【かつての名著復活!】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【かつての名著復活!】


読書のすすめにて、かつて大人気!だった本を改めて皆様にご紹介する本棚です。 かつてのおすすめ本でも、多くは絶版になっている本も多かったのですが、 奇跡的に在庫があり、今こそ皆様にも読んでいただきたいかつての名著を揃えました!


商品画像 品名- 価格

おれの師匠 OD版----山岡鐵舟先生正伝
おれの師匠 OD版----山岡鐵舟先生正伝
小倉鉄樹著◆藤平光一著「氣の威力」を 読むとこんな下りがあります。 「病気を抱えて不安な日々をすごしているうちに、「こんなことではいけない」と 強く感じはじめた。そこで、床から起き上がれるようになると、 手当たり次第に本を読むようになった。家の土蔵にはいくらでも本が あったので、「論語」「孟子」から、聖書、古今東西の偉人伝など、 ためになりそうだと思った本は片っ端から読んだ。...
5,400円

追加:


【増刷決定!】くもの糸-北御門二郎聞き書き〜真の5%の人になる本
【増刷決定!】くもの糸-北御門二郎聞き書き〜真の5%の人になる本
北御門二郎 南里義則著【※初回入荷分があっという間に売り切れてしまい、出版社さんんに確認したところ品切とのこと。何とか増刷をお願いしたところ、9月30日に出来上がる予定で増刷が決定しました!10月初旬に入荷予定。現在ご予約受付中です。】◆「すぐに結果を求めない生き方」 の中に、北御門二郎という人物のことが書かれていることを ご紹介しました。そこから【イワンの馬鹿】【愛あるところに神あり】...
2,592円

追加:


《唯識》の読み方---凡夫が凡夫に呼ぶかける唯識 新装POD版
《唯識》の読み方---凡夫が凡夫に呼ぶかける唯識 新装POD版
太田久紀著◆心の問題というのは、いつの時代でもどこの国でも、 解決するにはなかなか大変な問題となっている。 西洋の心理学でも、近頃は大きな壁にぶつかっていると聞く。 所謂、潜在意識というやつが、顕在意識が判断する0.35秒前に すでに予知して判断しているという分析結果が出てしまったということだ。 分析を得意とする西洋科学にとっては、理解しがたい結果が...
6,480円

追加:


皇室と日本--- 敗戦後皇室論議の要諦
皇室と日本--- 敗戦後皇室論議の要諦
津田左右吉著◆津田左右吉(そうきち)という人物をご存知だろうか。 明治6年生まれ。ぼくが産まれた昭和36年に亡くなっている。 日本史学者であったが、あまりにも本当のことを言っちゃうので、 出版した本は発禁となり、起訴されお上に捕まっている。 昔の学者は骨がある。まったく逆のものさしを持って恥じない。 そんな気骨の男が「皇室と日本」について、大いに語っている 貴重な本があった。...
7,452円

追加:


鈴木大拙講演集--- CD版禅ー東洋的なるもの(全4巻セット)
鈴木大拙講演集--- CD版禅ー東洋的なるもの(全4巻セット)
先程、岩手から清水店長のファンです!という珍しい方が ドクスメに来てくださいました。もちろん男性です。(笑) 聞くと【魂の燃焼へ】を読んでくださったようです。 いままで一冊も本を読んだことがなかったそうです。 40歳になってこれじゃいけないと思い、読むようになったとのことです。 しかし、【魂の燃焼へ】に書かれているような難しいと思われる本には 中々手が届かないんだとおっしゃっておりました。...
14,040円

追加:


幻の「商売繁盛」「人生繁盛」の名著2冊セット!
幻の「商売繁盛」「人生繁盛」の名著2冊セット!
清水店長がとある出版社の方からご紹介いただいた幻の漫画『小料理みな子―傑作選』と『看板のない居酒屋』の著者直筆サイン本のセットになります。◆「先日、あるお世話になっている出版社の美人編集者M女史から 電話があったんです。 「ねえねえ、店長知ってる?【看板のない居酒屋】の岡村浪漫を モデルにした幻のマンガあるのよ。一冊手に入れたから読んで」 というのです。...
2,700円

追加:


小料理みな子傑作選―看板のない居酒屋をモデルにした幻のマンガ
小料理みな子傑作選―看板のない居酒屋をモデルにした幻のマンガ
みやたけし著◆先日、あるお世話になっている出版社の美人編集者M女史から 電話があったんです。 「ねえねえ、店長知ってる?【看板のない居酒屋】の岡村浪漫を モデルにした幻のマンガあるのよ。一冊手に入れたから読んで」 というのです。 聞くと「幻のマンガ」といういい方は、決して大げさなことではなく、 うちのライバル会社では五万円で売られているんですって。...
1,188円

追加:


二十歳の原点 新装版---二十歳、最後の日記
二十歳の原点 新装版---二十歳、最後の日記
高野悦子著◆本書は1970年代に若者たちの間でベストセラーとなった高野悦子著『二十歳の原点』三部作の『二十歳の原点』新装版です。二十歳と6か月で、その生涯を自ら閉じた著者が最後に過ごした半年間を克明に綴った日記です。若さゆえのさまざまな悩みを抱え、つねに自分自身に問いかけ、自己に求め続けたその姿は、時代を超えて、私たちの胸を打たずにはいられません。痛々しいまでの純粋さとは、普遍性を持った文学的なテ...
1,490円

追加:


謎言葉の書 老子---「道」を世に問わねばならぬ恐るべき時代がくる
謎言葉の書 老子---「道」を世に問わねばならぬ恐るべき時代がくる
西洋思想は終わったなどと偉そうなことをはばかりなく 言っておりますが、私たちが住むこの日本の問題解決や、 後世のためにさらなる成長をするためには、東洋思想の 復活が必要だと感じるからなんです。そんな中、「老子」について 何か面白い本はないかな〜と考えておりました。 そこで、安岡正篤氏の命令一言で創られた出版社の 「明徳出版社」の方に問い合わせてみると、...
2,160円

追加:


【祝名著復活!】初版昭和34年 楽園
【祝名著復活!】初版昭和34年 楽園
後藤静香著◆清水店長もドクスメスタッフも全員が後藤静香さんの『楽園』と『権威』にはビックリした。 〜「人生は楽園なり」これが私の大前提である。私の過去にも幾多の波乱曲折があった。幼い日に父を失い、中学時代には家がまる焼けになった。もともと虚弱体質で、わずかの無理がすぐさわる。経済的にも苦しみ、借金の味も知りぬいている。兄弟も三人失い、愛していた妻は、五才の女児と三才の男児とを残して、あの世に急いだ...
1,080円

追加:




読書普及協会