超一流の成功哲学』シリーズのご注文はこちら!



以前よりご紹介している、
・『明治裏面史 上下巻セット』
・『いり豆の花 』
・『埴谷雄高論』
など、すでに絶版になっていて、とある仕入れ先で偶然見つけた
幻の超貴重なお宝本ですが、この度、すでに完売していた
『明治裏面史』が、なんと10セット限定で奇跡の復活!

これが、本当に最後の手に入るチャンスになりますので、
以前、完売までに間に合わなかったという方も、気になる方も
この最後のチャンスをお見逃しなく!

その他、写真にあるように、新入荷の現品限りのお宝本も
入荷していますので、詳しくは以下の
「ドクスメ耳寄りニュース」ページをご覧ください↓

「奇跡の再入荷&新入荷!現品限り&数量限定の狡兇宝本瓮縫紂璽后

また、ご紹介の「お宝本」は、以下の読書のすすめの新HPの
「現品限り、数量限定のお宝本コーナー」にてご注文いただけます。
冊数限定で、販売終了になる本もあるので、気になる方はお早めに!

読書のすすめ 新HP「現品限り、数量限定のお宝本コーナー」



2012年1月にサンマーク出版から発行されていた『他助論』が、
令和2年12月に、北海道の出版社エイチエスさんより新装版
として復刊いたしました。

ありがたいことに、早速プレゼント用に複数冊の
ご注文いただくなど、大人気!!

ご注文は、読すめ新HP
新装版『他助論』ページまで!


出版社エイチエスの斉藤専務の司会進行にて開催されるイベント、
「倶楽部HS」の特別版として、12⽉27⽇(日)17時〜
オンライン(zoom)にての開催が緊急決定!

今回の「倶楽部HS」の『他助論』復活祭では、著者の清水店長
が、改めて、今こそ必要な『他助論』の「他助」についてたっぷり
お話させていただきます。

どなたでもご参加可能ですので、お気軽にご参加ください。

◆12月27日(日) 清水克衛『他助論』復刊祭
開催日: 12⽉27⽇(日)
時 間:17時〜19時
参加費:1,000円(税込)
開催形式:ZOOMによるオンライン開催
※入金確認後ID・PWメールいたします。
⽀払⽅法:PayPal(カード払い)、郵便振替、銀行振込

お申込は、こちらの「倶楽部HS」#28お申込ページまで!

※今回は、主催は出版社のエイチエスさんになるので、
お問い合わせ等は、お手数ですが出版社エイチエスさんに
お願いいたします。



以前、読書のすすめの皆さんにも衝撃を与えた、真の5%になる
『侘(わ)び然(さ)び幽玄のこころ』、『人生は残酷である』
そして、今も大人気の『タオと宇宙原理』、そして今、超おすすめ!
の『ループ』の著者、森上逍遥氏の最新刊『科学者たち58人の神観』
がまたまた発売になります。

しかも、これから発売の『科学者たち58人の神観』は、
12月24日頃の先行発売が緊急決定!
※一般書店の発売は、12月30日頃か年始頃予定。

なんと、森上逍遥氏の最新刊が12月に立て続けに2冊新発売
になるので、年末年始の読書にピッタリの『科学者たち58人の神観』
&『ループ』の2冊セットもご用意しました。

『科学者たち58人の神観』&『ループ』の2冊セット
など、森上逍遥氏の本物名著のご予約ご注文はこちら!


『タオと宇宙原理』も衝撃の面白さでしたが、その次の最新刊
『ループ』は違った意味での衝撃を味わえます。
もちろん、こちらもあっという間に一気読みしてしまい、
清水店長も近しい方々に、早速熱くおすすめしています。

そして、続く『科学者たち58人の神観』も、出版社の方曰く・・・、
同じ桜の花出版さんから発売になった『ループ』とも違った面白さで、
「『ループ』と一緒に年末年始に、
是非ともお読みいただきたい1冊です!」と熱くおすすめ
いただいたので、内容の良さは間違いないでしょう。

今までの本が、全て狄燭裡機鵑凌有瓩砲覆襪燭瓩遼槓名著
だったので、『ループ』と共に、『科学者たち58人の神観』
も大注目の1冊です。
心ある方は、こちらも一緒に是非!

