【Youtube動画でご紹介の本】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【Youtube動画でご紹介の本】




商品画像 品名- 価格

【9月の成幸読書選定本】新編 夏の流れ/河
【9月の成幸読書選定本】新編 夏の流れ/河
丸山健二【9月の成幸読書】◆およそ半世紀前、弱冠23歳で書いた処女作で文學界新人賞と芥川賞をダブル受賞し、文壇に衝撃を与えた著者が、その後、安曇野に住まい、中央の文芸ジャーナリズムとは一線を画した姿勢を貫きつつ、ひたすら作家としての研鑽を積み上げてきた。...
1,870円

追加:


令和は「陰」の時代---「自然」「禅的」 「道(タオ)」3冊セット
令和は「陰」の時代---「自然」「禅的」 「道(タオ)」3冊セット
「機械論的思考」と「有機体的思考」とは、 陽と陰の関係にある。 多くのこと、例えば、教育・健康・社会秩序・ あきない等、すべてを一つの部品に見立てて、分析し 理解しようというのが「機械論的思考」だ。 これは陽的思考であって、陰陽は陰から回転される。 陰的な「有機体的思考」からすべての出来事は 生まれるのであって、これが無視されていては すべてが逆さまであり、矛盾不具合が生じて...
6,710円

追加:


タオは笑っている 改訂版 〜愉快な公案集
タオは笑っている 改訂版 〜愉快な公案集
レイモンド・M・スマリヤン著、桜内篤子訳◆理論理学者として名を馳せながら、老荘思想や禅に精通するスマリヤンが、タオイズムを平明に解く47編。曖昧で、いい加減で、包容力ある東洋の知恵は、日々を忙しく送る私たちに、さりげなく軽やかな生き方を指南してくれる。1981年刊行以来のロングセラーの復刻版!『この本の名は?』『スマリヤンのゲーデル・パズル』などを著し、数理論学者として知られるスマリヤン。だが一方...
2,200円

追加:


新ターニング・ポイント〜ポストバブルの指針
新ターニング・ポイント〜ポストバブルの指針
F・カプラ著、吉福 伸逸訳◆ポスト冷戦時代の地球市民の課題の見えない政治・行政、ポストバブルの指針をうちだせない経済モデル、生命体を部品と見なし、薬とテクノロジーの濫用に暴走する医療、人にやさしくすることが富と見なされない社会…。現代社会のすみずみにまで浸透する機械論的な世界観の限界を徹底的に洗いだし、21世紀への価値観の転換を示す待望の書!1 危機と変易(変わりゆく潮流)...
2,090円

追加:


タオ自然学
タオ自然学
F・カプラ著、吉福 伸逸訳◆タオイズムの陰と陽に、粒子と波動性の相補性を重ね合せ、踊るシヴァ神の姿に素粒子のコズミックダンスを見る。気鋭の理論物理学者による、 東洋と西洋の自然観を結ぶ壮大かつ魅力的な試み。...
2,420円

追加:


商人五吉池を見る
商人五吉池を見る
庵原高子著◆お久しぶりの商人の生き様を描いた長編小説がこちらの『商人五吉池を見る』です。この書名には、大事な著者の思いが込められているのですが、以下にもあるように、激動の大正、昭和という時代を狎犬抜いた畆膺邑の五吉とその家族達の生き様が、著者の娘さんの言葉によって鮮明に書かれています。特に、大きな成功の法則が書いてあるわけでもありません。実際に、五吉は、生き抜いたからこその、最後に遺そうとした...
4,180円

追加:


【脚本家 旺季志ずかさん最新刊!】モテ薬
【脚本家 旺季志ずかさん最新刊!】モテ薬
旺季志ずか著【9月18日頃入荷予定。ご予約受付中!】◆以前、当店でも大人気の『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』、『虹の翼のミライ』の著者で脚本家の旺季志ずかさん待望の最新刊は、なんとあの誰もが知る○○細胞事件にインスピレーションを受けて、3年以上の取材の上書き下ろされた、本格的なミステリー小説です→「「あの日」から、世界は変わった。実力派の脚本家が書き下ろした、愛と欲望渦巻く科学サスペンスの傑...
1,815円

追加:


【本物名著!】中小企業の新・幸福経営
【本物名著!】中小企業の新・幸福経営
近藤宣之著【副題:社員を生涯大切にして圧倒的な利益を上げる】◆心ある読者の方向け!中村天風氏の『成功の実現』や無能唱元氏の『得する人』など、社長さん向けの名著ばかりを出版されている「日本経営合理化協会」から出版のお久しぶりのおすすめがこちら。社長さん向けの実務書はほとんどおすすめしなかったのですが、著書の中に『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』という本もある通り、牋...
10,780円

追加:


健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて
健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて
熊代亨著◆この本は、素晴らしい!!騒がれる新型コロナ。私たちは、かつて歴史にいくつも例があるように、国家の何かしらの意図、そして煽るマスコミ。これらによって、私たちの社会はどんどん壊されてきた。今回もそんな”コロナ騒ぎ”だったのではないだろうか。この本の著者は、その辺りを冷静に検証し、読む者を我に返してくれる。本文をご紹介しよう。『健康という概念が輸入されてくる前の日本では、養生という概念が支配的...
1,980円

追加:


勉強するのは何のため?〜僕らの「答え」のつくり方
勉強するのは何のため?〜僕らの「答え」のつくり方
苫野一徳著◆「なんで勉強なんかしなきゃいけないの?」――この問いに、絶対的な「正解」はたぶんない。「いい大学や会社に入るため」「忍耐力をつけるため」「論理的思考力をはぐくむため」……いろいろ答えは返ってくるだろうけれど、どれが正解というわけじゃない。どれもある程度正しいように思うけど、また同時に、どれもちょっと違う気もしてしまう。こうした「正解」のない、でもなんらかの「答え」がほしい問題の数々をと...
1,540円

追加:




人情横丁