【GN(義理人情)心意気】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【GN(義理人情)心意気】


GNとは義理人情の略だったりします。 宇宙の発展の法則はなんだかんだ言ったってこれに限ります。いっしょに学んでまいりましょう!!!


商品画像 品名- 価格

商売はノウハウより「人情力」〜石田梅岩に学ぶ成幸宝則〜
商売はノウハウより「人情力」〜石田梅岩に学ぶ成幸宝則〜
清水克衛著、絵・さくらみゆき【2010年5月の成幸読書になりました!】 石田梅岩さんは江戸時代に「商人」って商売はとても尊い仕事なんだ!ということを確立させた人で、渋沢栄一や森信三さん・寺田一清さん・松下幸之助さん・稲盛和夫さんらにも強く影響を与えた。以前から清水店長は商人の鑑として石田梅岩を尊敬していました。このたび石田梅岩さんの貴重な文献から、商人の心を学び、やさしくおもしろく1冊の本にまとめ...
1,620円

追加:


ごっつい奴---浪花の夢の繁盛記 11月度成幸読書
ごっつい奴---浪花の夢の繁盛記 11月度成幸読書
近頃「昭和」に憧れる人が多い。 きっとその時代はみんなが「幸せ」をつかもうと、 本気になって働いていたからじゃないのだろうか。 戦後、餓死者がごろごろと出る時代から、 なんとか這い上がろうと必死になって夢をつかもうとする 人々であふれ、活気でみなぎっていた。 いまは餓死者こそ出ないが、 そのかわり自殺者があとをたたない。 物質文明を追うばかりで、心がそれについてきていないのでは ないだろうか。...
1,844円

...詳細
売り切れ


人情心意気
人情心意気
親孝行・義侠心・気風の良さ・おせっかい・長屋の助け合いなど、今では忘れられがちな人の心の温かさについて語った、三遊亭鳳楽師匠の極上落語エッセイ!これを読まなきゃ人の機微がわかりませんぜ。人の機微がわかる人はいつの時代も成幸者!!! 今も語り継がれる古典落語の人情噺のいい所を取り上げて、 親孝行・義侠心・気風の良さ・おせっかい・ 長屋の助け合いなど、 かつて、貧しい頃の日本では当たり前だったことが...
2,160円

追加:


福の神がやってくる! 大向上札
福の神がやってくる! 大向上札
清水克衛著 よっ!待ってました!!叫びたくなります(^^;)  「読書のすすめ」清水店長のコトバが32枚の札になって登場です! 「大向上札の楽しい教室 廚鬚爾劼翰ください♪...
2,160円

追加:


なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか
なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか
立川談慶著◆ドクスメでは、毎月落語会を開いています。今月は6月28日午後7時半からです。ぼくもたまに前座を務めさせていただくこともあります。インチキ亭清水克衛門のお噺もなかなかなんですよ。(笑) さて、いつも落語を聴いていて思うのですが、古典落語に...
1,512円

追加:


おもしろ落語入門---日本人だけが持つ判断基準『いきか野暮か』を学
おもしろ落語入門---日本人だけが持つ判断基準『いきか野暮か』を学
春風亭一之輔 山口晃著◆最近の日本人の判断基準は「損か得か」か、 または「好きか嫌いか」くらいの判断基準しかない人が多くなっているように感じる。 この判断基準は子どもの基準だ。子供ならまあいいけど、大人になっても これではどうしようもないとは言えないだろうか。 本来、江戸時代に培わられた「いきか野暮か」という判断基準があったのである。 これは日本人特有のものであるらしい。しかし、いきとは何か?と...
1,620円

追加:


【本当に男性限定!】友情山脈 完全版〜男の友情に涙
【本当に男性限定!】友情山脈 完全版〜男の友情に涙
梶原一騎原作 福原秀美漫画...
1,944円

追加:


【本当に男性限定!】すてごろ専科完全版〜これぞ!男の教科書
【本当に男性限定!】すてごろ専科完全版〜これぞ!男の教科書
真樹日佐夫原作...
1,944円

追加:


「大人の日本語」養成講座
「大人の日本語」養成講座
グローバル社会とか、 英語が話せなければ世界に通用しないとか??? 本当にそうなのでしょうか。 世間様でいわれているこういうことを 少し疑ってみませんか? こんな感じで今までも日本人は振り回されてきたのですから。 この本は、本当の日本語を身につけることから、 世界に羽ばたくことを重要視している本です。 突然ですが、あなたへ質問です。 あなたは目上の人とちゃんと会話ができますか?...
1,620円

追加:


しゃれことば事典---大人は、しゃれの一つも言えなきゃね!
しゃれことば事典---大人は、しゃれの一つも言えなきゃね!
相羽秋夫著 ≪しゃれ≫っていうのは、粋なものです。 以前、テレビ番組の中でビートたけしさんが、 法律には違反していないけど 人道的に許せないことをした会社にたいして 「こいつら眉毛の下だね!」 と、言ったのです。 一瞬何を言ったのか耳を疑いましたし、 周りの人たちも何も突っ込んでいませんでした。 これは「眉毛」の「ゲ」とあわえて「下」を「ゲ」と しゃれことばを使うことで、陰に...
1,620円

追加:




人情横丁