絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名- 価格

【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
越智直正著★まあ、ほんますごい本が出版されたもんやで! こんな秘伝とも言える本、なかなか出会えないもんでっせ! この本、読んじゃったら、 もう他のビジネス書のたぐいは読まんでも ええんじゃないやろか! まずは前書き読んでみてくれまへんか! ”本書タイトルの「男一匹、負けたらあかん」というのは、 大阪の靴下問屋に丁稚奉公に出た15歳のときから、 私を奮い立たせてくれる言葉です。...
10,584円

追加:


【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
西嶋和夫著 時代が乱れると人々の心も乱れます。歴史上、こういう時代には必ずといっていいほど、心が弱くなった人たちを惑わしてお金儲けをするやからが登場します。いまの時代も心が不安に脅かされている人がたくさんいます。そのためか、いんちきスピリチュアルが平気な顔して登場しています。気をつけなければならないのですが、心が弱っているとついつい何かにたよりたくなりフラフラとあやしいところに足を踏み入れてしまう...
10,584円

追加:


“勘”入門--- 五分先を瞬間に予知する法 閃く秘剣をどう抜くか?
“勘”入門--- 五分先を瞬間に予知する法 閃く秘剣をどう抜くか?
福島秀雄著著◆ある本を読んでいたら、10年前くらいだったでしょうか、 あることを思い出しました。 それは、30人くらい集まったあるイベントの懇親会の場での出来事です。 余興の一つとして、主催者が全員とジャンケンをして、最終的に 勝ち残った人に商品がもらえるというものでした。 安価な商品からはじまって、最後は豪華賞品。15回くらいやったでしょうか。...
1,728円

追加:


流されない読書---自分らしくあるために、自分らしく生きるために
流されない読書---自分らしくあるために、自分らしく生きるために
岩田温著◆現代は情報が過剰ともいうべき時代です。マスメディアだけでなく、SNSを通じて、膨大な情報が我々の手に届きます。 こうした情報を活用するのは結構ですが、多くの人が情報に踊らされているようにも思えてなりません。 容易に流されることなく、自分自身で一つひとつの情報を吟味していくためには、 読書によって培われた「思想的軸」が重要となってきます。...
1,512円

追加:


読書のすすめ--- 全国の青少年と学生に贈る 木偶の坊になるな!
読書のすすめ--- 全国の青少年と学生に贈る 木偶の坊になるな!
河合栄治郎研究会著◆この本を読んでいたら、 下記のようなことが書かれていて 大きくうなずいた。少し長いけど、 大切だと思うのでじっくりと読んで 頂きたい。...
1,620円

追加:


阿頼耶識の発見---心の奥の秘密、よくわかる唯識入門
阿頼耶識の発見---心の奥の秘密、よくわかる唯識入門
横山紘一著◆それしても、「阿頼耶(アラヤ)識」の力ってすごいものがあります。 アラヤ識シリーズの【得する人】、【人蕩し術】を読んでみて、 それを実生活に落とし込んだときの驚きを隠せません。 読まれて実践された方も、ぼくと同じ驚きを得たのではないかと 思います。 いままで、「阿頼耶識」の本をいくつか読んできましたが、 仏教用語が多すぎて、下知識がないと中々読みこめない本が...
821円

追加:


【絶対読書】仕事にしばられない生き方---いい波が来たら、乗ってみ
【絶対読書】仕事にしばられない生き方---いい波が来たら、乗ってみ
ヤマザキマリ著◆読んでいてビシビシ魂に響く本に 出会いました。 悪いことはいわない。 付箋つけまくりだが、一部ちょっとだけ ご紹介しましょう。 「いい家に暮らしたい。美味しいものが食べたい。「いい暮らしをしたいなら、やっぱり周りから固めていかないと」、そう考える人もいるでしょう。...
950円

追加:


【魂の脱植民地化】合理的な神秘主義--- 人間の自由の根源を探る
【魂の脱植民地化】合理的な神秘主義--- 人間の自由の根源を探る
安冨 歩著◆最近、心の病に苦しんでいる方、またはそうではなくても、 人間関係にしばられ良い子を演ずることに疲れちゃっている方を よく見かけます。下をむいて暗くなっているうつ。今度はあまりにも 上を向き過ぎている躁。どちらも何か見えないモノにしばられ、 魂が存在しないかのように見える。その何かとはなんだろう? よーく考えてみると、人間が「生きる」というのは、...
2,700円

追加:


【魂の脱植民地化】他力の思想---仏陀から植木等まで
【魂の脱植民地化】他力の思想---仏陀から植木等まで
山本伸裕著◆國分功一郎氏推薦 ≪生きることに「東洋」も「西洋」もない。仏教を知るために、生きることの立脚点を思考するために、私は山本伸裕氏の『他力の思想』を強く推薦する≫ ● 龍樹、親鸞、清沢満之 らの他力思想を読みなおし、自力にこだわる現代人の精神の呪縛を解く。 ● 著者自身が生きるためにうなづいたユニークな仏教思想史。 ●...
2,376円

追加:


【魂の脱植民地化】江戸っ子の意地---薩長への反骨精神
【魂の脱植民地化】江戸っ子の意地---薩長への反骨精神
安藤優一郎著◆一夜にして、歴史の敗者となった幕臣たち。 しかし彼らは、「明治の東京」を逞しく生き抜いた! 俺たちは「薩長の使い捨て」じゃない!...
756円

追加:




人情横丁