読書のすすめ    カートを見る      

読書のすすめ 清水克衛の日々是好日

耳寄り情報

 1  2  3  4  5 ...  [次へ >>] 

なんと!こちらのお知らせに先行して、フェイスブックの
「読書のすすめ」ページでご紹介させていただいたところ、
50冊の在庫があっという間に、2冊になってしまいました。
早速、すごい人気です。
現在、2冊の在庫がありますが、売り切れてしまっても、
すぐに出版社から追加分を手配の上、再入荷の予定ですが、
追加で50冊があるかどうか分かりません。
気になる方は、この機会をお見逃しなく!

【本物名著!『神道の理論』ご注文はこちら】

いつもお世話になっている日本文化に精通されている方で、
『カタカムナへの道』(現在は品切)という隠れた名著も
教えていただいた方に、またも神道の「本物名著」を
教えていただきました!

こちらの『神道の理論』は、真の日本の源を説かれていて、
読めば、現代においても
この本こそが本物の神道の名著だと分かるはず!
と熱くご紹介いただいたので、早速読んだところ、
前書きや序文から著者の魂がストレートに伝わってきて、
その凄さに、すぐに出版社に電話して50冊入荷しました!

それもそのはず、この本は、以下の復刊の辞にあるように、
終戦直後、世の識者に訴えんと牴郢爐魍亳腓靴騰執筆
された神道界の歴史的名著の復刊本で、神道の観方・
神道の根源・神道の顕現という3部構成になっています。

「本書は、終戦直後、占領軍による神道指令を含む戒厳下、
世の識者に訴えんと、南方戦線より引き上げるや、
餓死を覚悟で執筆したものである。ー中略ー
昭和28年4月「強化資料叢書 第二輯」として発刊され、
全国神社の奉仕者たちに頒布され、また、再興の皇學館大学
の神道講座のテキストとされた。ー中略ー
昭和45年ごろには、メイド・イン・ジャパンの製品の機能の
良さがヨーロッパの市民たちにも広く認められだした。
やがて、アメリカ合衆国は、世界一の債権国から債務国へ、
そして、日本がそれに代わった。
この高度技術、つまり、科学をも駆使する勘・骨・肚の
底力はどこからくるのか。
この経済大国への伝統の根源へ向け、海外からの眼差しにも
種々強いものがある。本書の復刊への出版界からの要請も、
十年前から目立った。この度、懇ろな「たちばな出版」の
申出でを有り難く容れることになった。」平成七年著者しるす

「生きとし生けるものは、夫々あるべき面目をもち、
さらに在りとしあるものは、各々あるべやうにあらしめられる。
其処に、そのものをそのものたらしむる産霊(むすび)に、
神御働きは、瞬時もやまず、何処にも且つ限りなく示される。」
神道の根源より

「凡そ、生きとしいき、さらに、在りとしあるものも、すべては、
神より生まれ、神とはたらき、神にかえる。
すなわち、神ながら(惟神・随神・神随・神在随・随在天神)
であると謂われる。神ながらとは、元来「神そのまま」又は、
「神それなりに」等の義とされる。その神は、産霊(むすび)
の霊魂(みたま)なれば、則ち、万のものが、夫々あるべきよう
にあらしめられることである。従って、夫々最も自然である
ことになる。斯くて、我らは人として、人の人たることが、
神ながらである。換言すれば、人にとって人道か則ち狄斉鮫
であるべきである。
」 神道の顕現より

旧仮名遣いの本ですが、難しい漢字には振り仮名が書いてあるので、
心ある方には是非お読みいただきたいタテ糸名著になります。

まさに、神道版の『生きた仏教』のような1冊!

奇跡的に、出版社に在庫が残っていた名著で、
本の状態もほんの少しだけ傷がある本もありますが、
神道を学びたい方、タテ糸の読書を実践中の皆様必読の書です!

