真の5%の人の哲学&日本文学 :
読書のすすめ    カートを見る      

真の5%の人の哲学&日本文学


只今、哲学にハマっております。(笑) 「中学生までに読んでおきたい哲学」 という全8巻のシリーズ本です。 明治から昭和まで、活躍された哲学者や 小説家、落語家など多くの方々が語った 短編集やエッセイなどを集めた本なのです。 この時代の日本人の物書きや噺家さんたちの ほとんどはやっぱり変人、いや5%の人だったのです。 自分が考えていることが、大衆にはぜったいに迎合しないという 覚悟あります。所謂”垂直な生き方”の実践者だったのです。 この人たちの文章には、確信犯的に読者を 挑発したり、深く深く考えなければ到底到達出来ない、 アッと驚く言葉に満ちています。 これらの本を読んでみると、経糸の読書が ますます身につくと思いますし、執行草舟先生が オススメしてくださる本などももっと肚に落ちるように 理会出来るようになります。 戦後70年たった今、私たちは、何か異なモノに 動かされているような気がしているのは私だけではないでしょう。 所謂「パンとサーカス」という政策ですね。 いい大人が、 「中学生までに読んでおきたい哲学」 などと中学生向けの本なんて読んだってしかたないよ! と、思われるかもしれませんが、私みたいに哲学の「て」の字も かじったことのない人間にはちょうどいい刺激です。 哲学というと何だか難解そうで敬遠しがちで きてしまいましたが、このシリーズは面白くって面白くって 本が手放せなくなることをお約束します。 そして、読後の楽しみも待っています。 それは、”垂直な生き方”が身につくと、 仕事も愛も人間関係のトラブルも、 全ての自分独自の解決策が魔法のように 頭から湧き出してくることです。 たとえば、偉いお坊さんとか斎藤一人さんとか、 執行草舟先生とか、吉田晋彩先生とか、 垂直とつながる生き方(一人さんの場合は神さま)を されている方は、まるで大海原のような無限の知恵の泉と つながっているため、どんな問題でもサラッと答えを 出してしまえるのです。 あ!そうそう。このシリーズは一応中学生用なので、 難しい感じや格言、すでに死語になった言葉など、 下段にその意味を親切に載せてくだっさっているので、 執行先生のおススメ本を読むときのように 辞書を片手に読まなくて済みます。(笑) 人の言葉尻を捉えて、ギャーギャーギャーギャー言っていて、 自分が傍観者になっていることにすら気づかない野暮な大衆に なるのではなく、真の5%の人としての生き方のほうが 粋でかっこいい!


商品画像 品名- 価格

教養・見識が深まる読書がたのしくなる・ニッポンの文学全15巻セット
教養・見識が深まる読書がたのしくなる・ニッポンの文学全15巻セット
あなたは本当に意味ある本に出会っているのだろうか? この「読書がたのしくなる・ニッポンの文学シリーズ」には、 何十年、何百年と読み継がれている本の内容が、テーマ事に分類され掲載されている。 こんなお得な本は滅多にない。 私たち今の日本人が一番危惧しなければならないことの一つに、 次世代への教養と見識の伝承することへの断絶である。...
17,280円

追加:


【再入荷】5%の哲学 悪のしくみ---コッチノミーズハアーマイゾ
【再入荷】5%の哲学 悪のしくみ---コッチノミーズハアーマイゾ
松田哲夫著◆井上ひさし「万引き」、遠藤周作「善魔について」、 池田晶子「いじめの憂鬱」など、"悪"とは何か? を考える楽しみに満ちた18編の短編を収録。 【収録作品】 井上ひさし …… 「万引き」 池田晶子  …… 「いじめの憂鬱」 河合隼雄  …… 「生きる力を育てる」 結城昌治  …… 「極楽往生」 倉橋由美子 …… 「子供たちが豚殺しを真似した話」...
1,944円

追加:


