読書のすすめ    カートを見る      

読書のすすめ 清水克衛の日々是好日

耳寄り情報

 1  2  3  4  5 ...  [次へ >>] 

読書のすすめの開業して22年。
そのなかで15年売れ続けて商品があります。
本じゃありません。

「点字名刺」です。

視覚障害の人たちが、一枚一枚点字を打刻
してくれるのですが、これが使った人だけ
じゃなくて、作った人たちも含めて
まさに三方良しの商品なのです。
このたび、点字名刺のページをリニューアル
しましたので、初めての方もすでにご存知の
方も一度お立ち寄りください。

点字名刺ストア>

==========
ドクスメではおなじみ
百年企業を創造するコンサルティング
S・Yワークス代表の佐藤芳直さん。
毎年5月に「未来への恋文セミナー」
百年企業経営大会が開催されています。
その会場で、佐藤芳直さんが
ぜひ今こそ読んでほしい本として
おすすめ本を紹介されるのですが
ドクスメでは会場で出張販売をさせて
いただいてるご縁から
ドクスメネットでご紹介をさせて
いただいております。

佐藤芳直のおすすめ2017>



5月の成幸読書について


毎月1冊清水店長が選んだ本が
毎月あなたの元へ

成幸読書頒布会のページが
新しくなりました。
喜多川泰さんも
成幸読書へのおもいを
つづってくれました。

成幸読書のご案内ページ



以前に有名なキャラクターをうみだした
編集者とのんでいたら
そのキャラクターの誕生話になって。

このキャラクターを1冊の本にするかどうか。
編集部でのスタッフの評判はよくて
ぜひ出版しましょう!となったけど
編集担当のご本人は
どこがいいのか?まったくわからなかった。
でも最後は自分で自分の背中を押したんだって。

わからないから 
やってみよう!

自分なんてちっぽけなもんで
ちっぽけなことはどうでもよくて
ちっぽけであることを知る勇気と
ちっぽけな自分からふみだしてみる勇気

わからないから
やってみよう

作家の喜多川泰さんが
毎月購読している成幸読書について
書いてくれたことも、ちっぽけな自分から
ふみだすヒントだと思う。

ドクスメネット
はげっち。の雲のうえは晴れ。より

>成幸読書のページ>





4月18日(火)にご紹介後、沢山のご注文を
いただき、まさかの即完売


貴重な本の上、出版社さんの在庫にも限りが
ありますので、気になる方はお早めに是非!

◎今、清水店長が、『「読書のすすめ」店主として、
「逆のものさし講」代表として、元治元年生まれ、
明治大正昭和と日本のために命をかけて、しかも
愉快に時代を駆け抜けた人物の本をオススメしたい』
と大絶賛の人物が「杉山茂丸」という人物です。

清水克衛ブログ「人類一人前の思想 自己を制する勇気」

※杉山茂丸氏の本との出会いは、出版社の方より
「頭山満の本とは比べ物にならない程面白い本がありますよ。」
という紹介をいただき、偶然出会った幻の名著です。

小説『ドグラマグラ』の著者夢野久作の父親であり、
当店でも大人気の「頭山満」の無二の朋友でもある
杉山茂丸の本を読むと、真に肚の底から、やる気、
勇気が湧き出てくる、真の5%の人になるタテ糸の
読書の実践者の方の必読書↓

◆「其日庵杉山茂丸」の代表作 『百魔』
◆代表作『百魔』の続編 『百魔 続』
◆ホラ丸ワールドの真義と奥義 『其日庵の世界』
◆人類一人前の思想 自己を制する勇気 『俗戦国策』

◎杉山茂丸氏の本と一緒に読みたい、
清水店長おすすめのとっておき2冊↓

『侘び然び幽玄のこころ』の著者最新刊!
『人生は残酷である』
◆安積艮斎著 『洋外紀略』



お待たせしました!斎藤一人さん最新刊の先行発売が決定!
今回は、スピリチュアルカウンセラーのお弟子さん高津りえさんとの共著になります。
テーマは、ずばり「品」です。
「品」とは言っても、ただの「品」の話ではありません。運があがる「品」であり、人から好かれる「品」を一人さん流に、高津りえさんと共に、とっても分かりやすく解説。すぐに実践できるけど、ハッと気づかされる狃颪下ろし瓩里箸辰討きのお話が満載♪お楽しみに。

『斎藤一人
  品をあげる人がやっていること』


5月12日頃先行発売!
※一般書店の発売は、5月17日頃。



お待たせしました。
おひさしぶりの
ドクスメマネーキャンペーン!
今回も3%還元いたします。
一度おあずけいただくと
ドクスメでのお買い物すべて
もちろん、成幸読書頒布会や
逆のものさし講も
タテ糸読書倶楽部での
お支払いも可能です。

ドクスメマネー
3%還元キャンペーンも
成幸読書頒布会の
税込み価格も
5月末日まで。

お早めに!

ドクスメマネー
3%還元キャンペーンはこちら



 1  2  3  4  5 ...  [次へ >>] 
読書普及協会