※一般書店に売ってません!
【本物名著!『神道の理論』ご注文はこちらから】



飯島貫実著
【生きた仏教】

こちらが大変な反響で何度も出版社さんの方で
増刷をお願いしてきました。すでに読んだ方からも、
多くの感謝の言葉をいただいちゃって嬉しい限りです。

ここの出版社さんには怖そうな親父さんがおります。
はじめの頃は、増刷をお願いしても、ブスッとして
何かの怪しい団体なんじゃないかと疑いの目でにらまれました。
ところが、最近はどこかで清水店長が【生きた仏教】を紹介した
ラジオ番組を聴いたらしく、「あの放送良かったねー」と
ニコニコ顔で話してくれるようになりました。近頃では会うたびに、
「あの番組は再放送しないのかね?」と言い出してます。(笑)

そんなご機嫌の親父さんに先日お会いしたら、
「同じ著者の『仏教ヨーガ入門』も増刷しようか?どうする?」
と言ってくれるようになりましたっ。。。。。(涙)



【仏教ヨーガ入門】飯島貫実著

そこでご予約開始いたします!

6月下旬か7月には増刷が出来上がると思います。
そこで、大阪高槻市の方で、ヨガ教室をしている
和三田翠さんに推薦文をいただきました。
彼女、周りの反対を押し切って、本場インドまで
一人で行っちゃって修行を修めてこられた強者です。
教室も大人気でひっぱりだこのようです。


【タカツキヨガ】 代表 和三田翠

『【仏教ヨーガ入門】は、清水店長におすすめしていただいた
ことがきっかけで読み始めました。
「身と心とは本来一者にして、いついかなる場合でも離るべからず。
もしこれを忘れて身と心を隔てたるときは、すでに道にあらず」
という身心道を、体と心の両面から書き記されています。
例えば、ヨーガで大切にされている呼吸法、また食事の方法。
そしてヨーガといえば、ポーズを思い浮かべる方もいらっしゃる
と思いますが、そのような実践しやすい体を整える方法が
分かりやすく紹介されています。
また、仕事のこと、家族のこと、そして自分自身の悩みに
直面した時に、取り入れたい教えが満載!
周りに思いやりを持ちながら、日常を軽やかに、
そして力強く生きていくヒントが詰まっています。
私自身は、普段何気なくしていた言動を見直すきっかけにもなり、
この本に出会えてよかったと感じています。
これからも人生の様々な場面に寄り添い、読み返す度に
大切なことを考えさせてくれる本だと思います。』

いま私たちは、大きな変化を求められています。
しかし、「不易流行」という言葉があるように、
しっかり掴んでおきたい「芯」が存在しています。
これまで変化させちゃいけない。そう歴史は教えてくれています。
1973年に発売されたこちらの本、離しちゃいけないとっておきの
智恵が満載です・

ふるってご予約ください!!!


【仏教ヨーガ入門】ご予約はこちらから!


【生きた仏教&仏教ヨーガ入門2冊セット】




【こころを洗います---道歌に学ぶ先人の杖ことば88】
渋谷隆阿著


日本文化の一つに『道歌』というものがあります。
ご存知でしょうか?
日本独特の文化である『和歌』のリズムにのせて、
教訓となる言葉を歌ったものが『道歌』です。
これらは、学者や偉い人が歌ったものではなく、
庶民が実経験から出来上がった知恵なのです。

「手や足や 汚れは常に 洗えども
こころの垢を 洗う人なし」

なんか今の時代にぴったりでしょ。
本書はちょうど10年前、2010年に出版された
のですが、この本に載っている『道歌』は
まったく古くなっていません。本物の証ですね。

本文から一部ご紹介しましょう。


『江戸時代から戦前にかけては、「亀の甲より年の功」といって、年配者の智慧が重んぜられていたものです。経験に勝る智慧はありません。だれしも人生という道を歩くのは初めてです。迷って当然です。そんな時、人生の達人である年配者が子どもや若い衆に、その場に応じて社会のルールを教えたものです。

「銭湯に入る時は、先ず掛け湯を浴びて汗を流し、足と前をよく洗ってから湯船に入るもんだ。ホラッ、手拭いは湯に浸けちゃならねえ。人さまに迷惑をかけちゃならんということさ。自分一人で生きていると思ったら大間違いだ。おかげさまのこころで毎日暮らさにゃならん。分かったかい」

