絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名+ 価格

“勘”入門--- 五分先を瞬間に予知する法 閃く秘剣をどう抜くか?
“勘”入門--- 五分先を瞬間に予知する法 閃く秘剣をどう抜くか?
福島秀雄著著◆ある本を読んでいたら、10年前くらいだったでしょうか、 あることを思い出しました。 それは、30人くらい集まったあるイベントの懇親会の場での出来事です。 余興の一つとして、主催者が全員とジャンケンをして、最終的に 勝ち残った人に商品がもらえるというものでした。 安価な商品からはじまって、最後は豪華賞品。15回くらいやったでしょうか。...
1,728円

追加:


「善人」のやめ方---「世間」を馬鹿にすべき
「善人」のやめ方---「世間」を馬鹿にすべき
ひろさちや著◆最近の世の中は、道徳だとかをふりかざす善人が人の生き方に 制約を与え、個という個性が発揮しづらくなって、生きにくい世の中に なってはいないだろうか。 ぼくは喫煙するのですが、副流煙ってなことが騒がれるので、 とっても生きずらい。 不登校?いいじゃないかいかなくったって。 暴力?いいじゃないか、いじめにあったら仕返ししちゃえ! 苦しんで自殺してしまうほどなら、暴力で生き延びなきゃ。...
823円

追加:


【義と仁の書】侠客の世界(江戸から昭和まで)名を末代残す心意気
【義と仁の書】侠客の世界(江戸から昭和まで)名を末代残す心意気
村松梢風...
2,916円

追加:


【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー
【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー
平井晩村 著◆男ごころに男が惚れる「関東一の大親分」「男のなかの男」と称された、ご存じ国定忠治の一代記を鮮やかに描いた決定版。明治の時代小説家である平井晩村が描く歴史物の代表作を、平明な現代語でわかり易くしてあります。...
2,484円

追加:


【義と仁の書】女侠客 小町のお染---最高!度胸と女っぷり!
【義と仁の書】女侠客 小町のお染---最高!度胸と女っぷり!
玉田玉秀斎著◆「女侠客 小町のお染」は、ヒロインお染が屈強な男達を手玉にとって大活躍する活劇である。主人公小町のお染は実在した人物ではなく講談師玉田玉秀斎による物語。明治42年(1904)の原本刊行当時は初版再版忽ち売切れという人気だった。侠客は江戸時代の封建社会の衰退とともに生まれた。本書に描かれる小町のお染は、侠客の研究の第一人者・白柳秀湖の分類によれば、侠客の最後の類型〈博徒/義賊〉にあては...
2,700円

追加:


【義と仁の書】親分子分〔侠客〕の盛衰史---江戸社会裏表の案内書
【義と仁の書】親分子分〔侠客〕の盛衰史---江戸社会裏表の案内書
白柳秀湖...
3,996円

追加:


【義と仁の書】清水次郎長 海道一の大親分---義侠心とは?
【義と仁の書】清水次郎長 海道一の大親分---義侠心とは?
一筆庵可候著◆幕末維新のアウトロー。痛快時代劇の世界! 血で血を洗う死闘を生き抜いた海道一の大親分。武闘派侠客の実像。山岡鉄舟、新門辰五郎との出会い。時代の風を読む。大政、森の石松・・・。 これを読まなきゃ本当の義侠心はわからない!読んで血肉踊れ!!!「もくじ」1.幼いころから餓鬼大将 2.任侠の道に入る 3.清水港をあとにする 4.無頼に生きる 5.次郎長の妻おちょうの病死...
2,484円

追加:


【義と仁の書】鼠小僧次郎吉---義賊とは弱気を助く者
【義と仁の書】鼠小僧次郎吉---義賊とは弱気を助く者
芥川龍之介/菊池寛/鈴木金次郎 著◆盗むだけなら、単なる盗賊(ルビ:ぬすっと)。警固の厳しい大名・武家屋敷に忍び込み、命がけで盗んだ金銭を、貧しい人々におしげもなくそっと渡す。これが義賊鼠小僧次郎吉の真骨頂! 鼠小僧は江戸後期の文化文政期に活躍。盗んだ金は総額三〇〇〇両以上。三六歳で捕まり、千住の小塚原で処刑され、死後に講談・歌舞伎で大人気を博す。...
2,484円

追加:


【義と仁の書】大岡越前 天一坊事件---ワルは往く、悪の道立ち向かう
【義と仁の書】大岡越前 天一坊事件---ワルは往く、悪の道立ち向かう
国書刊行会...
2,700円

追加:


【義と仁の書】幡随院長兵衛---強きをくじき、弱きをたすく義理人情
【義と仁の書】幡随院長兵衛---強きをくじき、弱きをたすく義理人情
平井晩村 著◆侠客のはじまりと言われる幡随院長兵衛。腕も立ち、義に厚く、度胸は天下一品。「人は一代、名は末代」を重んじ、その生き様は「江戸の華」!一人でワルの親分水野邸に乗り込み、見事な最後をとげる。...
2,268円

追加:




人情横丁