「推定焚書本」 :
読書のすすめ    カートを見る      

「推定焚書本」


「焚書(ふんしょ)」とは、秦の始皇帝が、 医療、農業、占い以外の本は認めず すべて焼き捨て、そのような本を 書いた者は穴に埋めてみんな殺しちゃった。 このような「焚書」や「禁書」は歴史上 いくらでもある事実です。 日本でも、吉田松陰は、当時徳川幕府が 「禁書」とした砲術の本を命がけで求めて 長崎まで長い旅をしてまでも手に入れようとした 話しは有名です。 戦前、戦中、戦後の日本人の5%の人たちは、 ちゃんと時の権力者や政治家に都合が良くない本を しっかりと読んで時勢を把握する努力を怠りませんでした。 明治大正昭和の日本人がそうだったということは、 ≪中学生までに読んでおきたい哲学≫ を お読みになれば、それがよーく理会出来ると思います。 本日、北野武著≪新しい道徳≫ という本が ドクスメに大量に入荷いたしました。この本も、 時が時なら間違いなく”焚書”決定です。(笑) 世間様でも話題の本の様ですが、 帯にはこんなことが書かれていました。 「現代日本に一石を投じる、国民的道徳論!10万部突破!」 いつも思うのですが、 売れている、話題だと言っても、たかだか10万部です。 1億2000万人いる中の10万です。たいした数ではありません。 いまの日本は読書離れと言われて久しいですね。 いま、どなたが時の権力者か知りませんが、 戦時中のように、禁書にしたり都合が悪い箇所は黒塗りにしたりは されません。平和な時代だからでしょうか? いや違うと思いますよ。ぼくは。 本を読まない人が多いから、 禁書にするまでもないし、黒塗りしなくても大丈夫だと、 考えていらっしゃるのだろうと思います。 「愚民政策」というものがあります。 ウィキペディアにはこうありました。 「愚民政策(ぐみんせいさく)とは、人民の関心を政治に 向けさせないことを目的として、 意図的に人民を愚民化させるという政策。 一般的には人民が好み、熱中し続けるような娯楽を 提供し続けるという方策がとられている。」 これ、いまの日本ではないかと思いませんか? いや〜、いまの民主主義の世の中にそんなことなんて あるわけないじゃんと思いますか? でもね、この私のブログですが、以前このようなことを 書いたら、「不適切な言葉が含まれているので削除しました。」 っていう理由でかってに2回も削除されたんですよ。 これも明日になったら消されているかもしれません。 どこかにコピーでもしといてくださいね。(笑) ”読書のすすめ”または清水克衛とご縁をもって しまった方は、出会ったからしょーがないとあきらめていただき(笑)、 焚書になりそうな真の5%の人になるための本を読んでみたください。 だって嫌でしょ。どこかの誰かに動かされるのって。 世がよなら「焚書」になりそうな「推定焚書本」を 下記にお知らせしておきましょう。


商品画像 品名- 価格

唯幻論始末記---わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか
唯幻論始末記---わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか
岸田秀著◆1977年に『ものぐさ精神分析』として出版されて以来、 熱狂的な支持と一部の反対・批判にもさらされてきた「唯幻論」。 著者の岸田秀は本書の「あとがき」でこう書きました。 「いつ死んでもおかしくない歳になったし、記憶力や判断力が衰えてきたようなので、 もう次の新しい本を書くことはないであろうという気がするから、...
1,944円

追加:


ゴーマニズム宣言2nd第1巻---最後の戦いが「より共謀に」始まる
ゴーマニズム宣言2nd第1巻---最後の戦いが「より共謀に」始まる
小林よしのり著◆あの『ゴーマニズム宣言』が、23年ぶりに『週刊SPA!』に復活!! 小林よしのり、最期の戦いが「より凶暴に」始まる! 1995年、オウム真理教事件への報道姿勢の違いから『週刊SPA!』と決別した小林よしのりさんが、23年のときを経て『ゴーマニズム宣言』の連載を再開し、『週刊SPA!』に復活しました(2018年4月から)。...
1,296円

追加:


【読書普及協会メルマガより】新復興論---復興なんて中退してしまえ
【読書普及協会メルマガより】新復興論---復興なんて中退してしまえ
【NPO法人読書普及協会メルマガより、福島在住理事藤田大氏オススメ】小松理虔著 ◆福島県いわき市小名浜に「小松理虔」という男がいる。 この地で生まれ、上京して大学を卒業後マスメディアの仕事につき、 中国でも何年か仕事をしていてニーハオ感も持ち合わせている。 彼と知り合ったのは2013年だっただろうか。 津波と風評被害でガタガタになったいわき市永崎地区に...
2,484円

