見えないものを見る! :
読書のすすめ    カートを見る      

見えないものを見る!




商品画像 品名- 価格

宇宙一美しい奇跡の数式 「0=∞=1」偉大な発見は大胆な憶測から
宇宙一美しい奇跡の数式 「0=∞=1」偉大な発見は大胆な憶測から
ノ・ジェス著◆今東西の哲学者や宗教家が追い求めてきた「悟りの境地」。 しかしそれは、修行などを重ねた本人が到達できても、 それをうまく他者に伝えることができない、とても難しい概念でした。 本書は脳科学や量子力学などの側面から人間が持っている 固定観念を分析し、そしてそれを解体する一冊です。 著者は「悟り」とはなにかを科学的に考え抜き、 それを端的に表現する方法を見つけたのです。...
1,728円

追加:


満月の法則---「鏡の法則」や「原因と結果の法則」を超える
満月の法則---「鏡の法則」や「原因と結果の法則」を超える
佐藤康行著◆「本書を一読するだけで、その問題が瞬時に解決すると言ったら、どうでしょう。 「本当の自分」を知ることができれば、 生きていることのありがたさ、素晴らしさといったものが体感できるようになります。 どんな苦しみや迷い、悩みであっても一瞬のうちに消え失せます。 それだけではありません。読めば読むほど心が浄化され、運命が好転します。 過去も他人も未来も、自由に変えられます。...
1,728円

追加:


「無心」という生き方---真逆のものさし
「無心」という生き方---真逆のものさし
形山睡峰著◆最高のパフォーマンスを人がしたとき 「無心でした」とよく言います。さて、無心とは なんでしょう?もし、無心になれるならなったみたい。 誰もがそう思うはずです。しかし、そうは言っても 大変な修行でもしなきゃとても「無心」だなんて なれないんじゃないの?そう思われるのも ごもっともです。私もそう思います。いや、思っていました。 この本を読むまでは。...
1,512円

追加:


見えないものを見る!清水克衛セレクト7月のおすすめ3冊セット!
見えないものを見る!清水克衛セレクト7月のおすすめ3冊セット!
―『小泉八雲「心」』、水木しげる著『幸福のモト...
5,400円

追加:


ゲゲゲのゲーテ---人生が豊かになるゲーテの格言・箴言・警句の数々
ゲゲゲのゲーテ---人生が豊かになるゲーテの格言・箴言・警句の数々
水木しげる 水木プロダクション著◆水木サンが最後に伝えてくれたのは、 人生を幸せに生き抜く智慧の詰まった、 珠玉の言葉の数々でした――。 「水木サンの人生は80%がゲーテです」と自ら語るように、 10代で出会い、死線を彷徨った戦場にも密かに携え、 暗唱できるほど繰り返し読んだ『ゲーテとの対話』。 ドイツの文豪・ゲーテが創作、社会、仕事、そして人生について語った、...
896円

追加:


幸福のモト人生のモト---見ないものを見る力 力の抜けた幸福論
幸福のモト人生のモト---見ないものを見る力 力の抜けた幸福論
水木しげる著◆ ゲゲゲの鬼太郎、目玉おやじを生みだした天才漫画家・水木しげる先生が教えてくれる、人生のヒント、幸せのヒント。  本書は、フツーの人生論とは、ひと味違う! 本音の生き方のヒント、力の抜けた幸福論です。...
1,296円

追加:


【見えないものを見る!】水木サンと妖怪たち---うふふ・・・見えな
【見えないものを見る!】水木サンと妖怪たち---うふふ・・・見えな
水木しげる著◆妖怪は世界中にいて、しかも似ている。同じ霊が形を変えているらしい…。「世界には不思議なことが多すぎて、楽しい」と言った水木しげるさんが、世界中の”不思議”を経験する旅に出た時のお話しが満載です。妖怪はこの日本ではもういなくなってしまったようです。そのおかげで「幽玄」という日本人が大切にしてきた感覚もなくなりました。水木サンの体験を元にまたまた「幽玄」の心を取り戻しましょう!今、清水店...
1,512円

追加:


ラフカディオ・ハーン 新編日本の面影---日本の原点にふれる
ラフカディオ・ハーン 新編日本の面影---日本の原点にふれる
ラフカディオ・ハーン  池田雅之著◆私は今、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の「日本の面影」の“日本人の微笑”を読んで、 日本人とはこういう民族だったのか!と、その驚きと喜びに包まれています。 120年前の開国したばかりの明治の始め、日本を訪れた外国人には日本人の浮かべる微笑みが、“馬鹿にされている、我慢がならない”と、多くの誤解を生みました。 日本人の微笑みは、...
1,663円

追加:


小泉八雲『心』---日本の内面生活がこだまする暗示的諸編
小泉八雲『心』---日本の内面生活がこだまする暗示的諸編
ラフカディオ・ハーン 平川祐弘著◆この本は、ご存知、「小泉八雲」ことラフカディオ・ハーンが、 日清戦争の勝利に沸く時代の、日本の庶民の観察によって書かれた 「日本人とは?」という問いのエッセイ集です。 「大きい声で、自分の正しさを主義主張する人間を簡単に 信じてはいけないよ。それは自分に自信のない嘘つきがとる 野暮な行為だからだ。」 この言葉は亡くなった親父の言葉の一つです。...
2,592円

追加:


死者は生きている---「見えざるもの」と私たちの幸福
死者は生きている---「見えざるもの」と私たちの幸福
町田宗鳳著◆以前ご紹介して大反響の若松英輔著【死者との対話】 ですが、読まれたかたいかがでしょう? コペルニクス的転回に仰天されたのではないでしょうか。 そして、またまたさらに仰天してほしいので こちらの本もぜひ読んでみてください! 過去の人間、特に日本人は、「見えないもの」を信じ、 そして大切にしていたのだと思うのです。 それが、いつの間にか「見えないもの」は...
1,728円

追加:




人情横丁