【今こそ!若松英輔氏&池田晶子】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【今こそ!若松英輔氏&池田晶子】




商品画像 品名- 価格

総幼稚化の現代人に贈る 14歳の君へ---どう考えどう生きるのか
総幼稚化の現代人に贈る 14歳の君へ---どう考えどう生きるのか
池田晶子著◆執行草舟著「生命の理念」をお読みになって、 相当多量の毒を喰らって、ヘロヘロになっている方も 多いんじゃないでしょうか。私も自慢じゃありませんがその一人です。(笑) 未だ読まれていない方は是非読んでみましょうね。 さて、この本に下記のようなことが書かれています・ 「二十一世紀に入ってからの日本は、国民の総幼稚化が急激に 進んでいることは、誰の目にも明らかだと思います。中略...
1,234円

追加:


夏の花---近代日本史に残る一作「若松英輔氏オススメ本」
夏の花---近代日本史に残る一作「若松英輔氏オススメ本」
原民喜著◆ 若松英輔著【生きる哲学---「考える前に「動け」!」】 この本の中で下記のようなことが書かれています。 「仕事帰り、地下鉄の改札を通ろうとしたとき、 突然、原民喜(1905〜1951)の「夏の花」が無性に 読みたくなって書店に立ち戻った。 職場は、大きな書店が立ち並ぶ地域にある。 自宅には、全集も、異なる出版社から 出ている文庫も揃えてあるのだが、それでも今、...
1,080円

追加:


詩集 見えない涙〜若松英輔さん最新刊!
詩集 見えない涙〜若松英輔さん最新刊!
若松英輔著◆当店でも『悲しみの秘義』、『言葉の贈り物』などが大人気の若松英輔さんの最新刊は、若松英輔さん初の詩集になります。まずは、この本の「あとがき」をお読みください→「詩を本当に読むようになったのは、厄年を越えてからである。それまでは、興味や関心の赴くままに手にするだけで、詩を愛するということがなかった。世に詩人として記憶されている人々の作品に義務感のような思いで接していた。それは、世間が狭く...
1,944円

追加:


【限定20冊!著者直筆メッセージ入り特性カード付】言葉の贈り物
【限定20冊!著者直筆メッセージ入り特性カード付】言葉の贈り物
若松英輔著【限定20冊!出版社の方より20冊限定で著者直筆メッセージ入り特製カードを封入した特装版の『言葉の贈り物』を送っていただきました。※本の帯のところに若松さんの直筆メッセージ入り特製カードを入れて、プレゼント用にもお使いいただけるようにラッピングもされたスペシャルな特装版です。大切な方へのプレゼントにはもちろん、ご自分へのご褒美にも♪冊数限定の早い者勝ちなので、気になる方はお早めにご注文く...
1,620円

...詳細
売り切れ


言葉の贈り物---困難を抱える全ての人に捧げる言葉の守り札
言葉の贈り物---困難を抱える全ての人に捧げる言葉の守り札
若松英輔著◆今日発売になった若松英輔さんの新刊、 さっそく朝から読み始めたのですが、 こりゃーみなさん!すぐに読んだ方がいいですぜ!! 世の中に流れる大きな「空気」はいつもウソをつくものです。 この本にゃあそれを破りぬく力がありました。 真の5%の人になるために一刻も早くお目通しを! 当店のライバル会社、ア●ゾンのほうが早く手に入るかも しれませんが、あんまりにも面白い本なので...
1,620円

追加:


石牟礼道子 『苦海浄土 全三部作』----魂の言葉 若松英輔氏オスス
石牟礼道子 『苦海浄土 全三部作』----魂の言葉 若松英輔氏オスス
石牟礼道子著◆『苦海浄土』は、「水俣病」患者への聞き書きでも、ルポルタージュでもない。患者とその家族の、そして海と土とともに生きてきた不知火の民衆の、魂の言葉を描ききった文学として、“近代”なるものの喉元に突きつけられた言葉の刃である。半世紀の歳月をかけて『全集』発刊時に完結した三部作(苦海浄土/神々の村/天の魚)を全一巻で読み通せる完全版。 [新版あとがき]石牟礼道子...
4,536円

追加:


人生のほんとう---人生とは何かという問いを一生持たずに死ぬ人もい
人生のほんとう---人生とは何かという問いを一生持たずに死ぬ人もい
「人間が痴呆化しています。しかもそれが非常な勢いで増えている。 目前のことしか見ていない。短絡というのも違う、たんに目前のことしかない。 これはもう生き方とも言えないし、そういう人々を見ていると、 ちょっと呆然とする感じがあります。」 以上、池田晶子著【人生のほんとう】より。 池田晶子さんの著作はほんと逆のものさし的で面白い。 この本は、あるカルチャーセンターで彼女が授業をした...
1,296円

追加:


【吉村萬壱著】生きていくうえで、かけがえのないこと
【吉村萬壱著】生きていくうえで、かけがえのないこと
吉村萬壱著◆若松英輔さんの「 生きていくうえで、かけがえのないこと 」 を読んだ方はこちらの本も読んでみたい! と思われたのではないでしょうか。実は私もなんです。 芥川賞作家である著者が、 同じタイトルで、しかも25のテーマについて 若松さんと打ち合わせなしに書いてみるとどうなるのか? という大人っぽい洒落が効いた企画です。 25のテーマとは、 眠る 食べる 出す 休む 書く ...
1,404円

追加:


【若松英輔さん最新刊!】生きていくうえで、かけがえのないこと
【若松英輔さん最新刊!】生きていくうえで、かけがえのないこと
若松英輔著◆当店大人気!『悲しみの秘義』の著者若松英輔さんの最新刊が入荷しました!今回の『悲しみの秘義』と同じくエッセイ集になりますが、今回のエッセイは、悲しみの先に広がるより深い「コトバ」の意味や考え方の世界に導かれます。「眠る、食べる、出す、休む、書く、ふれる、悲しむ、喜ぶ、嘆く、老いる、読む、見る、聞く、ときめく、忘れる、働く、癒す、愛する、耐える、念ずる、待つ、憎む、見つめる、壊す、祈る」...
1,404円

追加:


無敵のソクラテス---真の5%の人になる本!
無敵のソクラテス---真の5%の人になる本!
池田晶子著◆いや〜すごい本だ。目が開かれる。著者がふんするソクラテスが 今に生きる私たちの矛盾をすっきりきっぱり解決する。 ソクラテスの有名な言葉「どんなことがあっても必ず結婚しなさい。もし良き妻を持てばあなたは幸せであり、もし悪妻であればあなたは哲学者になるであろう。」があるが、 ソクラテスと奥さんであるクサンティッペとの対話はもう最高です。...
3,024円

追加:




読書普及協会