ご利用規約 :
読書のすすめ    カートを見る      

ご利用規約


有限会社やわら(以下「当社」といいます)が、運営するインターネットを利用した情報提供及び物品販売サービス、オンライン書店読書のすすめ(以下「読書のすすめ」)の利用規約を下記のとおりさだめます。利用者が「読書のすすめ」を利用した場合、その利用者は利用規約に同意したものと見なさせていただきます。

第1章 総 則
第1条(本規約の範囲)
当社が読書のすすめ上で随時利用者に対して発表する諸規定および各サービスの利用上の決まりは、本規約の一部を構成するものとし、利用者はこれを承諾します。
第2条(本規約の変更)
当社は、利用者の承諾を得ることなく本規約を随時変更することができるものとし、利用者はこれを承諾します。
第3条(当社からの通知)
1. 前条の場合の他に当社が必要と判断した場合、当社は、利用者に対し随時必要な事項を通知します。
2. 前項の通知は、読書のすすめ上に表示した時点で全ての利用者に通知したものとみなします。
第4条(サービスの提供時間について)
読書のすすめのサービス提供時間は、原則として1日24時間としますが、第23条で挙げる事由によりサービスを一時中断する場合があります。
第2章 (注文および登録情報)
第5条(注文について)
1. 商品の注文は、利用者が読書のすすめ上より必要事項を入力する方法で行います。これら入力された情報を基に利用者へ注文確認の電子メールをお送りします。利用者がこれを受信した時点で注文は完了するものと見なします。ただし、この注文により当社が商品の調達を保証するものではありません。
2. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合、当該登録を承認しない場合があります。
 (1) 注文希望者が過去に本利用規約違反をしたことなどにより登録抹消などの処分を受けている場合
 (2) 注文希望者の申請内容に虚偽の事項が含まれている場合
 (3) その他登録申請を承認することが不適当であると当社が判断する場合
4. 前項の規定に関らず、読書のすすめ利用に関して不正行為または不適当な行為があった場合、当社は売買契約を取消もしくは解除、その他適切な措置を取ることができるものとします。
第6条(発注の限度)
読書のすすめに基づく商品の1発注手続あたりの購入限度額および1銘柄あたりの購入限度数については、読書のすすめ内に表示した限度以内とします。
第7条(お支払いについて)
1. 商品等のお支払い金額は、商品購入代金、取扱手数料(配送費等)および消費税の合計となります。
2. 読書のすすめによって購入された商品等のお支払いに関しては、当社が別途認めるお支払方法によるものとします。
3. 振替等の後払いの決済方法においては当社規定の支払期限内に速やかに支払うものとします。故意または過失により注文者の支払いが著しく遅滞した場合は、当社が被った損害の賠償を請求できるものとします。
4. 消費税は小数点以下を切り上げで計上しています。そのため、書籍本体に記載の税込価格が小数点以下切捨て計算の場合は表示が異なることがあります。
第8条(出荷前のキャンセル)
1. 注文者は商品出荷前であれば当社所定の方法で届出をすることにより当該注文を取り消すことができます。ただし、当社出荷システムにおいて出荷の停止が不可能であった場合を除きます。
2. 以下の場合は当社より注文者への通知無く注文キャンセルとする場合があります。
 (1) 注文をした者が実在しない場合
 (2) 注文をした時点で規約違反等により利用者資格の停止処分中である又は過去に規約違反等で読書のすすめより登録抹消処分を受けたことがある場合
 (3) 注文の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記、又は記入漏れがあった場合
 (4) 注文者が当社所定の手続き通りに注文処理を行わなかった場合
 (5) その他、当社が利用者とすることを不適当と判断した場合
第9条(読書のすすめ上の金額について)
読書のすすめに表示される価格を含む書誌情報は、常に正確な状態に保つよう最大限の努力を払いますが、稀に誤りがある場合があります。その際、現行の正しい書名や価格で出荷を行いますが、この出荷手続に際して不都合が生じた場合は、当社負担により当該商品の返品を受け付けるものとします。
第10条(商品出荷後の返品、交換 および返金)
