精神的復古 :
読書のすすめ    カートを見る      

精神的復古


昭和30年代までの日本人は 「武士道」の精神が残っていたと言われています。 そういえば、そのくらい年代の おとうちゃんおかあちゃんって、どこか「肚」が 座っていたように記憶しています。 そこでみなさまにぜひオススメしたいのが、 こちらのこちらの本。 その時代の人達の間でたくさん読まれ、 いまでは「名作」と言われてしまっていますが、 当時の人達は普通にこういう本と出会って いたのではないでしょうか。 当時の日本人が何を読んで、 何を考え、行動していたのか?! そんなことを考えながら読んで見ると、 また違った味わいのある本になると思います。 デカ文字文庫というシリーズの本なのですが、 すべてふりがなもついて一般的な本より 文字が大きいので、 子供から大人までとっても気楽に読める形に なっています。 今に生きる私たちに最も必要だと思われるのは、 「精神的復古」だと考えております。 そんな思いで読んでいただくことをおススメいたしますよ!


商品画像 品名- 価格

【本物名著!】玄奘三蔵訳 唯識三十頌要講〜増補改訂版!
【本物名著!】玄奘三蔵訳 唯識三十頌要講〜増補改訂版!
太田久紀著◆今、売り切れ続出の無能唱元氏の23年ぶりに復活の名著『得する人』や、逆のものさし講にて清水店長が解説している「唯識」について、本格的に学びたい方へのとっておきのおすすめが、こちらの『唯識三十頌要講』です。→「唯識学の当代一の碩学である太田久紀先生によれば、玄奘三蔵がインドでの修行の旅の末に持ち帰られた仏教理解の牾某喚瓩裡浦が『唯識三十頌要講』であると。自己の心の真相への内省的体験を伴...
4,104円

追加:


【本物名著!】新版 学生に与う&格言の花束2冊セット!
【本物名著!】新版 学生に与う&格言の花束2冊セット!
【◎一般書店には売ってません。8月23日頃どちらも50冊入荷予定!※注文してから印刷製本のオンデマンド本なので、初回の50冊が売り切れてしまうと、再入荷までに2週間程お時間をいただきます。予めご了承ください。】◆8月におすすめ!知る人ぞ知る本物中の本物名著『新版...
6,480円

追加:


【本物名著!】格言の花束〜オンデマンド版
【本物名著!】格言の花束〜オンデマンド版
堀秀彦編【◎一般書店には売ってません。8月23日頃50冊入荷予定!※注文してから印刷製本のオンデマンド本なので、初回の50冊が売り切れてしまうと、再入荷までに2週間程お時間をいただきます。予めご了承ください。】◆この本の編者の堀秀彦氏は、数多くの人生論、幸福論、女性論を書いて人気があった日本の評論家で、こちらの『格言の花束』は、1958年年に初版が発売されてから、約40年間で、なんと!65回の増刷...
2,484円

追加:


【本物名著!】新版 学生に与う〜オンデマンド版
【本物名著!】新版 学生に与う〜オンデマンド版
河合栄次郎著【◎一般書店には売ってません。8月23日頃50冊入荷予定!※注文してから印刷製本のオンデマンド本なので、初回の50冊が売り切れてしまうと、再入荷までに2週間程お時間をいただきます。予めご了承ください。】☆執行草舟氏の『生くる』を初めて読んだ時の衝撃が再来!1940年に書かれた本で、戦前戦中当時の学生の必読書である上に、教師や大人も「人生の書」として読み込んだという、著者が生命(いのち)...
3,996円

追加:


【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー
【義と仁の書】国定忠治 関八州の大親分---反骨に徹したアウトロー
平井晩村 著◆男ごころに男が惚れる「関東一の大親分」「男のなかの男」と称された、ご存じ国定忠治の一代記を鮮やかに描いた決定版。明治の時代小説家である平井晩村が描く歴史物の代表作を、平明な現代語でわかり易くしてあります。...
2,484円

追加:


【義と仁の書】清水次郎長 海道一の大親分---義侠心とは?
【義と仁の書】清水次郎長 海道一の大親分---義侠心とは?
一筆庵可候著◆幕末維新のアウトロー。痛快時代劇の世界! 血で血を洗う死闘を生き抜いた海道一の大親分。武闘派侠客の実像。山岡鉄舟、新門辰五郎との出会い。時代の風を読む。大政、森の石松・・・。 これを読まなきゃ本当の義侠心はわからない!読んで血肉踊れ!!!「もくじ」1.幼いころから餓鬼大将 2.任侠の道に入る 3.清水港をあとにする 4.無頼に生きる 5.次郎長の妻おちょうの病死...
2,484円

追加:


【義と仁の書】幡随院長兵衛---強きをくじき、弱きをたすく義理人情
【義と仁の書】幡随院長兵衛---強きをくじき、弱きをたすく義理人情
平井晩村 著◆侠客のはじまりと言われる幡随院長兵衛。腕も立ち、義に厚く、度胸は天下一品。「人は一代、名は末代」を重んじ、その生き様は「江戸の華」!一人でワルの親分水野邸に乗り込み、見事な最後をとげる。...
2,268円

追加:


【義と仁の書】鼠小僧次郎吉---義賊とは弱気を助く者
【義と仁の書】鼠小僧次郎吉---義賊とは弱気を助く者
芥川龍之介/菊池寛/鈴木金次郎 著◆盗むだけなら、単なる盗賊(ルビ:ぬすっと)。警固の厳しい大名・武家屋敷に忍び込み、命がけで盗んだ金銭を、貧しい人々におしげもなくそっと渡す。これが義賊鼠小僧次郎吉の真骨頂! 鼠小僧は江戸後期の文化文政期に活躍。盗んだ金は総額三〇〇〇両以上。三六歳で捕まり、千住の小塚原で処刑され、死後に講談・歌舞伎で大人気を博す。...
2,484円

追加:


【義と仁の書】侠客の世界(江戸から昭和まで)名を末代残す心意気
【義と仁の書】侠客の世界(江戸から昭和まで)名を末代残す心意気
村松梢風...
2,916円

追加:


【義と仁の書】女侠客 小町のお染---最高!度胸と女っぷり!
【義と仁の書】女侠客 小町のお染---最高!度胸と女っぷり!
玉田玉秀斎著◆「女侠客 小町のお染」は、ヒロインお染が屈強な男達を手玉にとって大活躍する活劇である。主人公小町のお染は実在した人物ではなく講談師玉田玉秀斎による物語。明治42年(1904)の原本刊行当時は初版再版忽ち売切れという人気だった。侠客は江戸時代の封建社会の衰退とともに生まれた。本書に描かれる小町のお染は、侠客の研究の第一人者・白柳秀湖の分類によれば、侠客の最後の類型〈博徒/義賊〉にあては...
2,700円

追加:




読書普及協会