西郷隆盛ライン :
読書のすすめ    カートを見る      

西郷隆盛ライン


100年、200年後に代表的日本人は誰ですか?と問われた時、やはり西郷隆盛であろうと思います。 この西郷隆盛の思想が脈々と受け継がれてきた日本人。この血脈を失くしては日本人ではなくなってしまいます。 ところが、今!西郷さんの思考が途切れようとしているのではないかと感じぜざるおえません。 お若い方に「西郷隆盛って知ってる?」とほとんどの方が名前くらいしかご存知ないのです。 だから今!西郷隆盛思考を大事に育てなければならない使命感をドクスメは持ちました。 西郷隆盛を見事に骨の髄まで沁み込ませる人生を送った「頭山満」。その強い思いを次に組んだのは「安岡正篤」。そして、それをまた 継いでくださったのが御年100歳の「伊與田覺先生」だと思いまして、 かってにこの方々の思考を「西郷ライン」と名付けさせていただきました。真の日本人をみんなで繋いでまいりましょう!


商品画像 品名 価格+

〈新訳〉南洲翁遺訓---西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え
〈新訳〉南洲翁遺訓---西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え
西郷隆盛 松浦光修著◆現在も多くのリーダーが「最も尊敬する人物」として挙げる西郷隆盛の考えを知ることができる『南洲翁遺訓』。同書を編纂した荘内藩は、江戸市中取り締まりの任にあった際、江戸薩摩藩邸を焼き討ちにした経緯もあり、報復処分を覚悟していた。しかし、維新後、同藩に対して武士道に則った寛大な処置がとられ、それが後に、西郷隆盛の内示だったことを知り、感銘を受けたという。その対応に尊敬の念を深め、荘...
1,026円

追加:


大西郷遺訓---立雲頭山満先生講評
大西郷遺訓---立雲頭山満先生講評
西郷隆盛・頭山満著◆よくぞこういう本を出版し、 絶版にしないでいてくれたと、まずは 関係者の方に感謝しなくてはなりませんね。 この本は、大正14年に、出版されたものを、 現代語訳にして平成18年に出版されたものです。 ドクスメでは以前からオススメしている 中村天風さんの本ですが、 その天風さんの師をいわれる頭山満氏が、 西郷隆盛の遺訓を解説するという 本なのです。 白駒妃登美さんや佐藤芳直さんや...
1,028円

追加:


中村天風 運命を拓く65の言葉!
中村天風 運命を拓く65の言葉!
清水榮一著◆当店でも大人気!斎藤一人さんや喜多川泰さん、清水店長も大いに参考にしている「中村天風」氏の言葉集が、いつも持ち運べる新書版になって登場です!言葉集とは言っても、天風さんの名言が載っているだけではありません。中村天風さんの教えの柱になる言葉に、カリアッパ師とのエピソードや著者の清水氏の実践のエピソードなど、言葉と共に具体的に実践にも活かせるように作られています。でも、やっぱり中村天風の言...
1,080円

追加:


「論語」一日一言---立志立命の道
「論語」一日一言---立志立命の道
伊與田覺監修◆「論語」は理解するしない以前の問題として、体に沁み込ませる。それがまず肝心要なこと。その一番の本はこれでしょう。西郷ラインの最終者の伊與田覺先生の監修です。本書の特徴としては、 ^貽に書き下し文と訳文が併載され、 孔子と弟子たちとのやりとりが分かりやすくまとまっていること、 ⊇颪下し文には総ルビが振られており、素読の際にも便利であること、...
1,234円

追加:


【本当に、残り20冊のみ!】山田準著「言志録講話--付・王陽明物語
【本当に、残り20冊のみ!】山田準著「言志録講話--付・王陽明物語
※2016年5月の「旬」のおすすめとして大人気!今も、西郷ラインの定番本になっている、こちらの『言志録講話--付・王陽明物語』ですが・・・、残念ながら、今読書のすすめ店頭にある20冊で出版社さんを含め、品切れになるとの連絡がありました。この20冊が売り切れてしまうと、次回の増刷は未定になります。本当に、売切れ御免の早い者勝ち!気になる方は、お早めのご注文をおすすめします!!◆山田方谷の...
1,296円

...詳細
売り切れ


山田準著【言志録講話--付・王陽明物語】
山田準著【言志録講話--付・王陽明物語】
山田方谷の 孫娘と結婚され、山田家を継いだ 山田準氏の本はやはりすごい!の一語です。 ドクスメでただいま大反響の【南洲百話】ですが、 著者の山田準氏は慶応3年1867年お生まれです。 明治維新を五感で感じ取っているんですね。 だから話に迫力と真理があるように思います。 さて、この本もまたすごかった!是非みなさんにも 強烈にオススメしたい本です。 昭和11年に、日本放送協会で...
1,296円

追加:


南洲百話---後世の私たちのために
南洲百話---後世の私たちのために
山田準著◆この本、大発見です! ちょっと興奮してます。(笑) 岩波書店から出ている、山田 済斎著 【西郷南洲遺訓】 こちらの本は誰もが知っている超ロングセラーの 本ですが、この大発見の本は、この本の姉妹本として 戦争真っただ中の物資乏しい中、 昭和19年に発売された本なのです。 しかし、この本はいつの間にか人々から忘れられ、 一度絶版になり、出版社さんの篤い思いによって、...
1,296円

追加:


山田準著【陽明学講話】
山田準著【陽明学講話】
【2016年5月の成幸読書に決定しました!】◆山田方谷の 孫娘と結婚され、山田家を継いだ 山田準氏の本はやはりすごい!の一語です。 ドクスメでただいま大反響の【南洲百話】ですが、 著者の山田準氏は慶応3年1867年お生まれです。 明治維新を五感で感じ取っているんですね。 だから話に迫力と真理があるように思います。...
1,404円

追加:


いつか読んでみたかった名著---西郷南洲遺訓
いつか読んでみたかった名著---西郷南洲遺訓
桑畑正樹(現代語訳) ◆明治維新の立役者、西郷隆盛、その号を南洲という。 維新後、西郷の至誠や武士道を重んじる態度に感銘した庄内藩の藩主や藩士70名余りが鹿児島に赴き、3か月にわたって滞在した。 その言行を後にまとめたのが『西郷南洲遺訓』である。...
1,512円

追加:


いつか読んでみたかった名著---代表的日本人
いつか読んでみたかった名著---代表的日本人
内村鑑三(著) 齋藤慎子(現代語訳)◆海外との交流が盛んになってきた19世紀末、キリスト教指導者内村鑑三が「日本人にもこんな人物がいる」と世界に伝えようと英語で書いたのが本書だ。 その日本人の代表として取り上げたのは西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の5人。 維新の立役者、藩主、農民、儒学者、僧侶と、その人選のバランスに著者の慧眼を感じる。...
1,512円

追加:




人情横丁