1. 利用者は、当社より出荷した商品が注文の内容と異なっている場合や乱丁、落丁、汚損があった場合、その他当社の責による場合は、利用者の商品受け取り後10日以内であれば当社負担による返品および交換を請求することができます。ただし、利用者の都合による当社出荷後の返品および交換はできないものとします。
2. 利用者から商品を返品いただいてから返金完了するまで決済方法によっては時間がかかる場合があります。また、返金にかかわる当社の債務については無利息とします。
第11条(利用者の個人情報)
読書のすすめ を利用する上で必要となる、利用者の住所、氏名、電話番号、電子メールアドレス、読書のすすめの利用状況、等は、当社のデータベースに個人情報として登録されます。また、次のいずれかに該当する場合を除き、第三者に決して開示しないものとします。
 (1) 利用者の同意が得られた場合
 (2) 法令等により開示が求められた場合
第12条(IDおよびパスワードの管理 )
1. 利用者は、利用者自身で設定したユーザーIDおよびパスワードの管理責任を負うものとします。
2. 利用者は、ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡、貸与、開示してはならないものとします。
3. 利用者は、ユーザーIDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用などに起因する損害につき自ら責任を負うものとします。
4. 利用者は、ユーザーIDおよびパスワードが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、直ちに当社に連絡するものとします。
第13条(変更の届け出)
1. 利用者は、住所、氏名、電話番号、電子メールアドレスその他当社への届出内容に変更があった場合には、速やかに当社に所定の方法で変更の届出をするものとします。
2. 前項の届出がなかったことで利用者が不利益を被ったとしても、当社は、一切その責任を負いません。
第14条(利用停止処分等)
1. 利用者が、以下の何れかの項目に該当する場合、当社は当該利用者に事前に何ら通知又は催告することなく、利用停止処分とし、又はIDの使用を一時停止又は利用者の登録を抹消することができるものとします。
 (1) 登録時に虚偽の申告をした場合
 (2) 入力されている情報の改ざんを行った場合
 (3) ID又はパスワードを不正に使用した場合
 (4) 読書のすすめ の運営を妨害した場合
 (5) 本規約の何れかに違反した場合
 (6) 当社の名誉を著しく毀損した場合
 (7) その他、当社が利用者として不適当と判断した場合
2. 利用者が前項各号の何れかに該当することで当社が損害を被った場合、当社は、読書のすすめの利用停止又は当該IDの使用一時停止の有無に拘わらず、利用者に対し被った損害の賠償を請求できるものとします。
第15条(禁止事項)
1. 利用者は、 読書のすすめ上で以下の行為をしないものとします。
 (1) 他の利用者、第三者又は当社の著作権、その他知的所有権を侵害する行為
 (2) 他の利用者、第三者又は当社の財産、プライバシー等を侵害する行為
 (3) 他の利用者、第三者又は当社を誹謗中傷する行為
 (4) 選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為
 (5) 有害なコンピュータプログラム等を送信又は書き込む行為
 (6) 第三者に不利益を与えると当社が判断する行為
 (7) 読書のすすめを利用した営利を目的とした行為(ブリーダープログラムを除く)
 (8) 公序良俗に反する行為
 (9) 犯罪的行為に結びつく行為
 (10) その他、法令に反する行為
2. 利用者が本条に違反して当社に損害を与えた場合、当社は、当該利用者に対して被った損害の賠償を請求できるものとします。
第16条 (登録情報抹消)
利用者は登録情報の抹消を希望する場合、所定の方法にて当社に届け出るものとします。ただし、登録を抹消すると読書のすすめが提供するサービスをご利用いただけなくなることがあります。
第3章 使用条件等
第17条(私的利用の範囲外の利用禁止)
1. 利用者は、当社が承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、当社を通じ当該第三者の承認を取得することを含みます)を除き読書のすすめを通じて入手したいかなる情報をも複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用することができません。
2. 利用者は、前項に反する行為を第三者にさせることはできません。
第18条 (著作権)
