精神的復古 :
読書のすすめ    カートを見る      

精神的復古


昭和30年代までの日本人は 「武士道」の精神が残っていたと言われています。 そういえば、そのくらい年代の おとうちゃんおかあちゃんって、どこか「肚」が 座っていたように記憶しています。 そこでみなさまにぜひオススメしたいのが、 こちらのこちらの本。 その時代の人達の間でたくさん読まれ、 いまでは「名作」と言われてしまっていますが、 当時の人達は普通にこういう本と出会って いたのではないでしょうか。 当時の日本人が何を読んで、 何を考え、行動していたのか?! そんなことを考えながら読んで見ると、 また違った味わいのある本になると思います。 デカ文字文庫というシリーズの本なのですが、 すべてふりがなもついて一般的な本より 文字が大きいので、 子供から大人までとっても気楽に読める形に なっています。 今に生きる私たちに最も必要だと思われるのは、 「精神的復古」だと考えております。 そんな思いで読んでいただくことをおススメいたしますよ!


商品画像 品名- 価格

ハーバードの人生が変わる東洋哲学
ハーバードの人生が変わる東洋哲学
マイケル・ピュエット&クリスティーン・グロス=ロー著、熊谷淳子訳◆現在、おすすめしている、『論語』や『老子』、『孟子』など、東洋哲学のハーバードでの講義録なのですが、予想に反して、非常に面白い一冊でした。よく言われる「『論語』読みの『論語』知らず」にならないように、東洋哲学をどう人生に牾茲す瓩里?そのヒントが満載の名著本でした!→「この講義が終わるまでに、きみの人生は必ず変わる」そんな約束から...
756円

追加:


いのちの窓〜昭和23年の幻の名著復刻版!
いのちの窓〜昭和23年の幻の名著復刻版!
河井寛次郎著◆日本の民芸運動の草分けの一人、陶磁・書画・木彫など多彩で精力的、しかも他の追随を許さぬ優れた作品宇宙を築いた河井寛次郎氏。その作品と同じように個性的な河井の言葉や文章を集めた書。 わずか、64ページの本ながら、その言葉は全て「本質」に迫る詩のような言葉とその解説、「前篇 火の願ひ」「後篇...
1,836円

追加:


柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし
柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし
丸山茂樹著◆当店大人気!執行草舟氏の『悲願へ』の中で、キーワードになっていた「清貧」という言葉。「清貧」の生き方の一番のヒントになるであろう「民藝」思想の入門書が、こちらの『柳宗悦・河井寛次郎・濱田庄司の民芸なくらし』です。「民芸」という考え方は、美術品だけではなく、仕事や人生そのものにも繋がる「本質」が隠されていますよ!→「昭和の男たちを魅惑した民芸運動。真摯な生き方って、格好悪いですか──軍靴...
1,944円

追加:


民藝とは何か
民藝とは何か
柳宗悦著◆当店大人気!執行草舟氏の『悲願へ』の中で、キーワードになっていた「清貧」という言葉。「清貧」の生き方の一番のヒントになるであろう「民藝」思想の入門書が、こちらの柳宗悦著『民藝とは何か』です。→民家、民具、民画、民器……日常生活の中にある「下手(げて)の美」の発見!「民藝」とは、民衆が日常に使う工藝品である。民家、民具、民画を総称して「民藝」と呼ぶ。「民藝品たること」と「美しく作りたること...
842円

追加:


妙好人千代尼
妙好人千代尼
西山剛史著◆当店でも以前おすすめしていた「妙好人(みょうこうにん)」のイチ押しの名著がお久しぶりに入荷しました!→「石川県の松任(白山市)が輩出した、日本を代表する女流俳人・加賀の千代女。「朝顔やつるべとられてもらい水」「蜻蛉つり今日はどこに行ったやら」「月も見て 我はこの世を...
1,296円

追加:


心訳『鳥の空音』〜元禄の女性思想家、飯塚染子、禅に挑む
心訳『鳥の空音』〜元禄の女性思想家、飯塚染子、禅に挑む
島内景二著◆清水店長が毎日手が離せず読み込んだ最新のおすすめ本!同じく、「無門関」のおすすめの『超訳...
3,456円

追加:


宮本武蔵〜幻の講談本が100年ぶりに復活!
宮本武蔵〜幻の講談本が100年ぶりに復活!
野花散人著◆100年前に出版されていた「立川文庫」という講談本が奇跡の復活!漢字には全部ふりがなが付いているので、読みやすい上に、史実に基づきながら、面白おかしく書かれていて、清水店長も思わず一気読みでした。明治末から大正期にかけて、小中学生や若い商店員等に爆発的に人気を博し、200点ほど刊行された講談本シリーズ立川文庫の第9編。仇・佐々木岸柳を追って諸国を行脚。途中の相手は、名だたる武芸者、山賊...
1,944円

追加:


武士道は蘇るか〜高次元的伝統回帰への道
武士道は蘇るか〜高次元的伝統回帰への道
向田順一著◆清水店長大絶賛!政治も経済も全く出口の見えない袋小路の様相を呈す今日、いったい日本はどこへ向かい、日本人のアイデンティティはどこに帰結するのか。この先行き「不透明な」時代を迎える中でいま、かつて日本人の魂でもあった精神としての「武士道」を紐解くと共に、近代から現代に生きた武士道精神を継承した十四人の生きざまを浮き彫りにした、知る人ぞ知る名著!...
1,234円

追加:


稽古の思想---そこに秘められた「智恵」を学ぶ 成功から成就へ
稽古の思想---そこに秘められた「智恵」を学ぶ 成功から成就へ
西平直著◆コンビニが営業時間や店舗数の変更を言い出した。 ぼくに言わせりゃ遅過ぎる! 2011年東日本大震災の時に、あの原発事故の時に、 今までの方向から逆のものさし(価値観)を 大事にしていなければダメだったのだ。 ちなみに読書のすすめはあの時、営業時間を 縮小させた。今では「一見さんお断り」まで縮小させてしまっている。(笑) 真理はこれから加速をつけて益々逆の価値観に ふれてゆく。...
2,160円

追加:


神秘哲学〜井筒俊彦氏のもう一つの代表作!
神秘哲学〜井筒俊彦氏のもう一つの代表作!
井筒俊彦著【※こちらの本は、井筒俊彦氏の代表作ですが、いきなり読むと難解なので、よろしければ、この本を読む前に、若松英輔氏の『井筒俊彦―叡智の哲学』か、同じ井筒俊彦著の『意味の深みへ』を先に読まれることをおすすめします。】◆『悲しみの秘義』などの著者、若松英輔さん大絶賛の上、『生くる』の中で、執行草舟氏も参考文献にされている、哲学者の井筒俊彦氏のもう一つの代表作が、こちらの『神秘哲学』です。→「東...
1,620円

追加:




読書普及協会