江戸時代はいま見直されています。身分制度にしばられた、暗く住みにくい時代というイメージとは逆に、一人一人がつつしみを持って譲り合い、助け合って暮らしていたのです。暮らしぶりは今より確かに質素だったかもしれませんが、人との付き合いという点では実に明るく幸せな時代だったと言って良いでしょう。そうした中で、子どもや若い衆は、人への思いやりや身の処し方、そして努力の大切さとか堪忍の徳、さらには親子兄弟の情愛などを学んだのです。

そんなとき年配者は、古くから伝わる「ことわざ」「格言」を的確にはさみ、分かり易く話しました。同時に、「和歌」という日本独自の表現方法に乗せ、教訓を歌い込むことが盛んに行われてきました。これを、「人の歩むべき道を説いた歌」ということで、一般に【道歌】と呼んでいます。語呂の良い文句は覚え易くてすぐ頭に入ります。』



いま時代は良かれ悪しかれ、大きく変化しようと
している真っ最中です。
こういう時ってとかく「専門家」とか「評論家」とか
「オレは頭がいいのだ!」と顔に書いてある人とか
の話をよく聞きます。しかし、そんな垢の他人の
話をまともに聞くのではなく、自分の今の目の前の
出来事や、身近な人たちの表情を観察したりして、
私たちの未来を決めていくほうがいいんじゃないかと
思っています。まさに経験に勝る智慧なし!ですね。
頭だけで考えたことなんかはろくでもないことの
ほうが多いように思いますよ。

古くからしっかりと伝え残っている先人の智慧は、
今こそ私たちの強い味方となってくれるでしょう。

姉妹本に

【こころを温めます---見失ったニッポンの心意気】
渋谷隆阿著

こちらの本は、著者がみずからいろいろな人と
出会ったエピソードから自身で創作された
「道歌集」です。
著者は真言宗のお坊さまですが、
「節談説教」といって、難しい話をまるで
講談師が話すように説教をされる珍しいお坊さま
なのです。だから分かり易くて面白いお話ばっかり
なのです。

そんな「節談説教」ならではのもう一冊超面白い
本があります。
渋谷隆阿著

【この人の生き方に学ぶ---情熱とは何かを教えてくれる八名の人生】


ここに登場する八名とは、
良寛上人・鑑真和上・鉄眼禅師・摺石宥然・山本玄峰・池田勇人・大石順教・弘法大師。

変化が激しいとき、頭で考えて動くようじゃ
遅すぎるし、たいした智慧は浮かばないものです。
それよりなにより重要なのは、損得を超えた
「情熱」であると、この本の登場人物に
触れられたおかげで確信がもてました。

頭で考えているうちは、どうしたって「損得」が
先に立ってしまいます。そんなのはおかまいなしに
何がしらを成し遂げたのがここに登場する八名なのです。
著者のリズムのいい書きっぶりが見事で、
まるで講談を聴いているような感じで面白いのです。

この本から確実にあなたは、
「パッション」を貰ってしまいます。そのパワーで
もって、新しい時代をつきねけましょうぜ!

人間の体内にウィルスが入ると、体はそれを排除するために発熱する。
これと同じように、新型ココロウィルスに
感染したならば、ココロを発熱させなければならない。

そう情熱だ!熱い熱い熱い熱いパッションだ!

【経験に勝る智慧はない!---節談説教士澁谷隆阿3冊セット】



【中村天風氏最新の講義録!】力の結晶



【生きた仏教】入荷しました!!!

さあ!まだ読まれていない方!
人生のパラダイムシフトを起こさせるチャンスが
いま、このコロナ騒ぎによって起こっている
のです。この波に乗っていくためにも、
この本は大いに役だってくれます。
少なくともぼくは、
「この本、読んでいて良かった」
と実感しています。

もし今、グチャグチャモヤモヤメソメソして
いるのだとしたら、仏教思想を得て、さっさと
次元を変えてしまいましょう。
時代の変化の今爐海臭疉要な、仏教の知恵のエッセンスが
実践的に学べる、

本物中の本物名著『生きた仏教』のご注文はこちらから!