1. 利用者は、読書のすすめを通じて提供されるいかなる情報も、権利者の許諾を得ないで、著作権法で認められる個人の私的複製等著作権の制限規定範囲外での使用をすることはできません。
2. 本条の規定に違反して問題が生じた場合、利用者は自己の責任と費用においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑または損害を与えないものとします。
第19条(営業活動の禁止)
利用者は、当社が承認した場合を除き、読書のすすめを使用して営業活動、営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用をすることができません。
第20条(読書のすすめの内容について)
当社は、利用者への事前の通知または承諾を要せず、読書のすすめの内容、提供条件もしくは運用方法の全部または一部について、変更、追加または中止することができ、利用者はこれを承諾するものとします。
第21条(書評等の利用について)
1. 読書のすすめに公開された書評の著作権は投稿した本人(以下、評者)に帰属します。読書のすすめに掲載された書評を評者が他所で使用することは自由です。また、投稿された後での書評の修正や削除も評者の権利に含まれます。
2. 読書のすすめに投稿された書評は、同時に読書のすすめのデータベースに登録され、評者への事前の通知、承認または対価の支払いを要せず当社が非独占的利用権及び編集権を得ます。
3. 非独占的利用権の範囲には、当社がデータベースに登録された書評を自社及び提携する外部メディア(ホームページ・メールマガジン・書籍・新聞・雑誌・広告など)に複写、移転等を行なうことが含まれます。
4. 編集権の範囲には、書評のテキスト等に合理的な範囲の編集(文意を損ねない範囲での字数調整や誤字脱字の修正、加筆、見出しの追加など)を施すことが含まれます。
第22条(書評等の削除)
利用者が、書評等に投稿した文章の内容が第15条に違反し、若しくはそのおそれがあると当社が判断し、あるいはその他の理由で不適当と当社が判断する場合、当社は当該利用者に事前に通知することなく当該文章等を削除し、それに伴って付与された読書のすすめポイントを剥奪することがあります。利用者は、当社に対して、これらに関する異議を述べることができないものとします。
第23条(サービスの一時的な中断)
1. 当社は、次の各号が起こった場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に読書のすすめを中断することがあります。なお、当社は利用者のために最大限の努力を払いますが、これらの事由により読書のすすめの提供の遅延又は中断等が発生したとしても、これに起因する利用者又は他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。
 (1) 読書のすすめ のシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合
 (2) 火災、停電等により 読書のすすめ の提供ができなくなった場合
 (3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により 読書のすすめ の提供ができなくなった場合
 (4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により 読書のすすめ の提供ができなくなった場合
 (5) その他、運用上或は技術上当社が 読書のすすめ の一時的な中断が必要と判断した場合
第24条(サービスの停止)
1. 当社は、営業上、技術上の理由等により1か月の予告期間を以って利用者に通知の上、読書のすすめの全サービスの提供を中止することができます。なお、予告期間終了時点で全ての利用者が了承したものとみなします。
2. 当社は、 読書のすすめ提供の中止の際、前項の手続を経ることで、中止に伴う利用者又は第三者からの損害賠償の請求を免れるものとします。
第25条 (その他)
1. 当社と利用者との連絡方法は、原則として電子メールまたは電話によるものとします。
2. 読書のすすめ利用に関して、本規約または当社の指導により解決できない問題が生じた場合には、当社と利用者との間で双方誠意をもって話し合い、これを解決するものとします。
附則
この規約は、2005年11月1日から適用されます。
有限会社やわら
〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1-403-4
代表責任者:清水克衛

戻る
読書普及協会