【今こそ!若松英輔氏&池田晶子】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【今こそ!若松英輔氏&池田晶子】




商品画像 品名- 価格

あたりまえなことばかり----普通人は驚かない!
あたりまえなことばかり----普通人は驚かない!
「近代科学の始まりといわれるニュートン、 ああいう人は宇宙がどうなっているか知りたいと思い、 とりあえず宇宙を物資として、目に見えるものとして、 そちらの側からそれらを分析して、実証していこう という方法、謎への取り組みを始めたわけです。 けれども、今でこそ科学というのは、時にかなり 暴力的なものになっていますが、彼らにおいては、 謎が謎であることに対する謙虚さというのは強く...
1,980円

追加:


【詩集入門!】萩原朔太郎・室生犀星 日本語を味わう名詩入門
【詩集入門!】萩原朔太郎・室生犀星 日本語を味わう名詩入門
萩原昌好編◆現在おすすめ中の若松英輔さん最新刊『詩を書くってどんなこと?』と一緒にお読みいただきたい、「詩集入門書」です。実際に、詩集を手に取った方はよくお分かりだと思いますが、「詩」そのものを読むのは、文字からだけでは難しい部分が多いのが現実。そこで、今回、当店でも大人気の執行草舟著『友よ』の中でもご紹介されていた、萩原朔太郎氏、室生犀星氏という人物2人の詩を、背景や情景、作者の思いなどの解説付...
1,620円

追加:


無敵のソクラテス---真の5%の人になる本!
無敵のソクラテス---真の5%の人になる本!
池田晶子著◆いや〜すごい本だ。目が開かれる。著者がふんするソクラテスが 今に生きる私たちの矛盾をすっきりきっぱり解決する。 ソクラテスの有名な言葉「どんなことがあっても必ず結婚しなさい。もし良き妻を持てばあなたは幸せであり、もし悪妻であればあなたは哲学者になるであろう。」があるが、 ソクラテスと奥さんであるクサンティッペとの対話はもう最高です。...
3,024円

追加:


幸福に死ぬための哲学 池田晶子の言葉
幸福に死ぬための哲学 池田晶子の言葉
池田晶子著【2016年8月の成幸読書に決定しました!】※8月18日頃入荷予定。『14歳からの哲学』『知ることより考えること』『残酷人生論』『人生は愉快だ』も大人気!の著者池田晶子さんの著書約25冊から、「人生」「幸福」「自分」「善悪」「世の中」「老い」「死」というテーマに分けて書かれた池田晶子さんの入門にピッタリの名言集!若松英輔さんの『悲しみの秘義』や、池田晶子さんの書籍で、読書のすすめでも哲学...
1,080円

追加:


人生は愉快だ---あなたは「生を問う人」ですか?それとも?
人生は愉快だ---あなたは「生を問う人」ですか?それとも?
池田晶子著◆池田晶子さんの本はやっぱり面白い。 この本は特にオススメですよ! 第一章では、名前くらい知っているような有名な哲学者を 池田晶子さんの視点でぶった切ります。 自ら哲学者と名乗らない池田さんだから言えること。 これが実に愉快です。どんな偉人が登場するかというと・・・。 ブッダ・老子・荘子・孔子・イエス・ソクラテス・プラトン・ ピュタゴラス・ヘラクレイトス・エピクロス・デカルト・...
1,620円

追加:


読むと書く 井筒俊彦エッセイ集〜「死者論」を読む
読むと書く 井筒俊彦エッセイ集〜「死者論」を読む
井筒俊彦著、若松英輔編◆東洋思想と西洋思想との「対話」をつくり出そうとしていた世界的なイスラーム学者、言語学者である故井筒俊彦(1914–1993)によるエッセイ集が1冊に!初期のイスラーム研究、世界の言語、生い立ちや交流関係について綴った1939〜1990年まで、70篇を収録。井筒俊彦の「書いた」文章の中でも比較的読みやすく、本格的に井筒俊彦を「読もう」とした方に向けて、若松英輔さん...
6,264円

追加:


井筒俊彦――叡智の哲学〜「死者論」を読む
井筒俊彦――叡智の哲学〜「死者論」を読む
若松英輔著◆現在当店大人気!『死者との対話』(若松英輔著)の中で「死者論を読むブックリスト43」でご紹介の1冊がこちら!あれこれ説明するより、ブックリストの若松さんの紹介文をご覧ください。『死者との対話』や若松さんの本の理解がグッと深まりますよ!→「本書を書きながら、いつも傍らに感じていたのは幾人かの死者たちである。そこには近親者のほかに越知保夫と井筒俊彦も含まれる。また、私はそこで何人もの「未知...
3,672円

追加:


神秘の夜の旅〜「死者論」を読む
神秘の夜の旅〜「死者論」を読む
若松英輔著◆現在当店大人気!『死者との対話』(若松英輔著)の中で「死者論を読むブックリスト43」でご紹介の1冊がこちら!あれこれ説明するより、ブックリストの若松さんの紹介文をご覧ください。『死者との対話』や若松さんの本の理解がグッと深まりますよ!→「題名には書かれていないが、本書は、越知保夫の評伝と、彼が提示したなかでもっとも重要だと思われる四つのキーターム(「実在」、「死者」、「聖者」、「異端」...
2,700円

追加:


魂にふれる---私たちが悲しむとき、悲愛の扉が開く
魂にふれる---私たちが悲しむとき、悲愛の扉が開く
若松英輔著◆2012年3月に出版されたこちらの本。 東日本大震災で家を失ったり、愛する人を 失って、「悲しみ」という現実に向かう方々に 贈る著者からの手紙といっていい本なのですが。 この「悲しみ」は、人として生きる限り誰でもが 体験することであると思います。 なにかふわふわしている現代人にとって、 いつの間にか「悲しみ」とは、あまち良くないものと 漠然と感じている方が多いのではないでしょうか。...
1,944円

追加:


悲しみの秘義---人生には悲しみを通じてしか開かない扉がある
悲しみの秘義---人生には悲しみを通じてしか開かない扉がある
若松英輔著※4月20日限定20冊再入荷!この20冊が売り切れてしまうと、次回の入荷は増刷が出来上がり次第のゴールデンウィーク後を予定しています。今読みたい方は、お早めにご注文ください。◆「いい本というのは、読むだけで精神的量子が入ってくる」と『魂の燃焼へ』 の中で執行草舟先生が語っておられます。この本は著者の若松英輔のエッセイ集ですが、 読む者と魂の呼応をするような妙な心地よさを伴います。...
1,728円

追加:




人情横丁