【読書のすすめ小川の今が旬!】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【読書のすすめ小川の今が旬!】




商品画像 品名- 価格

弱さのちから〜危機の時代を生き抜くための叡智がここに。
弱さのちから〜危機の時代を生き抜くための叡智がここに。
若松英輔著◆当店大人気!批評家の若松英輔氏の最新刊のテーマは、ズバリ「弱さ」です。しかも、この「コロナ禍」をどう考え、どう生きるか?という、今が最も狃椨瓩1冊になっているのですが、さすがは若松氏の本で、逆のものさし的に、1冊まるごと「弱さ」に焦点を当て、これからのキーワードと捉えている見方・考え方は、頷くところばかりでした。この「コロナ禍」で、自分との向き合い方、人との向き合い方、弱さとの向き合...
1,430円

追加:


【入門におすすめ!】「ティール組織」の源(ソース)へのいざない
【入門におすすめ!】「ティール組織」の源(ソース)へのいざない
嘉村賢州著、天外伺朗著◆2020年3月の成幸読書『「人類の目覚め」へのガイドブック』や、『実存的変容』、そして、今も人気の『ティール時代の子育ての秘密』などで有名な、天外伺朗氏が、『ティール組織』の解説者...
1,925円

追加:


【タテ糸名著の復刻版!】存在の詩
【タテ糸名著の復刻版!】存在の詩
OSHO著、星川淳訳◆1977年に出版された本書は多くの人たちの生き方を変え、書店に「精神世界」のジャンルを確立するほどのブームを引き起こした。1987年以来絶版となっていた幻の講和録が復刊。これまで一般にはとうてい手の届かなかったチベット密教の奥義『マハムドラーの詩』を題材に、現代インドの覚者OSHOがその究極の体験を解き明かした決定版!なんと、短いチベット密教の奥義の詩に対して、660ページも...
2,970円

追加:


【本物名著の読みやすい新版!】インテグラル・ヨーガ
【本物名著の読みやすい新版!】インテグラル・ヨーガ
スワミ・サッチダーナンダ著、伊藤久子訳◆以前より読書のすすめにて大人気の『あるヨギの自叙伝』と双璧をなすという程、有名なヨガの古典的名著『インテグラル・ヨーガ』が、旧版より読みやすくなって、新版になったので、いよいよ読書のすすめにも入荷です。これまた、読書のすすめにて大人気の『生きた仏教』の実践版『仏教ヨーガ入門』が、再入荷したタイミングでもあるので、『仏教ヨーガ入門』も一緒に読むと、効果倍増です...
2,420円

追加:


【実は、成幸読書第1号!】愛語 山田無文老師説話集
【実は、成幸読書第1号!】愛語 山田無文老師説話集
山田無文著◆『耆に学ぶ』の著者で茶人の吉田晋彩先生が、禅を学ぶ上で一番最初におすすすめしてくださるのが、山田無文老師の本で、そんな山田無門老師の全集の中から、大切なエッセンスの部分爐世鵜瓩鬚泙箸瓩神睿箪犬、こちらの『愛語』です。そして、実は、お陰様で170号以上続いている、成幸読書の選定本の第1号が、『愛語』でした。発売から15年経っても、全く古くならないタテ糸の知恵が満載で、まさに読む坐禅とい...
1,980円

追加:


【名著『愛語』の姉妹本!】和顔 山田無文老師説話集
【名著『愛語』の姉妹本!】和顔 山田無文老師説話集
山田無文著◆『耆に学ぶ』の著者で茶人の吉田晋彩先生が、禅を学ぶ上で一番最初におすすすめしてくださるのが、山田無文老師の本で、そんな山田無門老師の全集の中から、大切なエッセンスの部分爐世鵜瓩鬚泙箸瓩神睿箪犬、こちらの『和顔』です。発売から15年経っても、全く古くならないタテ糸の知恵が満載で、まさに読む坐禅というような、ドクスメ定番の本物名著です。まだお読みでない方は、この機会に是非♪※ちなみに、姉...
1,980円

追加:


奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの
奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの
久住邦晴(くすみ書房・店主)著◆「なぜだ!? 売れない文庫フェア」「中高生はこれを読め!」「ソクラテスのカフェ」……ユニークな企画を次々と生み出し、地元はもちろん、遠方からも愛された札幌・くすみ書房の店主。閉店後、病が発覚し、2017年8月末、他界。その著者の遺稿を完全収録。生前、久住さんと親交の深かった中島岳志さん(東京工業大学教授)が解説を担当。―「くすみ書房の「なぜだ!?...
1,650円

追加:


シェフを「つづける」ということ
シェフを「つづける」ということ
井川直子◆「10年で奇跡 30年で伝説」イタリアで修業した15人、その後の「10年」を追う。2000 年代、シェフになることを夢見てイタリアに渡った若者たちが、不景気とそれぞれの人生の現実に直面し苦闘する10...
1,980円

追加:


誰も気づかなかった〜詩人長田弘がそっと遺してくれた断章
誰も気づかなかった〜詩人長田弘がそっと遺してくれた断章
長田弘著◆詩人長田弘氏の没後五年を機会に、書き残しながら本にまとまらずに終わった断章の連作「誰も気づかなかった」と、「夜の散文詩」シリーズの5篇を小さな本として刊行。「本があった。/しかしそれが本だと、/ここにいる誰も、気づかなかった。/本は読まれなかったからである。」このようなリズムをそなえた箴言と、晩年の景色を記した散文詩。長田弘さんがぜひ伝えたかった思索の結晶を傍らに置いて、何度でも読みかえ...
1,980円

追加:


復路の哲学〜されど、語るに足る人生
復路の哲学〜されど、語るに足る人生
平川克美著◆当店大人気!『「消費」をやめる』などの本で有名な平川克美さんの2014年に出版された、知る人ぞ知る隠れた名著がこちらの『復路の哲学』です→「日本人よ、品性についての話をしようじゃないか。成熟するとは、若者とはまったく異なる価値観を獲得するということである。政治家、論客、タレント……「大人になれない大人」があふれる日本において、成熟した「人生の復路」を歩むために。日本人必読の一冊! !...
1,760円

追加:




人情横丁