追加:


【10冊再入荷!】ゴー宣道場鞠鯊咫膳法入門に最適の書!
【10冊再入荷!】ゴー宣<憲法>道場鞠鯊咫膳法入門に最適の書!
小林よしのり×井上達夫×山尾志桜里×駒村圭吾×曽我部真裕著◆当店大人気!漫画家小林よしのり氏が主宰する思想の道場「ゴー宣道場」。2018年2月から開催されている、立憲民主党の山尾志桜里議員と、日本を代表する憲法学者をゲスト講師に迎えた、憲法問題を考えるシリーズが待望の書籍化です!入門編となるI巻「白帯」編では、実は、読書のすすめも書籍販売で伺っていた、慶應義塾大学法学部の駒村圭吾氏、京都大学法学部...
1,620円

追加:


司馬遼太郎 「昭和」という国家---日本の明日を創るために
司馬遼太郎 「昭和」という国家---日本の明日を創るために
司馬遼太郎著◆「日本という国の森に、大正末年、昭和元年ぐらいから敗戦まで、魔法使いが杖をポンとたたいたのではないでしょうか。その森全体を魔法の森にしてしまった。発想された政策、戦略、あるいは国内の締めつけ、これらは全部変な、いびつなものでした。魔法の森からノモンハンが現れ、中国侵略も現れ、太平洋戦争も現れた。」司馬遼太郎が、軍部官僚の「統帥権」という“正義の体系”が充満して、国家や社会をふりまわし...
1,253円

追加:


新版 世界はこうなる 上下巻---最後の革命
新版 世界はこうなる 上下巻---最後の革命
ハーバート・ジョージ・ウェルズ 吉岡義二著◆「一九八四年」という未来小説が今話題だが、この本もすごい!21世紀の世界はどうなるか。レーブン博士という仮想の人物が西暦2106年という地点からふり返って、世界歴史を記憶するという形式で描かれたこの人類の未来図は、恐るべき精緻な予言に彩られている。上巻では自由競争と貨幣制度が招いた現代の危機感を卓抜な歴史観を背景に科学的に分析し、今日、真に世界が直面して...
4,928円

追加:


浄土に学ぶ〜心のなかにを持って生きる
浄土に学ぶ〜心のなかに<浄土>を持って生きる
ひろさちや著◆人生を見直す読書のすすめでも大人気のシリーズで第3弾!テーマは、「浄土にまなぶ」阿弥陀仏と極楽浄土の教えを、死後の世界の「葬式仏教」ではなく、法然・親鸞の言葉から狎犬方の力瓩吠僂┐討い方法を解説。この本の中に、面白い例えが書いてありました。「人は死んだらゴミになる」と考えた、ある検察官。そして、死ぬ前にそれぞれが思い思いの星を指さして、「自分は死んだらあの星に住む」と考えた、ポリ...
1,836円

追加:


どちりな きりしたん---一度焚書となり歴史の中で埋もれていた本
どちりな きりしたん---一度焚書となり歴史の中で埋もれていた本
水野聡訳◆政治家やアメフトの監督など、彼らは平気でウソをつく。 しかし、こういった人種はウソをつくことなんて悪いこと等とはぜったいに思わない。 人は自分が信じたことを正当化しようと思考する。だから、不都合なことは記憶にないのである。 そういう彼らが信じ守ろうとするのは、資本主義のルールだ。唯一守らなければならない掟(ものさし)だと...
3,218円

追加:


【見識を磨く】人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?
【見識を磨く】人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?
堤未果 佐治晴夫著◆タイトルともなっている「人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?」、そして「なぜ、戦争はなくならないのだろうか?...
1,296円

追加:


【見識を磨く】政府は必ず嘘をつく 増補版---逆のものさし講選定本
【見識を磨く】政府は必ず嘘をつく 増補版---逆のものさし講選定本
堤未果著◆先日、瞬間移動が出来るという人がいることをあるセミナーで知った。 そのセミナーの参加費数万円。参加者数百人。驚く現象である。 こんなにも人間は騙されやすいのかと。オウム真理教の時もそうだった。 エリートおいわれる人たちがたやすく騙された。おれおれ詐欺の被害も、 こんなに世間で注意するように警告しても被害はなくならない。...
864円

追加:




読書普及協会