西郷隆盛ライン :
読書のすすめ    カートを見る      

西郷隆盛ライン


100年、200年後に代表的日本人は誰ですか?と問われた時、やはり西郷隆盛であろうと思います。 この西郷隆盛の思想が脈々と受け継がれてきた日本人。この血脈を失くしては日本人ではなくなってしまいます。 ところが、今!西郷さんの思考が途切れようとしているのではないかと感じぜざるおえません。 お若い方に「西郷隆盛って知ってる?」とほとんどの方が名前くらいしかご存知ないのです。 だから今!西郷隆盛思考を大事に育てなければならない使命感をドクスメは持ちました。 西郷隆盛を見事に骨の髄まで沁み込ませる人生を送った「頭山満」。その強い思いを次に組んだのは「安岡正篤」。そして、それをまた 継いでくださったのが御年100歳の「伊與田覺先生」だと思いまして、 かってにこの方々の思考を「西郷ライン」と名付けさせていただきました。真の日本人をみんなで繋いでまいりましょう!


商品画像 品名- 価格

実に痛快!武士の碑--男には、死なねばならない時がある
実に痛快!武士の碑--男には、死なねばならない時がある
伊東潤著◆男には、死なねばならない時がある――山高帽をかぶり、フロックコートに日本刀。その男は、戦場においても楽器を奏でていた。  西郷隆盛と大久保利通の後継者と目されていた村田新八。 彼は、いわば日本の将来を託された男といっても過言ではない。...
1,944円

追加:


志の見つけ方---話し言葉で読める言志四録
志の見つけ方---話し言葉で読める言志四録
佐藤一斎・長尾剛著◆またまた肌身離さず手元に置いておきたい 本と出会ってしまいました。 吉田松陰、西郷隆盛、坂本竜馬、勝海舟など、 幕末の志士たる人物たちには、ある共通点があります。 それは佐藤一斎著『言志四録』という書物を精読したことです。 「幕末のバイブル」と言っていいほど、 この国の心ある多くの人たちが手に取って、 そこに記された言葉の数々を人生の指針としました。...
1,620円

追加:


西郷ライン「中庸に学ぶ」---天から与えられた生き方の根本
西郷ライン「中庸に学ぶ」---天から与えられた生き方の根本
伊與田覺著◆『中庸』は孔子の孫である子思によってまとめられた書物である。 『論語』『大学』『孟子』とともに「四書」の一つに数えられ、 儒教の本筋を学ぶことができるテキストとして、 特に中国宋代の儒学者である朱子によって重要視されてきた。 本書では安岡正篤師の高弟である著者が、 『中庸』の中でも特にポイントとなる章を抽出。 『中庸』を読むと「声なき声が聞こえ、形なき形が見えるようになり、...
1,944円

追加:


〈新訳〉南洲翁遺訓---西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え
〈新訳〉南洲翁遺訓---西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え
西郷隆盛 松浦光修著◆現在も多くのリーダーが「最も尊敬する人物」として挙げる西郷隆盛の考えを知ることができる『南洲翁遺訓』。同書を編纂した荘内藩は、江戸市中取り締まりの任にあった際、江戸薩摩藩邸を焼き討ちにした経緯もあり、報復処分を覚悟していた。しかし、維新後、同藩に対して武士道に則った寛大な処置がとられ、それが後に、西郷隆盛の内示だったことを知り、感銘を受けたという。その対応に尊敬の念を深め、荘...
1,026円

追加:


「論語」一日一言---立志立命の道
「論語」一日一言---立志立命の道
伊與田覺監修◆「論語」は理解するしない以前の問題として、体に沁み込ませる。それがまず肝心要なこと。その一番の本はこれでしょう。西郷ラインの最終者の伊與田覺先生の監修です。本書の特徴としては、 ^貽に書き下し文と訳文が併載され、 孔子と弟子たちとのやりとりが分かりやすくまとまっていること、 ⊇颪下し文には総ルビが振られており、素読の際にも便利であること、...
1,234円

追加:




人情横丁