絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名- 価格

【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
越智直正著★まあ、ほんますごい本が出版されたもんやで! こんな秘伝とも言える本、なかなか出会えないもんでっせ! この本、読んじゃったら、 もう他のビジネス書のたぐいは読まんでも ええんじゃないやろか! まずは前書き読んでみてくれまへんか! ”本書タイトルの「男一匹、負けたらあかん」というのは、 大阪の靴下問屋に丁稚奉公に出た15歳のときから、 私を奮い立たせてくれる言葉です。...
10,584円

追加:


【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
西嶋和夫著 時代が乱れると人々の心も乱れます。歴史上、こういう時代には必ずといっていいほど、心が弱くなった人たちを惑わしてお金儲けをするやからが登場します。いまの時代も心が不安に脅かされている人がたくさんいます。そのためか、いんちきスピリチュアルが平気な顔して登場しています。気をつけなければならないのですが、心が弱っているとついつい何かにたよりたくなりフラフラとあやしいところに足を踏み入れてしまう...
10,584円

追加:


“勘”入門--- 五分先を瞬間に予知する法 閃く秘剣をどう抜くか?
“勘”入門--- 五分先を瞬間に予知する法 閃く秘剣をどう抜くか?
福島秀雄著著◆ある本を読んでいたら、10年前くらいだったでしょうか、 あることを思い出しました。 それは、30人くらい集まったあるイベントの懇親会の場での出来事です。 余興の一つとして、主催者が全員とジャンケンをして、最終的に 勝ち残った人に商品がもらえるというものでした。 安価な商品からはじまって、最後は豪華賞品。15回くらいやったでしょうか。...
1,728円

追加:


モモ---時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた
モモ---時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた
ミヒャエル・エンデ 大島かおり著◆『「これは星の時間をあらわす時計だ。」マイスター・ホラは言いました。「めったにあらわれないような星の時間を、確実におしえてくれる時計なんだが、ちょうどいまそういう一時間がはじまったところなのだよ。」 「星の時間て、なんなの?」とモモはききました。...
1,836円

追加:


大衆の反逆---一人庶民革命の狼煙
大衆の反逆---一人庶民革命の狼煙
ホセ・オルテガ・イ・ガセト 桑名一博著◆テロと恐慌で風雲急を告げるヨーロッパ……「下降と凋落の時代」に立ち現れたものは? ポピュリズムに揺れる現代が百年前と重なる。 オルテガはスペインを代表する哲学者。早くから現代が歴史上の一大転換期であることを見抜き、そこに含まれる危機の克服をめざして警鐘を鳴らし続けてきた。 本書は彼の代表作。現代の危機的状況を大衆の反逆という現象を通して指摘している。...
1,404円

追加:


悪と全体主義---「安心したい」──その欲望がワナになる
悪と全体主義---「安心したい」──その欲望がワナになる
仲正昌樹著◆ロシアや中国など、共産主義の国家からみたら、 アメリカや日本という民主主義国家は かわいそうで愚かな国だと思っている。 なぜなら、彼らの国のリーダーは、幼い頃から 帝王学を学んでいる。 かたや民主主義国家の リーダーは選挙によって選ばれるわけだから、 帝王学なんて知らなくたって人気投票で 政治家になれるわけだ。しかし、そういう仕組み だからこそ、民意を反映させることが...
842円

追加:


「超」入門 空気の研究 日本人の思考と行動を支配する見えない圧力
「超」入門 空気の研究 日本人の思考と行動を支配する見えない圧力
鈴木博毅著◆今も昔も変わらない、日本人を縛る妖怪の正体を暴いた 累計30万部の名著『「空気」の研究』(山本七平・著)を 27のポイント、7つの視点からダイジェストで読む。 佐藤優氏推薦!! 「日本型組織の病理がわかる。組織で巧みに生き残るための必読書」 なぜ、日本の組織は息苦しいのか? 忖度、パワハラ、同調圧力、いじめ、ネット炎上、無責任主義……...
1,620円

追加:


物事の本質を見抜く力---山本七平の「空気」の研究 新装版
物事の本質を見抜く力---山本七平の「空気」の研究 新装版
山本七平著◆日本において「空気」はある種の絶対権力を握っている…。著者の指摘から40年。現代の我々は、ますます「場の空気を読む」ことに汲々とし、誰でもないのに誰よりも強いこの妖怪を「忖度」して生きている。いまだに数多くのメディアに引用され論ぜられる名著。これぞ日本人論の原点にして決定版である。 「空気」の研究 「水=通常性」の研究...
680円

追加:


物事の本質を見抜く力を身に付ける 山本七平集大成5冊セット
物事の本質を見抜く力を身に付ける 山本七平集大成5冊セット
思想 日本社会・日本文化・日本人の行動様式を「空気」「実体語・空体語」といった概念を用いて分析した。その独自の業績を総称して「山本学」と呼ばれる。...
5,400円

追加:


物事の本質を見抜く力---山本七平の日本資本主義の精神 新装版
物事の本質を見抜く力---山本七平の日本資本主義の精神 新装版
山本七平著◆欧米人はもはや、「日本人はモノマネが上手いだけだ」とは思っていない。しかし日本人自身がそう考えているため、明治における発展であれ戦後の経済的成長であれ、「なぜそうなったのか」を把握できていないのだ。本書では、「美しき品格」と「優秀な知恵」を兼ね備えた、日本人の原点を教える。...
1,080円

追加:




読書普及協会