◎『科学者たち58人の神観』内容紹介

「2020年度ノーベル物理学賞者ロジャー・ペンローズを筆頭とする
量子力学の精鋭、ギリシャ哲学の巨人、日本の湯川秀樹や現代の天才
たち、自然科学者、哲学者、心理学者、生理学者、作家ら58人の
神観を紹介。

一流研究者の多くが、科学と宗教は対立しないと語り、
それは科学者になくてはならない資質だとする数々の意見は、
注目に値する。神観を通じて、その人となりに触れられるのも、
本書の魅力の一つ。

また、本書はその神観を、伝統的宗教の人格神は信じないが
宗教を受け入れるグループ、人格神を否定し理神を信じるグループ、
印度哲学的「梵神」を研究するグループの3種に大別し、さらに過去
から未来の神観を俯瞰している。 「神観」をめぐり世界では、
時に殺人にまで発展し、片やわが国では神霊を信じるなどと言うと
即座に怪しげな人物と烙印を押される。形而上学としての〈神〉
は如何なる存在であるのか、人類の永遠のテーマであると
言えるだろう。

【本書に登場する主な人々】

ロジャー・ペンローズ
・・・2020年度ノーベル物理学賞者
ガリレオ・ガリレイ
・・・望遠鏡を使って初めて本格的な天体観測を行なった
アイザック・ニュートン
・・・万有引力の法則を発見し古典力学(ニュートン力学)
を体系化した
エルヴィン・シュレーディンガー
・・・「シュレーディンガーの猫」の思考実験で知られる
アルベルト・アインシュタイン
・・・相対性理論など数々の業績のある天才
ヴェルナー・ハイゼンベルク
・・・不確定性原理など量子力学に多大な貢献をなした
ピタゴラス・・・
ピタゴラスの定理など数々の数学的な定理を発見した
古代ギリシャの哲学者にして神秘主義者
プラトン・・・イデアという概念を提唱し西洋哲学の源流を築いた
ルネ・デカルト・・・
すべてを徹底的に疑った後に考えている自分の存在だけが
確かなことであるとして「われ思う、ゆえに我あり」と述べた
バールーフ・デ・スピノザ・・・
人格神を否定し革新的な汎神論を説き現代哲学に大きな影響を与えた
カール・グスタフ・ユング・・・
深層心理を深く分析し人間の無意識の奧底にはある人類共通の
「元型」を示した
湯川秀樹
・・・中間子の存在を予測し日本人で初めてノーベル賞を受賞した
デイヴィッド・チャーマーズ・・・
脳や意識、心に関する分野をリードする現代哲学の旗手 など

<目次より>

〈序章〉

渾沌とした社会
日本人の精神の頽廃
物理学者の神の肯定
世界観の変容
キリスト教から見た有神論
ファラデー研究所ロドニー・D・ホルダーの主張
素粒子の世界は不思議だらけ
物質の驚異の単純原理
四つの力の相互作用
ペンローズの量子脳理論
*ロジャー・ペンローズ Sir Roger Penrose
(1931〜 イギリス 数理物理学者 数学者 科学哲学者)
*ハンス・ペーター・デュル Hans-Peter Durr
(1929〜2014 ドイツ 科学者)
*ロバート・ランザ Robert Lanza
(1956〜 アメリカ 医師 科学者 哲学者)
*ピーター・ラッセル Peter Russell
(1946〜 イギリス 数学者 理論物理学者 実験心理学者)


◎『ループ』内容紹介

「若い魂に課せられた〈次元上昇〉の物語。
それは、穏やかな風がそよいだときに現われた
不思議なヴィジョンから始まる自分探しの旅だった―。

「あの時」のことを想い出すことはあるか。「あの時」のことだ。
君が独りで淋しそうにしていた「あのとき」のことだ。
君の心に去来していた風は、時に君を独り悲しみに
沈ませることがあった。それは辛い想い出だ。
しかし、その時に君の中に純性が芽吹いたことに
気付かなかったようだね。
君はあの時に内在する純性を肉体に顕わしたのだ。
あの悲しみがなかったら、
君はいまこの不思議の風を受けることは出来なかった。

葛藤こそが霊性を向上させる 葛藤の昇華は自己犠牲を意味する
迷う人にこそ超越の可能性がある
進化した証として、魂は一つの結晶化を成す
〈他者〉の眼差しは君の人生のどんな責任もとってくれない。

果てしないループ(繰り返し)の中に迷う全ての人へ贈る待望の新刊!」

<目次より>

第一章 記憶の旅

旅路
存在と知識
自由とは何か
〈私〉の主人になる
人間はロボットにすぎない
意識と現象の旅
ループからの脱出
老子の無為自然
魂・霊とは何か
再びと旅に出る

第二章 円環(ループ)

輪廻転生
円環(1) 第1期 渾沌期
円環(2) 第2期 誕生期
円環(3) 第3期 才能期
円環(4) 第4期 学習期
円環(5) 第5期 統合期
円環(6) 第6期 解放期
円環(7) 第7期 仕事期
円環(8) 第8期 結婚期
円環(9) 第9期 成熟期
円環(10) 第10期 哲学期
円環(11) 第11期 完成期
円環(12) 第12期 飛躍期



 1  2  3  4  5 ...  [次へ >>] 
人情横丁