絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名- 価格

【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
越智直正著★まあ、ほんますごい本が出版されたもんやで! こんな秘伝とも言える本、なかなか出会えないもんでっせ! この本、読んじゃったら、 もう他のビジネス書のたぐいは読まんでも ええんじゃないやろか! まずは前書き読んでみてくれまへんか! ”本書タイトルの「男一匹、負けたらあかん」というのは、 大阪の靴下問屋に丁稚奉公に出た15歳のときから、 私を奮い立たせてくれる言葉です。...
10,584円

追加:


【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
西嶋和夫著 時代が乱れると人々の心も乱れます。歴史上、こういう時代には必ずといっていいほど、心が弱くなった人たちを惑わしてお金儲けをするやからが登場します。いまの時代も心が不安に脅かされている人がたくさんいます。そのためか、いんちきスピリチュアルが平気な顔して登場しています。気をつけなければならないのですが、心が弱っているとついつい何かにたよりたくなりフラフラとあやしいところに足を踏み入れてしまう...
10,584円

追加:


ふしぎの河---二河白道の譬喩
ふしぎの河---二河白道の譬喩
『求道心が起こってくると、人は孤独になり、周りはみな敵となり、「群賊悪獣」との闘いが始まります。それは、求道心の発起によって、初めてわが身に立ち返ったということです。 気づかぬままに孤独であり、群賊悪獣の餌食になっていたことに、今更ながら気づいたということです。』 以上、【ふしぎな河---二河白道の譬喩】より。 西川正澄著 「二河白道」とは浄土教で有名な例え話です。...
2,200円

追加:


幸せについて---ニセの幸せとホントの幸せ
幸せについて---ニセの幸せとホントの幸せ
谷川俊太郎著◆『俺、いま幸せなんだよね。 歳とってカラダが重くなって、朝っぱらから昼寝をしたい気分だけど、 ココロはなんか余分なものがなくなって、軽くなってる。軽いのは軽薄とは違うよ。 快活っていうのが近いかな、青空みたいなココロ、でも少しは雲もある。』 本文より。 現代は作為に満ちた幸せ感について誰も疑わない。 「幸せ」というものさし(価値観)を私たち一人ひとりが変えなければ、...
1,100円

追加:


まがったキュウリ―鈴木俊隆の生涯と禅の教え
まがったキュウリ―鈴木俊隆の生涯と禅の教え
ディヴィッド・チャドウィック 浅岡定義 藤田一照著◆1960年代のアメリカに坐禅をもたらし、スティーブ・ジョブズをはじめカウンター・カルチャー以降の世代に大きな影響を与え、世界を代表する精神的指導者となった鈴木俊隆の、生い立ちから渡米、アメリカでの活躍と弟子となった若者たちとの生活、広まりゆく禅の様子、そして遷化までを時系的に綴った唯一の評伝。 著者のDavid...
4,950円

追加:


奴隷の哲学者エピクテトス人生の授業---この生きづらい世の中で「よ
奴隷の哲学者エピクテトス人生の授業---この生きづらい世の中で「よ
荻野弘之 かおり&ゆか著◆「人生は心一つの置き所」 中村天風の言葉ですが、ほんとその通りだと 近頃はとても実感しております。 すべての事象は、ココロという目には見えない 「無」から、事象である「有」を生み出します。 この事実はとても大切なことなので、 四六時中365日ココロを監視していなければなりません。 現代は、江戸時代に比べると、その情報量は とんでもなく増えています。ゆえに人間の...
1,540円

追加:


運気を磨く〜心を浄化する三つの技法
運気を磨く〜心を浄化する三つの技法
田坂広志著◆当店大人気!田坂広志氏、待望の最新刊のテーマは「運気」。清水店長が、読みながら、「これは、逆のものさし講でやってきたことを、分かりやすく説明している」と大絶賛!著者の田坂氏自身の科学研究者としての立場から、この「運気」というものの科学的根拠が存在するならば、それを明らかにしたいと考えており、本書においては、そうした視点からの「科学的仮説」についても紹介しています。...
902円

追加:


禅に問う---一人でも悠々と生きる道
禅に問う---一人でも悠々と生きる道
形山睡峰著◆以前ご紹介して、大好評だった【禅と‥学の間】の著者が 書かれた、これまためちゃくちゃNWBな本に出会いました。 この本に下記のようなことが 書かれていました。 『白隠禅師にある武士が、 「坊主は、極楽とか地獄とか言って、見たこともない世界のことをいかにもあるように法螺を吹くが、いったいどんな証拠があって言うのか」 と訊いた。 禅師が、...
1,980円

追加:


ダニヤ経---ブッダが説くゆるがないしあわせ
ダニヤ経---ブッダが説くゆるがないしあわせ
文・吉水秀樹 絵・畠中光亭◆『ダニヤ経』という仏教の教典があるそうです。 もっとも古い教典の中にあるお話ですが、内容が一見簡単すぎると 判断され、今まであまり注目されず、この度、はじめての邦訳として 本になりました。 どんな教典なのか?本文から一部ご紹介しましょう。 『...
1,944円

追加:


柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし
柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし
丸山茂樹著◆軍靴の足音が高くこだましはじめた昭和の初期。兵器を撫で回している男どもがいる一方で、静かにモノをながめ、家族を愛し、人にも自分にも苦しみを与えない生活を善しとして生きる一群の男たちがいました。日本民芸運動の推進者たちです。その中心にいたのが柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司という三人です。日本民芸運動は、アジア・太平洋戦争を挟んだ約50年間、多くの日本人をまきこんだ大ムーブメントになりました...
1,944円

追加:




読書普及協会