絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名- 価格

【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
越智直正著★まあ、ほんますごい本が出版されたもんやで! こんな秘伝とも言える本、なかなか出会えないもんでっせ! この本、読んじゃったら、 もう他のビジネス書のたぐいは読まんでも ええんじゃないやろか! まずは前書き読んでみてくれまへんか! ”本書タイトルの「男一匹、負けたらあかん」というのは、 大阪の靴下問屋に丁稚奉公に出た15歳のときから、 私を奮い立たせてくれる言葉です。...
10,584円

追加:


【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
西嶋和夫著 時代が乱れると人々の心も乱れます。歴史上、こういう時代には必ずといっていいほど、心が弱くなった人たちを惑わしてお金儲けをするやからが登場します。いまの時代も心が不安に脅かされている人がたくさんいます。そのためか、いんちきスピリチュアルが平気な顔して登場しています。気をつけなければならないのですが、心が弱っているとついつい何かにたよりたくなりフラフラとあやしいところに足を踏み入れてしまう...
10,584円

追加:


運気を磨く〜心を浄化する三つの技法
運気を磨く〜心を浄化する三つの技法
田坂広志著◆当店大人気!田坂広志氏、待望の最新刊のテーマは「運気」。清水店長が、読みながら、「これは、逆のものさし講でやってきたことを、分かりやすく説明している」と大絶賛!著者の田坂氏自身の科学研究者としての立場から、この「運気」というものの科学的根拠が存在するならば、それを明らかにしたいと考えており、本書においては、そうした視点からの「科学的仮説」についても紹介しています。...
902円

追加:


禅に問う---一人でも悠々と生きる道
禅に問う---一人でも悠々と生きる道
形山睡峰著◆以前ご紹介して、大好評だった【禅と‥学の間】の著者が 書かれた、これまためちゃくちゃNWBな本に出会いました。 この本に下記のようなことが 書かれていました。 『白隠禅師にある武士が、 「坊主は、極楽とか地獄とか言って、見たこともない世界のことをいかにもあるように法螺を吹くが、いったいどんな証拠があって言うのか」 と訊いた。 禅師が、...
1,980円

追加:


ダニヤ経---ブッダが説くゆるがないしあわせ
ダニヤ経---ブッダが説くゆるがないしあわせ
文・吉水秀樹 絵・畠中光亭◆『ダニヤ経』という仏教の教典があるそうです。 もっとも古い教典の中にあるお話ですが、内容が一見簡単すぎると 判断され、今まであまり注目されず、この度、はじめての邦訳として 本になりました。 どんな教典なのか?本文から一部ご紹介しましょう。 『...
1,944円

追加:


柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし
柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし
丸山茂樹著◆軍靴の足音が高くこだましはじめた昭和の初期。兵器を撫で回している男どもがいる一方で、静かにモノをながめ、家族を愛し、人にも自分にも苦しみを与えない生活を善しとして生きる一群の男たちがいました。日本民芸運動の推進者たちです。その中心にいたのが柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司という三人です。日本民芸運動は、アジア・太平洋戦争を挟んだ約50年間、多くの日本人をまきこんだ大ムーブメントになりました...
1,944円

追加:


【先行発売!&成幸読書選定本】大阿闍梨酒井雄哉の遺言
【先行発売!&成幸読書選定本】大阿闍梨酒井雄哉の遺言
玄秀盛著【5月16日頃先行発売決定!※一般書店の発売は、5月23日頃】◆2019年5月度成幸読書選定本。いつもお世話になっている、こちらの本の編集担当の佼成出版社図書第二編集長の吉川暢一(よしかわのぶかず)さんよりコメントをいただきました!→「新宿歌舞伎町で拠点を構え、5万人の社会的弱者を救済してきた「日本駆け込み寺」代表の玄秀盛さんが、千日回峰行を二度満行した大阿闍梨・酒井雄哉師(2013年9月...
1,620円

追加:


【魂が燃焼する!】義命と時運の相克---終戦詔書と日本政治
【魂が燃焼する!】義命と時運の相克---終戦詔書と日本政治
老川祥一著◆終戦詔書作成の知られざるドラマ。今の堕落はこの稗史の中から始まっている。繰り返された字句・文言の修正に、日本政治の病根が現れている。政治は劣化して、しばしば機能麻痺に陥る。不断の改革努力を促す必要があるのだ。大衆に合わせ動いていくこの空気を、後世に残してよいものか?さて、ぼくらはどうする?「一人庶民革命」を促す貴重な一冊。抽象度を上げて、ぼくらの生活・仕事の見識を高めるのにあなたの魂が...
3,024円

追加:


再入荷!オリジナル大判手塚治虫「火の鳥」全12巻
再入荷!オリジナル大判手塚治虫「火の鳥」全12巻
手塚治虫のマンガに大変な影響を受けた人は大勢いると思います。私もその一人です。 中でも一番影響を受けたのが『火の鳥』。 このマンガの影響でしょう、宗教観や宇宙への興味、生きることの問い。様々なことへの自分からの興味心から、みずから勉強するようになりました。特に生物という学科では高校生のころ県の模擬試験で2位になったこともあります。大学は物理学科を選んでしまいました。...
16,848円

追加:


濃霧の中の方向感覚---みずからの方向感覚を研ぎ澄ませる
濃霧の中の方向感覚---みずからの方向感覚を研ぎ澄ませる
鷲田清一著◆危機の時代、先の見えない時代において、ほんとうに必要とされ、ほんとうに信じられる知性・教養とはなにか?それは、視界の悪い濃霧の中でも道を見失わずにいられる「方向感覚」のこと。複雑性の増大に耐えうる知的体力をもち、迷ってもそこに根を下ろしなおすことのできるたしかな言葉と出会う。社会、政治、文化、教育、震災などの領域において、臨床哲学者がみずからの方向感覚を研ぎ澄ませながら綴った思索の記録...
1,944円

追加:




読書普及協会