絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名- 価格

【魂の脱植民地化】人民は弱し官吏は強し
【魂の脱植民地化】人民は弱し官吏は強し
星新一著◆『 明治末、12年間の米国留学から帰った星一は製薬会社を興した。日本で初めてモルヒネの精製に成功するなど事業は飛躍的に発展したが、星の自由な物の考え方は、保身第一の官僚たちの反感を買った。陰湿な政争に巻きこまれ、官憲の執拗きわまる妨害をうけ、会社はしだいに窮地に追いこまれる…。最後まで屈服することなく腐敗した官僚組織と闘い続けた父の姿を愛情をこめて描く。 』 星新一の実父星一は、...
562円

追加:


【魂の脱植民地化】魂深き人びと---西欧中世からの反骨精神
【魂の脱植民地化】魂深き人びと---西欧中世からの反骨精神
香田芳樹著◆これは読むべし!蒐集への執着から、抵抗者になりえなかったツヴァイクとベンヤミンの悲劇、 弾圧に対する反抗として清貧を貫いた、南仏カタリ派などの「異端」たち、 神秘主義者エックハルトが内包する多様性──近代的自由への希求と信仰の原点に返る保守性、 多くの矛盾を巧みに力に変えた宗教改革者ルターの戦略……。 反骨精神の原点としての"異端児"たちの素朴な憤りや正義感、抵抗に触れ、...
2,700円

追加:


全体主義と闘った男河合栄治郎---名著「学生に与う」の本当の意味
全体主義と闘った男河合栄治郎---名著「学生に与う」の本当の意味
湯浅博著◆河合栄治郎著【学生に与う】を読まれた方は多いことと思います。 この本を読まれた方にぜひともオススメしたい本があります。 この本を読んでみると、【学生に与う】の背景がわかり、 より河合栄治郎の魂、そしてこの本がどれだけ奇跡的に世に残ったのかが わかります。 故 渡部昇一先生は、河合栄治郎が長寿であったなら、 「日本のインテリは、30年も早くマルキシズムの幻想から自由になっていたであろう。...
2,052円

追加:


内山興正老師 いのちの問答!
内山興正老師 いのちの問答!
内山興正著◆清水店長が今!50年ぶりに復活の名著『進みと安らい』と共に、「読書の秋!大欲を持とう!」動画でも大絶賛の内山興正氏との問答集がこちら!―「仏法の真実とは何か。いかに生老病死を受けとめたらいいのか。澤木興道老師の教えを継いで多くの弟子を導いた内山老師の禅風は今や世界に広がっている。その真の坐禅から躍りでた名言と、弟子や信者の悩み・葛藤・疑問の底にあるいのちをえぐりだした問答集。」・1...
1,944円

追加:


【内山興正氏の名著】正法眼蔵 行仏威儀を味わう
【内山興正氏の名著】正法眼蔵 行仏威儀を味わう
内山興正著◆清水店長が今!50年ぶりに復活の名著『進みと安らい』と共に、「読書の秋!大欲を持とう!」動画でも大絶賛の内山興正氏の名著がこちら!―「行仏とは、天地一杯のいのちの力を自らの力として生きること、そこに天地の威儀が現われる。「行仏威儀」の巻を単なる解釈でなく、自らの生きるいのちの言葉として読みとき、新たな息吹を感じさせる提唱録!いくつもの正法眼蔵の巻を生んだ「行仏威儀」巻の語句ごとに、内山...
2,052円

追加:


【内山興正氏の名著】坐禅の意味と実際〜生命の実物を生きる
【内山興正氏の名著】坐禅の意味と実際〜生命の実物を生きる
内山興正著◆清水店長が今!50年ぶりに復活の名著『進みと安らい』と共に、「読書の秋!大欲を持とう!」動画でも大絶賛の内山興正氏の名著がこちら!―「道元禅師・沢木興道老師一筋に生き抜いた老僧が、禅を求める欧米人のために、平易に説いた坐禅入門書。アタマの中の“思い”を手放し、生命の実物に目覚めて生きる深い坐禅の内的体験も明かした決定版!...
1,728円

追加:


進みと安らい 新装版---自己の世界
進みと安らい 新装版---自己の世界
内山興正著◆この本は、1969年に発売され、当時の知識人を唸らせ、 そして大変な影響を与えたと言われる名著が、この2018年の この時期に新版として復活された、伝説の名著です。 私たち人間の歴史は、「安らい」を得るために進んできました。 例えば、戦国時代に多くの人が苦しんでいる中、信長の天下布武からはじまって、秀吉・家康と...
3,024円

追加:


親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら
親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら
向谷匡史◆800年の時を超え、あの世から還ってきた親鸞とイケイケのヤクザ組長が激論! はたして、煩悩の塊に「絶対他力」「悪人正機」の教えは通じるのか?異色の仏教入門書誕生!「兄ィちゃん、浄土がどこにあるんや?あるかないかわからんもんを、どうやって信じろいうんや」缶ビール片手に、一発カマすヤクザ組長。「おっしゃることはよくわかります」あわてず騒がず、さらりと受け流す青年僧・親鸞。ミスター煩悩VS浄土...
1,620円

追加:


【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー
【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー
平井晩村 著◆男ごころに男が惚れる「関東一の大親分」「男のなかの男」と称された、ご存じ国定忠治の一代記を鮮やかに描いた決定版。明治の時代小説家である平井晩村が描く歴史物の代表作を、平明な現代語でわかり易くしてあります。...
2,484円

追加:


【義と仁の書】清水次郎長 海道一の大親分---義侠心とは?
【義と仁の書】清水次郎長 海道一の大親分---義侠心とは?
一筆庵可候著◆幕末維新のアウトロー。痛快時代劇の世界! 血で血を洗う死闘を生き抜いた海道一の大親分。武闘派侠客の実像。山岡鉄舟、新門辰五郎との出会い。時代の風を読む。大政、森の石松・・・。 これを読まなきゃ本当の義侠心はわからない!読んで血肉踊れ!!!「もくじ」1.幼いころから餓鬼大将 2.任侠の道に入る 3.清水港をあとにする 4.無頼に生きる 5.次郎長の妻おちょうの病死...
2,484円

追加:




人情横丁