※こちらの『生きた仏教』は、読書のすすめで爐靴
ご購入いただけません。
そして、もしかすると・・・、
この増刷が最後の増刷になるかもしれません。

さらに、先行き不安なこの時期に、少しの時間でも立ち止まって、
狄瓦糧調整瓩鬚靴討い燭世ために、店頭在庫で本当に最後
になってしまう、清水店長直筆の狄瓦ちょっと明るくなる言葉
が書かれた『大向上札』を、現品限りの特別価格で、
なんと半額!の1,000円+税にて販売!

残り20冊程になっていますので、気になる方はお早めに、
そして、プレゼントにもおすすめなので、すでにお持ちの方も、
この最後の猗廠朖瓩離船礇鵐垢眄非お見逃しなく!

狄瓦糧調整瓩忘播!&プレゼントにも◎
現品限りで、なんと半額!
福の神がやってくる!『大向上札』のご注文はこちらから!

今度の水曜日午後7時半から、ドクスメ店内で
恒例の落語会を開きます。自粛をちょいと自粛です。
お申し込みは不要です。甘いマスク持参して
お越し下さい。
噺家の師匠方も、この自粛さわぎのために、
ほとんどの落語会が中止になっているそうです。

政治家の先生方は、平気で三密で会議なんか
しちゃってるのにおかしなことです。
ドクスメでは、アルコール消毒や換気などして、
2メートル間隔でお席を用意してお待ちしてます。

笑いは免疫力を上げてくれるそうですから、
クスリなんか飲むより、クスリと笑ったほうが
コロナ騒ぎに効果あるかもよー



当店大人気!白駒妃登美さんの4年前2016年に発売された名著
『歴史が教えてくれる日本人の生き方』は、長い間絶版の状態
だったのですが、特別に、白駒妃登美さんの事務所様より
お送りいただき、冊数限定で復活しました!
まだお読みでない方や、プレゼントにもおすすめの1冊です。
よろしければ、この機会に是非↓

祝復活!
『歴史が教えてくれる日本人の生き方』のご注文はこちらから!

令和2年7月1日よりスタート!
いつもお世話になっている白駒妃登美さん主催のスペシャル企画
「和ごころ大学ZOOMゼミ」に、清水店長が講師の一人として
出演することが決定しました!

講師の方々は、読書のすすめでも大人気の喜多川泰さん、
中村信仁さん、執行草舟社長、水谷もりひとさんなどなど、
豪華25名の講師の方々の講義をオンラインでしっかり学べます♪

講座開始後は、毎週19時〜21時の時間帯でライブでの配信!
配信の後も、インターネット上で録画の動画をご覧いただけるので、
ご自宅で好きな時間に受講が可能です。

ご興味ある方は・・・↓
詳細&お申込は、こちらの「お申込専用ページ」から!

※お問い合わせ先は、主宰の白駒妃登美さんの事務所になりますので、
読書のすすめではなく、白駒妃登美さんの事務所までお願いします。



『生くる』や『魂の燃焼へ』など著者、執行草舟氏の思想の
根本は「武士道」であることは有名で、タテ糸の読書を実践中
の皆様も「武士道」の名著を読まれている方も沢山いらっしゃい
ますが、そんな「武士道」の名著を集めた全集としての位置づけの
『武士道全書』全13巻セットを、偶然見つけました。
「武士道」の名著の読書を志す方は、「いつかは犖曲賢瓩
挑戦したい」という方もいらっしゃると思います。
そこで、おすすめしたいのがこちらの『武士道全書』です。

※基本的に旧漢字の原文瓩能颪れた、著者の波動を真っ直ぐに
感じられる猖槓瓩良雹瞭餐棺犬任后
本気瓩派雹瞭擦量消と体当たりで
向き合いたいという熱い志をお持ちの方のみ瓩潅輅犬ださい。
決して簡単な本ではありませんので、予めご了承ください。
こちらの『武士道全書』は、新刊の本ではありますが、
出版社に長く眠っていたため、冊数限定!現品限りの掘り出し物
として、通常の書籍の定価より狷段未豊瓩覆鵑函かなりお得な
41,800円引きにてご購入いただけます。
※定価は、全12巻+別巻の13冊セットで、107,800円(税込)
在庫がなくなり次第、取扱終了になりますので、
気になる方はお早めに!

