【瑞雲舎のおすすめ絵本】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【瑞雲舎のおすすめ絵本】


読書のすすめは瑞雲舎さんの絵本を応援しています。長年読み継がれた名作から新刊まで瑞雲舎さんの熱い思いが詰まった絵本です。


商品画像 品名- 価格

密林一きれいなひょうの話
密林一きれいなひょうの話
【出版社HPより】ぼくはみつりんいち きれいなひょうになりました。 ぼくは、ひょうです。 みてください。ぼくの きれいなはんてんを。 つやつや、ぴかぴか、すてきでしょう。 ぼく、とてもじまんなんです。 ところが…………… きれいなはんてんを失ってしまったひょうが...
1,540円

追加:


ことばのこばこ
ことばのこばこ
【出版社HPより】しりとり、句読点遊び、回文、かぞえうた、なぞかけなど、18種類のことばあそびを、軽妙なタッチのイラストで楽しむ大型絵本。...
1,923円

追加:


ちびくろ・さんぼ
ちびくろ・さんぼ
【出版社HPより】本書は、1953年に岩波書店から発売され、 1988年に絶版になるまで、日本中のこどもたちに親しまれていた絵本です。 その後も復刊を望む声は多くありましたが、なかなか実現はされませんでした。 小社でも検討に検討を重ねた結果、その内容や文章表現に 何らの差別は無いと判断し、復刊することにしました。...
1,100円

追加:


ちびくろ・さんぼ 2
ちびくろ・さんぼ 2
【出版社HPより】ちびくろ・さんぼに、可愛い双子の弟ができました。 ふたりの弟の名前は「ちびくろ・うーふ」と「ちびくろ・むーふ」です。 「うれしいな! なんて なまえが いいかな?」 と ちびくろ・さんぼは いいました。 「うん、そうだ!ちびくろ・うーふと ちびくろ・むーふと いうのが いいや!」 絵は、五月に惜しくも亡くなられた漫画家の岡部冬彦さん。...
1,100円

追加:


ちびくろ・さんぼ 3
ちびくろ・さんぼ 3
【出版社HPより】ある日「さんぼ」は、ハチミツ採りにでかけました。途中で、おばあさんや不思議な本屋のおじいさんにであったり・・・ はたして「さんぼ」は無事にハチミツを採って帰れるのでしょうか?...
1,100円

追加:


わたしとなかよし
わたしとなかよし
【出版社HPより】世界中で大人気!ナンシー・カールソンの翻訳絵本 第二弾の登場です。 人づきあいの第一歩は、まず、自分を好きになること。親友はわたし自身。 わたしには、すてきなともだちがいるの。それはね・・・わ、た、し、!...
1,430円

追加:


Life(ライフ)
Life(ライフ)
【出版社HPより】ある冷たい風の吹く日、一人のおばあさんが町外れにある『Life』という小さなお店にやってきました。『Life』は、お店と言ってもなにかを売っている普通のお店とは違います…。...
1,430円

追加:


としょかんねずみ
としょかんねずみ
【出版社HPより】サムは図書館に住むねずみです。子どもの調べものコーナーのうしろの小さな穴の中で暮らしています。サムは、とにかく本を読むのが大好き。いろいろな本をたくさん読んで、とうとう素晴らしい事を思いつきました。「自分で本を書いてみよう!」 書けば、誰かに読んでもらいたいもの。サムは、夜のうちにこっそり、自分の本を図書館の棚に並べてみました。すると、その本を読んだ子どもたちに大人気!...
1,760円

追加:


みにくいおひめさま
みにくいおひめさま
【出版社HPより】むかし、あるとおい王国に、ひとりっこの王女がいました。 名前をエスメラルダといい、ただひとつのことをのぞけばせかい一しあわせな王女でした。 ただひとつ、美しさだけを手に入れることができなかった王女のため、 王さまと王妃さまは国中にお触れをだしました。 『きりょうのわるいむすめを、うつくしいむすめにかえることができたものには、ほうびとして、きんのはいったさいふをとらせる。...
1,650円

追加:


ふたごのカウボーイ
ふたごのカウボーイ
【出版社HPより】ふたごのネッドとドニーは、にわでカウボーイごっこをするのが大すきです。ある日、ドニーがいいました。 「きょう、ぼくは、カウボーイのスティーブになる。ネッドは?」 「じゃあ、ぼくは、カウボーイのジムだ」と、ネッドはこたえました。 「よし、ジム。いまから、おたずねものや、どうぶつを見つけにいこう!」 ふたりは、てをつないでしんごうをわたり、商店街をぬけ、とおりにでますが……。...
1,430円

追加:




人情横丁