こころをゆさぶる言葉たちよ。---読書がたのしくなる・ニッポンの文
こころをゆさぶる言葉たちよ。---読書がたのしくなる・ニッポンの文
島崎藤村 与謝野晶子 高村光太郎 山村暮鳥 竹久夢二 北原白秋 石川啄木 萩原朔太郎 室生犀星著...
1,296円

追加:


ひとしずくの涙、ほろり。---読書がたのしくなる・ニッポンの文学 
ひとしずくの涙、ほろり。---読書がたのしくなる・ニッポンの文学 
芥川龍之介 鈴木三重吉 太宰治 寺田寅彦 新美南吉 林芙美子 宮沢賢治 横光利一著...
1,080円

追加:


生きるって、カッコワルイこと?--読書がたのしくなる・ニッポンの文
生きるって、カッコワルイこと?--読書がたのしくなる・ニッポンの文
◆うれしいことも、悲しいことも。人生には、まあ、実に、いろいろなことが起こる。でも、だからこそ、生きていく。芥川龍之介『蜜柑』、有島武郎『一房の葡萄』、宮沢賢治『猫の事務所』、新美南吉『牛をつないだ椿の木』、菊池寛『形』、横光利一『蠅』、梶井基次郎『檸檬』、森鴎外『高瀬舟』全8編...
1,080円

追加:


みんな、くよくよ悩んでいたって…!?---温故知新ニッポンの文学
みんな、くよくよ悩んでいたって…!?---温故知新ニッポンの文学
太宰治 菊池寛 林芙美子 室生犀星 坂口安吾 島崎藤村 芥川龍之介 柳田国男 寺田寅彦著◆生きていれば、色々あるさ。出会いも、別れも、喜びも、悲しみも、全部まとめて「人生」じゃないか。失敗や、悩みを乗り越えてきた作家たちのエッセイを収録。すてきな人生を歩むための「力」となる1冊。 諸君の位置(太宰治) わたしの日常道徳(菊池寛) わたしの先生(林芙美子) わたしの履歴書(室生犀星)...
1,296円

追加:


ほんものの友情、現在進行中! 読書がたのしくなる・ニッポンの文学
ほんものの友情、現在進行中! 読書がたのしくなる・ニッポンの文学
◆それは、思ったほどたやすくは、手に入らない。だからこそ、理想と現実のギャップをかみしめて、追求しつづける意味がある。うんと昔に書かれたものだけれど、今読んでも魂が震える。そんな作品がニッポンの文学。古くて新しいニッポンの文学の中から、人と人、人と動物など様々な交流を通して、理想の友情、現実の友情を描いた作品を厳選。新美南吉『正坊とクロ』、国木田独歩『画の悲しみ』、宮沢賢治『なめとこ山の熊』、太宰...
1,080円

追加:


まごころ、お届けいたします。---読書がたのしくなる・ニッポンの文
まごころ、お届けいたします。---読書がたのしくなる・ニッポンの文
岡本かの子 岡本綺堂 竹久夢二 豊島与志雄 中島敦 宮沢賢治 森鴎外著...
1,080円

追加:


家族って、どんなカタチ?---読書がたのしくなる・ニッポンの文学
家族って、どんなカタチ?---読書がたのしくなる・ニッポンの文学
芥川龍之介 有島武郎 菊池寛 太宰治 中戸川吉二 牧野信一 横光利一著...
1,080円

追加:


恋って、どんな味がするの?読書がたのしくなる・ニッポンの文学 
恋って、どんな味がするの?読書がたのしくなる・ニッポンの文学 
◆ときに喜び、ときに苦しみ・・・・・。人を悩ませる、やっかいなもの。けれど、人を成長させてもくれる、美しく、大切な感情。それが恋?新美南吉『花を埋める』、太宰治『葉桜と魔笛』、芥川龍之介『お時儀』、鈴木三重吉『黒髪』、伊藤左千夫『新万葉物語』、宮沢賢治『シグナルとシグナレス』、森鴎外『じいさんばあさん』全7編...
1,080円

追加:




読書普及協会