絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名- 価格

物事の本質を見抜く力---山本七平の日本の歴史 上 新装版
物事の本質を見抜く力---山本七平の日本の歴史 上 新装版
山本七平著◆これまで盛大に論じつくされてきた日本人論だが、山本七平はあらゆる角度から念慮に基づき、最も広角の鏡面を用いつつ、情と理の均衡を保つ総合的な視座を独力で構築した。山本流・日本人学の「真髄」がここにある。 第1部 夏目漱石『こころ』に見る現代日本精神(人間関係からの無重力状態;「純粋人間」を創りだす「道」;虚のエネルギーとしての天皇制)...
1,080円

追加:


読書のすすめ--- 全国の青少年と学生に贈る 木偶の坊になるな!
読書のすすめ--- 全国の青少年と学生に贈る 木偶の坊になるな!
河合栄治郎研究会著◆この本を読んでいたら、 下記のようなことが書かれていて 大きくうなずいた。少し長いけど、 大切だと思うのでじっくりと読んで 頂きたい。...
1,620円

追加:


阿頼耶識の発見---心の奥の秘密、よくわかる唯識入門
阿頼耶識の発見---心の奥の秘密、よくわかる唯識入門
横山紘一著◆それしても、「阿頼耶(アラヤ)識」の力ってすごいものがあります。 アラヤ識シリーズの【得する人】、【人蕩し術】を読んでみて、 それを実生活に落とし込んだときの驚きを隠せません。 読まれて実践された方も、ぼくと同じ驚きを得たのではないかと 思います。 いままで、「阿頼耶識」の本をいくつか読んできましたが、 仏教用語が多すぎて、下知識がないと中々読みこめない本が...
821円

追加:


【絶対読書】仕事にしばられない生き方---いい波が来たら、乗ってみ
【絶対読書】仕事にしばられない生き方---いい波が来たら、乗ってみ
ヤマザキマリ著◆読んでいてビシビシ魂に響く本に 出会いました。 悪いことはいわない。 付箋つけまくりだが、一部ちょっとだけ ご紹介しましょう。 「いい家に暮らしたい。美味しいものが食べたい。「いい暮らしをしたいなら、やっぱり周りから固めていかないと」、そう考える人もいるでしょう。...
950円

追加:


【魂の脱植民地化】合理的な神秘主義--- 人間の自由の根源を探る
【魂の脱植民地化】合理的な神秘主義--- 人間の自由の根源を探る
安冨 歩著◆最近、心の病に苦しんでいる方、またはそうではなくても、 人間関係にしばられ良い子を演ずることに疲れちゃっている方を よく見かけます。下をむいて暗くなっているうつ。今度はあまりにも 上を向き過ぎている躁。どちらも何か見えないモノにしばられ、 魂が存在しないかのように見える。その何かとはなんだろう? よーく考えてみると、人間が「生きる」というのは、...
2,700円

追加:


【魂の脱植民地化】他力の思想---仏陀から植木等まで
【魂の脱植民地化】他力の思想---仏陀から植木等まで
山本伸裕著◆國分功一郎氏推薦 ≪生きることに「東洋」も「西洋」もない。仏教を知るために、生きることの立脚点を思考するために、私は山本伸裕氏の『他力の思想』を強く推薦する≫ ● 龍樹、親鸞、清沢満之 らの他力思想を読みなおし、自力にこだわる現代人の精神の呪縛を解く。 ● 著者自身が生きるためにうなづいたユニークな仏教思想史。 ●...
2,376円

追加:


【魂の脱植民地化】江戸っ子の意地---薩長への反骨精神
【魂の脱植民地化】江戸っ子の意地---薩長への反骨精神
安藤優一郎著◆一夜にして、歴史の敗者となった幕臣たち。 しかし彼らは、「明治の東京」を逞しく生き抜いた! 俺たちは「薩長の使い捨て」じゃない!...
756円

追加:


【魂の脱植民地化】守農太神と呼ばれた男  小説安藤昌益
【魂の脱植民地化】守農太神と呼ばれた男  小説安藤昌益
伊澤芳子著◆安藤昌益という人物をご存知だろうか? この人も反骨の精神の持ち主だ。 江戸時代中期の医師・思想家・哲学家。秋田藩出身 。 詳しいことは安藤昌益資料館のHPから拝借しよう。 http://shoeki.org/%e5%ae%89%e8%97%a4%e6%98%8c%e7%9b%8a%e3%81%a8%e3%81%af/ 安藤昌益とは 世界初のエコロジスト 〜安藤昌益とは〜...
1,836円

追加:


【魂の脱植民地化】人民は弱し官吏は強し
【魂の脱植民地化】人民は弱し官吏は強し
星新一著◆『 明治末、12年間の米国留学から帰った星一は製薬会社を興した。日本で初めてモルヒネの精製に成功するなど事業は飛躍的に発展したが、星の自由な物の考え方は、保身第一の官僚たちの反感を買った。陰湿な政争に巻きこまれ、官憲の執拗きわまる妨害をうけ、会社はしだいに窮地に追いこまれる…。最後まで屈服することなく腐敗した官僚組織と闘い続けた父の姿を愛情をこめて描く。 』 星新一の実父星一は、...
562円

追加:


【魂の脱植民地化】魂深き人びと---西欧中世からの反骨精神
【魂の脱植民地化】魂深き人びと---西欧中世からの反骨精神
香田芳樹著◆これは読むべし!蒐集への執着から、抵抗者になりえなかったツヴァイクとベンヤミンの悲劇、 弾圧に対する反抗として清貧を貫いた、南仏カタリ派などの「異端」たち、 神秘主義者エックハルトが内包する多様性──近代的自由への希求と信仰の原点に返る保守性、 多くの矛盾を巧みに力に変えた宗教改革者ルターの戦略……。 反骨精神の原点としての"異端児"たちの素朴な憤りや正義感、抵抗に触れ、...
2,700円

追加:




読書普及協会