【日本人に生まれて良かった】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【日本人に生まれて良かった】




商品画像 品名- 価格

少年日本史---The story of Japan  一家に一冊、置くべき本
少年日本史---The story of Japan  一家に一冊、置くべき本
平泉澄著 こんなにすごい本に出会えてよかった!みなさんもそう思うと思います。あれこれ説明するより、この本の前書きに書かれいる著者の思いをお読みください。前書き----- 日本の少年よ!我が愛する皆さんよ! 私は今、皆さんに、大切な贈物をしようとしているのだ。それは何か? 即ち此の「少年日本史」だ。之を贈ろうとする考を、私は前々からいだいていた。...
3,240円

追加:


永久保存版。幻の名著、遂に復刻-新釈古事記伝全7巻
永久保存版。幻の名著、遂に復刻-新釈古事記伝全7巻
※限定3000部が当店でも出版社でも、あっという間に売切れ!奇跡の増刷が決定した後も大人気で、暫く品切の状態が続いていたのですが、縦糸の読書として読書の秋にもっと皆さんに読んでいただくために、再々入荷しました!この「古事記伝」は、清水店長はもちろんあの白駒妃登美さんも大絶賛しているとっておきです♪また、売り切れてしまうと再入荷までにまたお時間をいただく可能性があります。気になっていた方はこのチャン...
12,960円

追加:


マンガ 昭和天皇物語1・2巻セット
マンガ 昭和天皇物語1・2巻セット
能條純一 半藤一利 永福一成著◆読み始めてすぐに、じーんと涙が出た。 きっとぼくの魂に響くものがあったのだと思う。 この1・2巻は、昭和天皇の子供時代、 幼少時の称号、 迪宮(みちのみや)の時代から、大正天皇がいよいよみまかるか? という時代までのお話です。 子供時代の昭和天皇をどう教育していくのか?それは大きな問題の一つでも あったようです。そんな中、...
1,244円

追加:


はじめて読む人の「古事記」---自分はなんのために生まれてきたの?
はじめて読む人の「古事記」---自分はなんのために生まれてきたの?
今野華都子 中尾早乙里著◆全国各地で30の古事記塾を主宰。7年間で、1,000人以上の受講生とともに『古事記』を学んできた著者がやさしく紐解く入門書 全国30箇所で古事記塾を主宰し、7年間で1000人以上の受講生と『古事記』を学んできた著者。世界一のエステティシャンの称号も得た彼女が、いまなぜ『古事記』を紐解き、その学びを人々に伝えようとするのか?...
1,620円

追加:


日本の漢詩---鎌倉から昭和へ  ★兎にも角にも素敵な本です★
日本の漢詩---鎌倉から昭和へ  ★兎にも角にも素敵な本です★
宇野直人著◆漢詩? この本をはじめ見た時、 「漢詩なんか読めるわけねぇーよなぁー。 学生時代もっと勉強しときゃよかった。。。」 と思いました。情けない限りです。 しかし、勇気をもってページを開いてみたら、 「なんじゃこりゃー!」と松田優介ばりのセリフが口元をつきました。 面白いし泣けるし、日本の歴史上の人物たちと心が通じ合うっていうのでしょうか。 驚きの発見です! 下記みてみてください。...
4,860円

追加:


【白駒妃登美推薦】「源氏物語」に学ぶ人間学
【白駒妃登美推薦】「源氏物語」に学ぶ人間学
境野勝悟著【2月22日先行発売!※一般書店の発売は2月28日頃】☆当店大人気!博多の歴女、白駒妃登美さんが素敵な推薦文を書いてくださっています→「『源氏物語』に描かれた人間の真実の姿と愛の本質を学ぶことで、男は磨かれ、女は輝きを放つ!まさに、人間学の最高峰がここにある。」白駒妃登美◆当店でも長い間大人気の『日本のこころの教育』著者、境野勝悟先生待望の最新刊は、ズバリ書名にもある「源氏物語の人間学」...
2,484円

追加:


【2018年1月成幸読書】二度とない人生を生きるために
【2018年1月成幸読書】二度とない人生を生きるために
鍵山秀三郎著、横田南嶺著【1月19日頃入荷予定】◆当店でもお馴染の『生くる』、『友よ』、『根源へ』の著者執行草舟氏、そして、博多の歴女として有名な白駒妃登美さんも強くおすすめされている、イエローハット創業し「掃除道」を大成した「日本を美しくする会」相談役・鍵山秀三郎氏と、異例の若さで京都の花園大学・総長に就任し名僧の誉れ高い鎌倉の...
1,620円

追加:


原民喜童話集 / 別巻「毬」----こんなに澄みきった童話は他にない
原民喜童話集 / 別巻「毬」----こんなに澄みきった童話は他にない
原民喜という人、8月6日原爆投下時には、 爆心地から1・2キロの広島の生家にいて被曝し、 たまたまトイレという個室の中にいて助かったのです。 その直後に書き綴った日記を元に、1945年に 書かれたのがこの「夏の花」という小説仕立ての本だったのです。 しかも最初の書名は「原子爆弾」だったそうですが、 これでは当時のGHQににらまれるだろうということで、...
2,970円

追加:


夏の花---近代日本史に残る一作「若松英輔氏オススメ本」
夏の花---近代日本史に残る一作「若松英輔氏オススメ本」
原民喜著◆ 若松英輔著【生きる哲学---「考える前に「動け」!」】 この本の中で下記のようなことが書かれています。 「仕事帰り、地下鉄の改札を通ろうとしたとき、 突然、原民喜(1905〜1951)の「夏の花」が無性に 読みたくなって書店に立ち戻った。 職場は、大きな書店が立ち並ぶ地域にある。 自宅には、全集も、異なる出版社から 出ている文庫も揃えてあるのだが、それでも今、...
1,080円

追加:


科学者のこころ
科学者のこころ
湯川秀樹著「今、清水店長がイチオシの1冊!」◆詳しくは、読書のすすめHPトップページの「次元上昇 洒落が通じる良い社会を作ろう!」動画をご覧ください。
2,376円

追加:




人情横丁