見えないものを見る! :
読書のすすめ    カートを見る      

見えないものを見る!




商品画像 品名- 価格

令和は「陰」の時代---「自然」「禅的」 「道(タオ)」3冊セット
令和は「陰」の時代---「自然」「禅的」 「道(タオ)」3冊セット
「機械論的思考」と「有機体的思考」とは、 陽と陰の関係にある。 多くのこと、例えば、教育・健康・社会秩序・ あきない等、すべてを一つの部品に見立てて、分析し 理解しようというのが「機械論的思考」だ。 これは陽的思考であって、陰陽は陰から回転される。 陰的な「有機体的思考」からすべての出来事は 生まれるのであって、これが無視されていては すべてが逆さまであり、矛盾不具合が生じて...
6,710円

追加:


タオは笑っている 改訂版 〜愉快な公案集
タオは笑っている 改訂版 〜愉快な公案集
レイモンド・M・スマリヤン著、桜内篤子訳◆理論理学者として名を馳せながら、老荘思想や禅に精通するスマリヤンが、タオイズムを平明に解く47編。曖昧で、いい加減で、包容力ある東洋の知恵は、日々を忙しく送る私たちに、さりげなく軽やかな生き方を指南してくれる。1981年刊行以来のロングセラーの復刻版!『この本の名は?』『スマリヤンのゲーデル・パズル』などを著し、数理論学者として知られるスマリヤン。だが一方...
2,200円

追加:


新ターニング・ポイント〜ポストバブルの指針
新ターニング・ポイント〜ポストバブルの指針
F・カプラ著、吉福 伸逸訳◆ポスト冷戦時代の地球市民の課題の見えない政治・行政、ポストバブルの指針をうちだせない経済モデル、生命体を部品と見なし、薬とテクノロジーの濫用に暴走する医療、人にやさしくすることが富と見なされない社会…。現代社会のすみずみにまで浸透する機械論的な世界観の限界を徹底的に洗いだし、21世紀への価値観の転換を示す待望の書!1 危機と変易(変わりゆく潮流)...
2,090円

追加:


タオ自然学
タオ自然学
F・カプラ著、吉福 伸逸訳◆タオイズムの陰と陽に、粒子と波動性の相補性を重ね合せ、踊るシヴァ神の姿に素粒子のコズミックダンスを見る。気鋭の理論物理学者による、 東洋と西洋の自然観を結ぶ壮大かつ魅力的な試み。...
2,420円

追加:


うしろめたさの人類学---分断されがちな社会をつなぎなおす力
うしろめたさの人類学---分断されがちな社会をつなぎなおす力
松村圭一郎著◆最近とくに顕著なのが、本来目には見えないモノをなんとかして、数値化したり、「科学的」といわれる思考を駆使して「目に見える化」して「測れるモノ」にしないと納得できないような考え方が強すぎるのではないか。こういった思考法を「理解」という。それとは逆に、人間の五感や直観によって「見えないモノ」を捉えて、考えていくことを「理会」という。これらはそもそもコインの裏表の関係であって、どちらもバラ...
1,870円

追加:


こころを温めます---見失ったニッポンの心意気
こころを温めます---見失ったニッポンの心意気
【2020年5月成幸読書選定本】澁谷隆阿著◆日本文化の一つに『道歌』というものがあります。 ご存知でしょうか? 日本独特の文化である『和歌』のリズムにのせて、 教訓となる言葉を歌ったものが『道歌』です。 これらは、学者や偉い人が歌ったものではなく、 庶民が実経験から出来上がった知恵なのです。 「手や足や 汚れは常に 洗えども こころの垢を 洗う人なし」 なんか今の時代にぴったりでしょ。...
1,466円

追加:


この人の生き方に学ぶ---情熱とは何かを教えてくれる八名の人生
この人の生き方に学ぶ---情熱とは何かを教えてくれる八名の人生
澁谷隆阿著◆「節談説教」ならではの超面白い 本があります。ここに登場する八名とは、 良寛上人・鑑真和上・鉄眼禅師・摺石宥然・山本玄峰・池田勇人・大石順教・弘法大師。 変化が激しいとき、頭で考えて動くようじゃ 遅すぎるし、たいした智慧は浮かばないものです。 それよりなにより重要なのは、損得を超えた 「情熱」であると、この本の登場人物に 触れられたおかげで確信がもてました。...
897円

追加:


ゴリラからの警告---「人間社会、ここがおかしい」
ゴリラからの警告---「人間社会、ここがおかしい」
山極寿一著◆京大総長にしてゴリラ研究の第一人者である著者が、 霊長類の視点から現代日本の問題点をあぶり出し、 その解決策を提案する一冊。 既存の枠にとらわれない新しい価値観はどのように生み出していけるのか。「個」が強調される中、信頼に足る家族・コミュニティーをいかに作り上げることができるのか。みなの声に耳を傾ける社会を実現するには、どうすればよいのか。...
1,540円

追加:


贈与論---資本主義を突き抜けるための哲学
贈与論---資本主義を突き抜けるための哲学
岩野卓司著◆「もの」を交換し社会を営んできた人間。狩猟採集から農耕への移り変わりとともに「貨幣」を生み出し、資本主義というシステムを作り上げた。等価交換から生まれたシステムは、いまや行き詰まりをみせ、新たな段階を模索している。例えば、ボランティア、臓器移植、ベーシック・インカム、自然エネルギー……。行為や思想の根底に、交換ではなく見返りを求めない「ただ与える」という贈与の精神が存在していると思われ...
3,080円

追加:


新版 びろう葉帽子の下で〜33年前の代表的詩集が復活!
新版 びろう葉帽子の下で〜33年前の代表的詩集が復活!
山尾三省著◆詩あるいは歌は、絶望に耐える希望あるいは祈りとして太古以来つくられ続けてきた。日常の中で非日常的な時をつづった詩人・山尾三省の代表作。「歌のまこと」「地霊」「水が流れている」「縄文の火」「びろう葉帽子の下で」と題された、全5部247篇を集成した1987年刊の新版。あらたに文化人類学者・批評家の今福龍太の序がまた沁みます。『アニミズムという希望』の講義の中でもお話されてますが、詩集なのに...
2,860円

追加:




読書普及協会