絶対読書 魂の脱植民地化 :
読書のすすめ    カートを見る      

絶対読書 魂の脱植民地化


先日、下記の本を読んでいたら突然神の啓示があったんです。(笑) 【親鸞がヤクザ事務所に乗り込んで「悪人正機」を説いたら】 この本が実に面白い!がっはっは!!って感じなんです。 あの親鸞が現代日本に突然現れて、「悪人正機」を説くという設定です。 通りすがりの人に「この辺りに、悪人はいませんか?」と聞くと、 近くにヤクザの事務所があると聞いて、親鸞、ゆうゆうと平気な顔して事務所に 乗り込んでしまいます。 そこでばったりと会うのが、ヤクザの親分さん。 そこから二人の会話が始まるのです。 二人の共通点がいろいろ見えてきます。それは、いつも本気で命がけ、いつも今この瞬間に生きる。 そして、一番の共通点は「体当たり精神」です。 だんだん会話が進んでくると、ともに通じ合ってきてしまうのです。面白そうでしょ♪ この本を読み終えて、少し引っかかるモノがぼく自身に芽生えてきました。それは・・・ いつも「たて糸の読書」と「よこ糸の読書」と分けて、「たて糸の読書を読もう!」と 叫んできましたが、それはどうもまだ浅いのではないか?という問いです。 よく考えてみれば、これも二つに分けて思考する二元論でした。 そして、先日から「義と仁の書シリーズ」の本を読んでいて、問いにたいしての答えが 降って来たのです。(実際はそんなおおげさなモノではありませんけど(笑)) 本当の真理とは、ワルや悪の中にこそ、こっそりと潜んでいるのではないだろうか? 陰と陽を超えた世界は、善人の中には分かりやすいがゆえに真が見つかり難く、 悪の中には、堅く真が根付いているのではないだろうか?どうでしょう? 親鸞も悪というレッテルを貼られ、島流しにあっています。西郷隆盛もそうでした。 ソクラテスもキリストも悪の名のもとに死んでしまっています。吉田松陰も橋本左内もそうでしたね。 これに気付くと、陰と陽、善と悪、上と下などの二元論の向こう側を知ることが、 私たちにいま一番必要なことだと考えられます。 そして、そういった類の本のことを、ぼくは、親鸞の「絶対他力」、中村天風の「絶対積極」にちなんで、 【絶対読書】と名付けました!!! これからもそういった本がオススメできるように精進してまいります。 みなさま、よろしくご贔屓をお願いいたします。


商品画像 品名- 価格

【2020年3月成幸読書選定本】「人類の目覚め」へのガイドブック
【2020年3月成幸読書選定本】「人類の目覚め」へのガイドブック
天外伺朗著【清水店長大絶賛で今こそ必要な1冊!ということで、2020年3月の成幸読書に決定!】◆『はじめて聞いた方は少し戸惑うかもしれませんが、人類社会はいま、あるひとつの大きな波に直面しています。それは、人によっては、希望にあふれた「人類の目覚め」に見えます。 この大きな波というのは、具体的には人類全体が意識の変容の、極めて大きなステップを上がることを意味しています。...
1,925円

追加:


【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
【祝復活】男一匹、負けたらあかん---これから繁盛する人、必読の書
越智直正著★まあ、ほんますごい本が出版されたもんやで! こんな秘伝とも言える本、なかなか出会えないもんでっせ! この本、読んじゃったら、 もう他のビジネス書のたぐいは読まんでも ええんじゃないやろか! まずは前書き読んでみてくれまへんか! ”本書タイトルの「男一匹、負けたらあかん」というのは、 大阪の靴下問屋に丁稚奉公に出た15歳のときから、 私を奮い立たせてくれる言葉です。...
10,584円

追加:


【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
【祝復活】幸福な生き方実践の書--幸福に生きるための”力強い知恵”
西嶋和夫著 時代が乱れると人々の心も乱れます。歴史上、こういう時代には必ずといっていいほど、心が弱くなった人たちを惑わしてお金儲けをするやからが登場します。いまの時代も心が不安に脅かされている人がたくさんいます。そのためか、いんちきスピリチュアルが平気な顔して登場しています。気をつけなければならないのですが、心が弱っているとついつい何かにたよりたくなりフラフラとあやしいところに足を踏み入れてしまう...
10,584円

追加:


トップアスリート、カリスマ経営者たちから学ぶ 一流たちの潜在意識2
トップアスリート、カリスマ経営者たちから学ぶ 一流たちの潜在意識2
原田智也著◆古今東西の著名人や有名作品から学ぶ潜在意識徹底活用法 人は皆、幸せになるために生きています。幸せの基準は人さまざまですが、簡単に言えば「なりたい自分になる」 と言うことではないでしょうか。 その実現へのカギは潜在意識の活用法にあります。 人の意識は、顕在意識と潜在意識の2つに分かれています。...
1,760円

追加:


「私」は脳ではない---21世紀のための精神の哲学
「私」は脳ではない---21世紀のための精神の哲学
マルクス・ガブリエル 姫田多佳子著◆AIなんか恐れなくていい、―人間は自由なんだ。今、世界で最も注目を浴びる哲学者マルクス・ガブリエル。大ヒット作『なぜ世界は存在しないのか』の続編にして、一般向け哲学書「三部作」の第2巻をなす注目の書が日本語で登場です。...
2,310円

追加:


【プレゼントに最適!】名著ミヒャエル・エンデ モモ 愛蔵版
【プレゼントに最適!】名著ミヒャエル・エンデ モモ 愛蔵版
ミヒャエル・エンデ 大島かおり著◆時間どろぼうを追って、不思議な少女モモといっしょに時間の国へ。「時間」の真の意味を問う、ドイツの作家ミヒャエル・エンデの代表作「モモ」。洒落た蔵本でおくる、大人気ファンタジーの愛蔵版。「時間」の真の意味を問う,ドイツの作家ミヒャエル・エンデ(1929−95)の人気ファンタジー『モモ』.しゃれた造本で,やや大人向きの美しいスペシャル・エディションをお届けします....
3,080円

追加:


名著ミヒャエル・エンデ モモ
名著ミヒャエル・エンデ モモ
副題「時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子のふしぎな物語」ミヒャエル・エンデ 大島かおり著◆時間におわれ、おちつきを失って人間本来の生き方を忘れてしまった現代の人々。このように人間たちから時間を奪っているのは、実は時間泥棒の一味のしわざなのだ。ふしぎな少女モモは、時間をとりもどしに「時間の国」へゆく。そこには「時間の花」が輝くように花ひらいていた。時間の真の意味を問う異色...
1,870円

追加:


サルトル 水いらず 改版
サルトル 水いらず 改版
ジャン・ポール・サルトル 伊吹武彦著◆性の問題をはなはだ不気味な粘液的なものとして描いて、実存主義文学の出発点に位する表題作、スペイン内乱を舞台に実存哲学のいわゆる限界状況を捉えた『壁』、実存を真正面から眺めようとしない人々の悲喜劇をテーマにした『部屋』、犯罪による人間的条件の拒否を扱った『エロストラート』、無限の可能性を秘めて生れた人間の宿命を描いた『一指導者の幼年時代』を収録。...
737円

追加:


ヴィトゲンシュタイン 哲学探究---ざらざらした地面に戻ろう!
ヴィトゲンシュタイン 哲学探究---ざらざらした地面に戻ろう!
ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン 丘沢静也著◆「私たちは歩きたい。そのためには摩擦が必要だ。ざらざらした地面に戻ろう!」―自らの哲学を、日常言語の働きの理解に向かって大きく転換させたヴィトゲンシュタインの主著『哲学探究』が、清新な訳文によって格段に近づきやすいものとなった。遺稿にさかのぼって新たなテクスト整備がほどこされた新校訂のエディションにもとづく待望の新訳。自らの哲学を、日常言語の働きの理...
3,850円

追加:


ヴィトゲンシュタイン 論理哲学論考 底知れぬ魅力と「危険」
ヴィトゲンシュタイン 論理哲学論考 底知れぬ魅力と「危険」
ルードヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン 藤本隆志 坂井秀寿著◆哲学の問題すべてを一挙に解決するという、哲学史上最高度に野心的な試み『論理哲学論考』。刊行後、この書が世界の諸学や文化に与えた影響は極めて大きい。「およそ語られうることは明晰に語られうる。そして、論じえないことについては、人は沈黙せねばならない」―本書は、ウィトゲンシュタイン(1889‐1951)が生前刊行した唯一の哲学書である。体系的に番...
3,300円

追加:




読書普及協会