【岡根芳樹さんおすすめ!裏本】 :
読書のすすめ    カートを見る      

【岡根芳樹さんおすすめ!裏本】


最新刊『セールスの絶対教科書』の著者岡根芳樹さんは強力なビジネスパーソン、または強力な営業力をお持ちです。そんな彼はいわゆる「ビジネス本」はいっさい読んでいないとのことです。優秀なビジネスパーソンになりたいのなら、そういう本を読むより岡根芳樹さんが、『セールスの絶対教科書』の中で「この本を読め!」と選りすぐって教えていただいたのがこのカテゴリーでご紹介する本たちです。そろそろノウハウから卒業して、真の5%の人を目指しましょう!こちらの本は、特に『セールスの絶対教科書』を読んだ後に読むと、効果倍増奈な狄祐嵶廊瓩鮠紊欧襪箸辰討きのおすすめばかりを集めました。


商品画像 品名- 価格

池田学画集1---人間には無限な力がある!
池田学画集1---人間には無限な力がある!
池田学著◆この画集、是非手元に置いてください。 すべてペン一本で書かれた画集です。 実は、この画集は【スタンド・バイ・ユー】の著者、 岡根芳樹さんがいつもカバンの中に携帯しているそうで 彼から見せてもらったのがこの画集を知るきっかけになりました。 岡根さんはこの画をみることで、 魂に火をつけるのだそうです。確かに、見ると言葉では 到底表現できないほどのインパクトをみるものに...
4,104円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「俄―浪華遊侠伝 上・下巻」
岡根芳樹さんおすすめ!「俄―浪華遊侠伝 上・下巻」
司馬...
1,695円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「夏目漱石 文鳥・夢十夜」
岡根芳樹さんおすすめ!「夏目漱石 文鳥・夢十夜」
夏目漱石著◆「夏目漱石の『夢十夜』という短編小説が面白い。「こんな夢を見た」で始まる十篇の物語で、とても素敵なファンタジーなのだ。第一話で心をつかまれ、第六話でノックアウトされた。凡人の私には、『坊ちゃん』を読んでも『こころ』を読んでも、その凄さがピンと来なかったが、『夢十夜』で漱石の文豪としての偉大さを感じさせられた。」―『セールスの絶対教科書』より...
464円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「遠き落日 上下巻セット!」
岡根芳樹さんおすすめ!「遠き落日 上下巻セット!」
渡辺淳一著◆「「真実は小説よりも奇なり」と言うが、本当にフィクションを超えた仰天の真実のドラマがあった! 渡辺淳一の『遠き落日』。誰もが知っていると思っている、野口英世の物語なのだが、伝記に書かれている英世像は全くの虚構で、実際の英世は、ろくでなしのひとでなし。しかし愛さずにはいられない常軌を逸したとんでもない男だっ!!」―『セールスの絶対教科書』より...
1,880円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「ホテル・ニューハンプシャー上・下巻」
岡根芳樹さんおすすめ!「ホテル・ニューハンプシャー上・下巻」
ジョン・アーヴィング 中野圭二著◆「次々と一家に悲惨なことが起こるのに、なぜか悲壮感がない不思議な小説、ジョン・アービングの『ホテル・ニューハンプシャー』。悲しみという染みを受け入れたとき、それは浄化され、おかしみという素敵な染みへ変化するのだと感じた。この世界観がわかる人には『ガープの世界』もぜひ読んでくれ。」『セールスの絶対教科書』より―「小川:『ホテル・ニューハンプシャー』と『ガープの世界』...
1,533円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「ガープの世界 上下巻」
岡根芳樹さんおすすめ!「ガープの世界 上下巻」
ジョン・アーヴィング 筒井正明著◆「次々と一家に悲惨なことが起こるのに、なぜか悲壮感がない不思議な小説、ジョン・アービングの『ホテル・ニューハンプシャー』。悲しみという染みを受け入れたとき、それは浄化され、おかしみという素敵な染...
1,576円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「破獄」
岡根芳樹さんおすすめ!「破獄」
吉村昭著◆「逃げるという芸術。どんな強固な牢獄に入れられても、必ず脱獄を果たす男と、どこまでも彼を追い続ける刑事の奇妙な絆を描いた実話の物語がある。吉村昭の傑作『破獄』」『セールスの絶対教科書』より―「岡根:『破獄』という小説は、とにかく脱獄の天才の物語なんです。未だに、北海道の網走刑務所には、その人の銅像が立っています。絶対に脱出不可能の、個別の独房を何度も脱獄するんです。名だたる日本中の色んな...
724円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「漂流 改版」
岡根芳樹さんおすすめ!「漂流 改版」
吉村昭著◆「岡根:『漂流』は、江戸時代の話なんですけど、小笠原諸島のどこか小さい名も無き無人島なんですけど船が難破して、そこに船員達が何人か辿り着くんですけど、病気とか飢えに耐え切れなくて、次々と死んでいって、最後にたった一人生き残ってその島に十数年間生き延びるわけなんですよ。 唯一食べ物っていうものが、アホウドリなんです。...
810円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「高熱隧道」
岡根芳樹さんおすすめ!「高熱隧道」
吉村昭著◆「岡根:『高熱隧道』という小説が、黒部ダムを作った男たちの物語。プロジェクトX!みたいなね。もうプロジェクトXで、これをやったかどうか知りませんけど、プロジェクトXのはるか昔にプロジェクトXを越える『高熱隧道』という小説です。あの黒部ダムはとんでもないんですよ。どんな掘削の機械を使っても、絶対に砕けない岩盤にぶち当たるわけです。でね、確か...
562円

追加:


岡根芳樹さんおすすめ!「遠藤周作 沈黙」
岡根芳樹さんおすすめ!「遠藤周作 沈黙」
遠藤周作著◆「どんなに問いかけても神は沈黙のままだった。遠藤周作がたどり着いた「神の沈黙」の答えとは!?信仰とはいったい何なのか? 隠れキリシタンが抱える矛盾と苦悩を描いた『沈黙』は、覚悟を持って読むべし。」『セールスの絶対教科書』より―神様って、いないんじゃない? という疑問を、ここまで考えぬいた人達がいる。島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロ...
594円

追加:




読書普及協会