【注意】出版社に眠っていた掘り出し物の証拠なので、本の状態
は多少、表紙に痛みや汚れがあるものもありますが、中身等は
基本的に新品の本とほとんど変わりません。

【ご予約のみ受付】
4セット現品限りのなんと41,800円引き!
武士道の本物名著『武士道全書』12巻+別巻セットのご予約はこちらから!

「古来より、武士道はさまざまに定義されてきた。
「武士道は大儀に殉ずる男の道」だとも言われ、
「悪を憎み恥を知る心」だとも表現されている。
しかし、一番分かりやすいのは、「武士道とは私利私欲を去って
正義を貫く精神」だ、という山鹿素行の教義であろう。
この武士道精神こそ、混迷する現代社会の日本国民に与うべき規範
なのである。吉田松陰は、
「武士道は単なる武士階級の専有物ではなくして、天下万民の
守るべき人倫道徳である」と、その精神の流れを汲み説いている。
裃を脱いでゆかたがけになった武士道こそ、まさに今日に生きる
「人の道」であり、社会を支える日常の道徳と称すべきものであろう。
現代社会が非道の地獄絵に堕しているのは、偏に正義と恥を忘れ、
武士道精神を滅却した罰だと自省しなければならない。
こうした混濁の社会の流れの中に、本書が復刻刊行されたことは、
まさに暗夜に灯を得た思いであり、日本人に対する頂門の一針
だと思います。
日本国民が、この名著の中に秘められた嘉言名訓を心に体し、
混迷動乱の世直しの運動の推進力にしていただくならば、この
大全集の狄喚瓩金字塔のように高く聳え、日本人の国を思う誠
と努力が、富士のご来光のように美しく輝くでありましょう。」
まえがきより

【『武士道全書』主な収録内容】
・第1巻 勅諭/戦陣訓/渋柿/義貞記/今川壁書解(伊勢貞丈)
/樵談治要、
文明一統記(一条兼良)/宗五大艸紙(伊勢貞頼)/信玄家法/
山本勘助晴幸兵法大星目録
・第2巻 軍書題説(林羅山)/兵法家伝書(柳生宗矩)
/不動智神妙録(沢庵宗彭)/士鑑用法(北条氏長)/文武問答
(中江藤樹)/武訓(貝原益軒)
/武道初心集
・第3巻 修身受用抄、武教小学、士道、讁居随筆(山鹿素行)
/三重伝(山鹿高基)
・第4巻 五輪書(宮本武蔵)/倭忠経(南部立庵)/集義和書
(熊沢蕃山)/兵要録、駿台雑話、楠正成下諸士教(室鳩巣)
/武士訓(伊沢蟠龍)/武家須知(蟹養齋)
・第5巻 武事提要(山鹿高恒)/武備小学(伊奈貞昭)/
日本国風(度合常彰)/学則、海国兵談(林子平)/武学啓蒙
(力丸東山)/匡正論(本多忠籌)/士道心得書
・第6巻 武教本論(山鹿素行)/葉隠(山本常朝)/止戈弁論
(佐久間健)/士道要論
・第7巻 告志篇(徳川齋昭)/弘道館記述義(藤田東湖)
/松下村塾記(吉田松陰)
・第8巻 武将感状記(熊沢正興)/三河物語(大久保忠教)
/利家夜話(村井長明)/細川幽齋覚書(細川藤孝)武道心得種
(村井昌弘)
・第9巻 常山紀談、雨夜燈(湯浅常山)/大君言行録/山鹿誌
/大東婦女貞烈記
・第10巻 西山遺事附録/良将達徳鈔(古賀紫溟)/切腹口決
/自刃録(工藤行廣)
・第11巻 武士道精神歌集/明倫歌集(徳川齋昭)/殉難前草、
後草(城兼文)/山桜集
・第12巻 武士道史(佐伯有義)/武士道研究書目(佐伯有義)
・別巻 美言残滴(山鹿高補)/枢密要論之抄、諸士心得
(有沢至貞)/日本伝治乱要決(高山健貞)/君則(近藤篤)
/兵家茶話/南亭余韻/加藤清正七箇條 他



 1  2  3  4  5 ...  [次へ >>] 
読書普及協会